りんたろうのきときと日記

『きときと』=富山弁で「生き生きとした」「若々しい」「新鮮な」「混じりけのない」・・・そんなBlog

DVD「SVZ ストリッパーVS.ゾンビ」観ました♪

2009年04月30日 00時39分13秒 | 映画(DVD)
☆「SVZ ストリッパーVS.ゾンビ」
(原題:ZOMBIES! ZOMBIES! ZOMBIES!)
監督:ジェイソン・マシュー・マーフィ
出演:ジェシカ・バートン、ホリー・ウィナード、リアナ・トゥマネン、アンソニー・ヘデン、ショーン・ハリマン、ティファニー・シェピス、ジェイ・ラガアイア

とある田舎町。
製薬会社研究所でスチュアート博士はガン細胞を死滅させ新たな細胞を作り出す新薬の開発に成功。

それをドラッグと勘違いした男ルーカスが盗んで町で販売。

しかしその薬には恐ろしい副作用があり服用した者は次々とゾンビ化、人々を襲い始める。

ゾンビに襲われたストリッパーのダラス、パンドラ、新入りのハーレーたちストリッパーは、犬猿の仲である娼婦たちはと共にストリップクラブに立て篭もり決死の攻防を繰り広げる。


「PLAYBOY」や「Maxim」などの超巨乳&美乳美女が出演する、超低級おバカセクシー・ゾンビホラー。
ゾンビにストリッパーというと、去年公開されたゾンビ映画の怪作「ゾンビ・ストリッパーズ」を思い出しますが、製作されたのはこちらの方が先(2007年製作)。

しかし、その出来の悪さに本国アメリカでは劇場未公開、勿論日本でもDVDスルー。

おっぱい要員の巨乳美女が多数出演しているわりには、おっぱい度、エロ度、グロ度、面白さも「ゾンビ・ストリッパーズ」には遠く及ばず。

脳みそゼロのおバカな出演者たちに、まるで自主制作のようなメイクのゾンビが織り成す、ゆる~いストーリーは、グダグダで怖さも緊張感もまるでなし(´Д`)

で、驚くべきはゾンビを退治する方法。
新薬の副作用により生まれたゾンビに、スチュアート博士は治療薬を開発。
治療薬と言っても、注射するとゾンビは爆死するのですが(^-^;
博士は絶命時に、これを新人ストリッパーのハーレーの兄クリスに託すのですが、クリスはゾンビに襲われ、誤って全部自分に注射。
かくしてここに“歩く治療薬”が完成することに。
勘の良い方は、もうお気づきかと思うのですが、クリスは自らの肉体をゾンビに食わせ、次々と爆死させるという荒業に(笑)

いや~、見事なバカ映画(^-^;
世間はGW真っ只中、ホント、普通の方には、時間の無駄以外なにものでもない作品ですが、僕のようなヒマなおバカ映画好きには退屈しのぎになるかと(笑)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 舞台:SPACE U プロデュー... | トップ | 羊山公園芝桜の丘 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シネマも~ (シネマ大好き娘)
2009-04-30 06:17:16
ゾンビ大好き~~
でも、これこっちにこないよん~~
あ~ (シネマ大好き娘)
2009-04-30 06:18:30
DVDかあ~~
Unknown (マリー)
2009-05-01 20:24:56
こういうの好き~♪
面白そう~。
Unknown (りんたろう)
2009-05-04 00:39:59
☆[シネマ大好き娘さん]
この作品よりも、「ゾンビ・ストリッパーズ」オススメです。
もうホント、下らないおバカな作品で(笑)


☆[マリー]
超低予算バカ映画。
内容全くないよ~(笑)←駄洒落じゃないよ(>_<)(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(DVD)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。