りんたろうのきときと日記

『きときと』=富山弁で「生き生きとした」「若々しい」「新鮮な」「混じりけのない」・・・そんなBlog

「つぐない」観てきました♪

2008年04月17日 21時43分42秒 | 映画
☆「つぐない」
監督:ジョー・ライト
出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレンダ・ブレシン、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、パトリック・ケネディ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュノ・テンプル


イアン・マキューアンのベストセラー「贖罪」の映画化。
第80回アカデミー賞では作品賞を始めとする7部門にノミネートされ、作曲賞を受賞。
その他、ゴールデングローブ賞 (作品賞 (ドラマ部門)、作曲賞(ダリオ・マリアネッリ))。
英国アカデミー賞(作品賞、美術賞)。
ロンドン映画批評家協会賞 (英国主演男優賞(ジェームズ・マカヴォイ)、英国助演女優賞(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)。
英国エンパイア映画賞(英国作品賞)、男優賞(ジェームズ・マカヴォイ)、女優賞(キーラ・ナイトレイ)などの数々の賞を受賞。

幼き妹の過ちにより、愛するロビーと引き裂かれることとなるセシーリアを演じるのはキーラ・ナイトレイ。

前半、緑のドレスに身を包まれた姿はセクシーで美しい(^-^)

セシーリアと引き裂かれ、刑務所へと送られ、その後兵士として戦場へ赴くこととなるロビーには「ペネロピ」、「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」のタムナスさん役のジェームズ・マカヴォイ。

恋心から嫉妬と憎悪に変わり、取り返しの付かない過ちを犯してしまう妹・ブライオニーの少女時代を演じるのは13才の新鋭シアーシャ・ローナン。
この物語の主人公ブライオニーを見事に演じ、その素晴らしさはキーラ・ナイトレイや他の出演者を喰ってしまう勢い。

この作品、予告を観た時から公開が楽しみでした(^-^)
重厚な物語と出演者のリアルな演技にひきつけられ、123分という時間もあっという間。
決して救われることのない悲しい物語。
引き裂かれる恋人たちの悲しさがひしひしと伝わってきます。

何千人もの兵士が引き上げ船を待つ海岸をロービーが歩く、ワンショット5分半におよぶ長まわし「ダンケルクの撤退」シーンは圧巻。

ラストは良い意味で予想を裏切られました(^-^)
果たしてそれがブライオニーにとって本当に「つぐない(贖罪)」になったのでしょうか?
ロビーとセシーリアは救われたのだろうか?
あまりの悲しい結末に涙が止まりませんでした。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「スパイダーウィックの謎」試写... | トップ | りんたろうのダイエット日記(そ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (今日子)
2008-04-17 22:37:05
週末観て来ます~(≧▽≦)
つぐない~ (シネマ大好き娘)
2008-04-18 05:28:08
といえば、テレサテン~

こっちにきません~~みたいよぉ~
はじめまして (zooey)
2008-04-18 14:37:09
この映画、よかったですね!
文芸恋愛ドラマかと思ったのですが、時間軸や視点が変わって、サスペンス調でもあり…色々な意味で、意表をつかれました。
あの長丁場のダンケルクのシーンは、どんな意味があったのでしょう?私にはよく分からなかったのですが…
TBさせて頂きます。
Unknown (マリー)
2008-04-18 23:11:24
キーラ・ナイトレイ好き~♪
これも楽しみ~♪♪♪

Unknown (りんたろう)
2008-04-21 21:33:06
☆[今日子ちゃん]
おっ、楽しんできてね~(^-^)
って、もう週明けたね(^-^;(笑)


☆[シネマ大好き娘さん]
>つぐない~ といえば、テレサテン~

(^-^)(笑)


☆[マリー]
面白かったよ(^-^)
zooeyさん☆ (りんたろう)
2008-04-21 21:51:12
コメントありがとうございます(^-^)

>時間軸や視点が変わって、サスペンス調でもあり…色々な意味で、意表をつかれました。

上手い見せ方でしたね。
最後まで飽きずに観ることができました。

>あの長丁場のダンケルクのシーンは、どんな意味があったのでしょう?

僕はあのシーンはすごいなぁと思いながら観ていました。
派手な銃撃戦や戦闘シーンなどは一切ないにもかかわらず、本隊とはぐれたロビーとその仲間の兵士3人が黙々と海岸を目指す。
その途中、見つけた何十人もの少女の死体。
やっとの思いでたどり着いた海岸には引き上げ船を待つ何千人もの兵士。
祖国に帰れる喜びにわく者、絶望に暮れる者、負傷の痛みから泣き叫ぶ者、神に祈りをささげ賛美歌を歌う者、ささいな事からケンカをする者・・・兵士たちが永遠と続く海岸にひしめき合う中を、朦朧とした意識ロビーが歩いて行く。
もうその時点でロビーは病に侵されていて、半死人状態だったのでしょうね。
ワンカットの長まわしで表現された、あのシーン。
本編全体からいうと、とても短い時間のシーンでしたが、僕にはたったあれだけで戦争の悲惨さが伝わってきました(^-^)
キーラ・ナイトレイ。 (BC)
2008-05-27 00:40:17
りんたろうさん、お久しぶりです。
トラックバックありがとうございます。(*^-^*

キーラ・ナイトレイは原色系の鮮やかな衣装がよく似合いますね。(*^-^*
BCさん☆ (りんたろう)
2008-05-30 02:25:54
キーラ・ナイトレイ綺麗でしたね(^-^)
公開時、新宿のタカシマヤでは、緑のドレスをイメージしたスイーツが販売されていました☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

56 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
少女の嘘がもたらしたもの…「つぐない」 (Zooey's Diary)
中々見応えのある作品でした。 ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。 第65回ゴールデングローブ賞作品賞と第61回英国アカデミー賞作品賞受賞。 第80回アカデミー賞では作品賞を始めとする7部門...
『つぐない』 (Atonement) (Mooovingな日々)
1935年英国。13歳のブライオニー・タリスの家族は富と特権を持ち、大邸宅で暮らしていた。最も暖かい季節に屋敷を動揺させる出来事が起こる。そこで働く家政婦の教養ある息子ロビー・ターナーはブライオニーの美しい姉セシリアに気があった。ロビーに首ったけなブラ...
★「つぐない」 (ひらりん的映画ブログ)
今週公開作は・・・ 「フィクサー」「王妃の紋章」「ブラックサイト」「ヒットマン」など・・・ 見たい作品が目白押しだけど・・・ やはり、キーラ・ナイトレイが出てる本作を初日のレイトショウで。
つぐない (Memoirs_of_dai)
To A Visual Stimulus 【Story】 1935年の英国。広大な邸宅で恵まれた生活を送る13歳のブライオニー(シーアシャ・ローナン)は、ある週末、姉のセ...
つぐない (とりあえず、コメントです)
ベストセラー小説を映画化した作品です。 一つの嘘によって引き裂かれてしまった愛の行方が美しい映像と音楽で綴られていました。 1935年夏。13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)は多感な少女で、小説を書くのが大好き。 今日は帰省してくる兄を歓迎するために戯...
スパイダーウィックの謎 (とりあえず、コメントです)
児童書が原作のファンタジーです。怖~いゴブリンたちがいっぱい出てきました(^_^.) お母さんが運転する車の中で、ジャレッド(フレディ・ハイモア)は不機嫌な顔をしていた。 実は一家はお父さんを残してNYから遠く離れた森の屋敷へと引っ越してきたのだ。 おとなしい...
つぐない (to Heart)
一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 原題 ATONEMENT 原作 イアン・マキューアン『贖罪』 上映時間 123分 製作国 イギリス 監督 ジョー・ライト 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マ...
『つぐない』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「つぐない」□監督 ジョー・ライト □原作 イアン・マキューアン「贖罪(新潮社刊)」 □脚本 クリストファー・ハンプトン □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレン...
Atonement 「つぐない」 (表参道 high&low)
格式高いアカデミー会員が好きそうな英国産の悲恋物語がAtonement(つぐない)。 シーンの導入部分にタイプライターの音がオーバーラップする懐かしい構成と光を上手く使った映像が印象に残る秀作です。イギリス郊外のディナージャケットとシルクと煙草が残るお屋敷で、K...
つぐない/ Atonement (我想一個人映画美的女人blog)
"つぐない"といえば、テレサ・テンですが、、、 って世代がバレるか{/dododo/} こちらの作品、 今年のアカデミー賞作品賞のノミネートに、ゴールデングローブ賞作品賞受賞{/hakushu/} トロント映画祭でも高評だったし、その地味なタイトルとは裏腹に、期待が高まるのは...
『つぐない』 (Sweet*Days**)
監督:ジョー・ライト CAST:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン 他 ゴールデングローブ賞 作品賞、...
★つぐない(2007)★ (CinemaCollection)
ATONEMENT一生をかけて償わなければならない罪があった。命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 上映時間123分製作国イギリス公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2008/04/12ジャンルドラマ/戦争/ロマンス映倫PG-12【解説】英国を代表する作家の一人、イアン・マキュー....
つぐない/Atonement (描きたいアレコレ・やや甘口)
壮大なメロドラマを観ているよう。しかし、ありきたりのメロドラマでなく、最後に作家として名を成した77歳のブライオニー(バネッサ・レッド...
つぐない (映画三昧、活字中毒)
■ テアトルダイヤにて鑑賞つぐない/ATONEMENT 2007年/イギリス/123分 監督: ジョー・ライト 出演: キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカ...
映画 『つぐない』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が...
「 つぐない / Atonement (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【つぐない】2008年4月12日(土)公開 監督 : ジョー・ライ...
「つぐない」 (てんびんthe LIFE)
「つぐない」シャンテシネで鑑賞 子供の何気ない一言が家族の人生を変えてしまった…。 テーマは奥深いそして悲しい。 ところどころに映し出されるイギリスの美しい風景と相対する戦争の悲惨さ。 映像にもストーリーにもどっぷりとはまりました。 キーラ・ナイトレ...
「つぐない」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「つぐない」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ブレンダ・ブレシン、他 *監督:ジョー・ライト 感想・評価・批評 等...
「つぐない」Atonement 感想 4つ★ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
2007年度映画の英国アカデミー賞で、凄く沢山の受賞をしたとのことですが、なるほど・・と思う部分と(アメリカの賞じゃなくて、イギリスのだ...
黒い嘘、白い嘘。『つぐない』 (水曜日のシネマ日記)
嘘をついた少女が罪の重さを背負って生きる物語です。
『つぐない』 (2007) / イギリス (NiceOne!!)
原題:ATONEMENT監督:ジョー・ライト原作:イアン・マキューアン出演:キーラ・ナイトレイ、ジェイムズ・マカヴォイ、シーアシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ブレンダ・ブレッシン鑑賞劇場 : TOHOシネマズららぽーと横浜公式サイトは....
つぐない (★Shaberiba ★)
これは、「償い」といえるのか・・。哀しき運命の恋人達に涙。
必見! 緑色の鼻血ドレス in「つぐない」 (wabi's セレクション)
キーラ・ナイトレイとジェームズ・マカヴォイ主演の「つぐない(Atonement)」、日本でもいよいよ今日から公開っすね! この映画、wabiちんのブログを読んでる良い子のちみ達には何としてでも大画面で観てもらいたい映画なのだ。 と言うのは、映画の中でキーラたんが着...
つぐない (映画を観たよ)
壮大な悲恋は・・・
『つぐない』:少女の大いなる心のミステリ:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
<ネタバレあります、たぶん> この映画におけるつぐない(償い)とは、と考える。と、それは、鎮魂と赦(ゆる)しに他ならない。
『つぐない』 (・*・ etoile ・*・)
'08.04.19 『つぐない』@テアトルタイムズスクエア 「第二次大戦中のイギリス。政府高官の娘ブライオニーは小説を書くのが好きな夢見がちな少女。家政婦の息子ロビーと密かに愛し合う美しい姉セシーリア。ブライオニーは2人の仲を衝撃的な形で知ってしまう。そして彼女...
つぐない (Akira's VOICE)
思い込みの嘘は自分を苦しめる。  
つぐない (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  原作はイギリスの作家イアン・マキューアンの最新作『贖罪 (Atonement)』だという。この原作は未読なので、映画との違いはよく判らないが、かなり練り込まれた奥の深い作品であることは想像できる。 第二次大戦下のイギリス。まだ上流階級と下僧階級
つぐない (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。 政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と想いを通わせ合うようになる。 しかしながら、小説家を目指す多感な妹...
『つぐない』 (めでぃあみっくす)
タイプライターを叩く音を効果的に用いた音楽、13歳の少女の無垢なるゆえに犯した一つの過ちによって引き裂かれた恋人たち、そしてその過ちに生涯苦しみ続ける一人の女性の半生。上映中2時間椅子が軋む雑音さえこの映画に対して失礼だと思えるくらいに美しく、切なく、そ...
【劇場映画】 つぐない (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブラ...
真・映画日記『つぐない』 (          )
JUGEMテーマ:映画 4月14日(月)◆775日目◆ 毎月14日は「TOHOの日」。 東宝系の映画館は1000円で映画が見られる。 となると、シネコンの「TOHOシネマズ」のみで適応だと思っている人が多いだろう。 この「TOHOの日」のサービスは日比谷の「シャンテシネ」でも...
つぐない (SmallTalk)
『つぐない』(2007年/英国原題:Atonement)を観た。イアン・マキューアン著『贖罪』が原作。舞台は1935年の英国田園都市。13歳のブライオニー(シアーシャ・ローナン)は、自作の戯曲で久しぶりに帰郷する兄を迎えようと従姉のローラやその双子の弟たちと練習をしていた...
つぐない (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。イアン・マキューアン原作、ジョー・ライト監督、ジェームズ・マカヴォイ、キーラ・ナイトレイ。「つぐない」をテーマにした映画としては、「君のためなら千回でも」があるけれど、あちらはかなり身勝手な贖罪であったのに対し、こちらは償い自体が叶わぬもの...
つぐない (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。』  コチラの「つぐない」は、ブッカー賞作家イアン・マキューアンの「贖罪」を映画化した4/12公開となったPG-12指定の大河ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪ ...
「つぐない」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Atonement」2007 UK/フランス 小説家を夢見る多感な少女のついた嘘により、運命に翻弄される若き恋人たちの姿を描く感動のヒューマン・ドラマ。 ロビーに「ラスト・キング・オブ・スコットランド/2006」のジェームス・マカヴォイ。 セシーリアに「プライドと偏見/...
映画「つぐない」(2007年、英) (富久亭日乗)
   ★★★★☆  Ian McEwanの小説「Atonement」(2001年、『贖罪』)の映画化。 第二次世界大戦下のヨーロッパを舞台に 運命に翻弄される男女を描いた文芸作品。 原題は「Atonement」。  1930年代のイギリス、裕福なTallis家の長女Cecilia(Keira Knightley...
「つぐない」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2008.5.12 公開中の「つぐない」を鑑賞。 監督:ジョー・ライト 原作:イ...
贖罪の人生~『つぐない』 (真紅のthinkingdays)
 ATONEMENT  1935年の夏。英国上流階級タリス家の令嬢セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、 使用人の息子ロビー(ジェームズ・マカヴ...
つぐない (映画の話でコーヒーブレイク)
アカデミー賞7部門にノミネートされアカデミー作曲賞獲得、 キーラ・ナイトレイ出演作なのに、CMも少なくひっそり公開されているのは何故なのでしょう? 知り合いのYさんに関内の横浜シネマリンのチケットを頂き、 調べてみたら「つぐない」上映中!ということでダッ...
「つぐない」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
名作と名高い原作をよく知らないが故の悲劇。悲恋と戦争は抜群に相性がいい。細切れに場面や時間が不規則に跳ねる編集もおもしろい。妹ブライオニーが動くとき後ろに流れるタイプライターのリズムも効果的である。でも、好みの問題と言うべきなのかもしれないが、引き離さ...
つぐない (2007・イギリス) (白ブタさん)
すっごく見たかった作品(*^_^*) ようやく行ってきました~{%ハート4webry%}
つぐない (シャーロットの涙)
息苦しさと切なさとやるせなさと…
~『つぐない』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:イギリス映画、ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演。 
つぐない (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ”無邪気な悪意”が招いた運命の贖い  
『つぐない』 @シャンテシネ (映画な日々。読書な日々。)
第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証...
つぐない:幼き少女の証言によって、二人の人生は狂う!! (銅版画制作の日々)
 一生をかけて、償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた・・・・・。   5月9日、「ハンティング・パーティ」 鑑賞後、「つぐない」を鑑賞しました。こちらは、女性客が9割くらい占めていました。やはり女性に人気があるようです...
つぐない (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  原作はイギリスの作家イアン・マキューアンの最新作『贖罪 (Atonement)』だという。この原作は未読なので、映画との違いはよく判らないが、かなり練り込まれた奥の深い作品であることは想像できる。 第二次大戦下のイギリス。まだ上流階級と下層階級
渚のバルコニーで待ってる ジョー・ライト 『つぐない』 (SGA屋物語紹介所)
何本か観た今年のアカデミー賞関連で、最も印象に残った作品。最近書籍でも『償い』(
つぐない (Diarydiary!)
《つぐない》 2007年 イギリス映画 - 原題 - ATONEMENT 政府官
つぐない (とんとん亭)
「つぐない」 2008年 英 ★★★★★ 償えるものなら、私も創作した本を書こう。 うっとりするような映像と、カメラ・ワーク。 そして、タイプライターを打つ音が効果的。少女の心情を現したかのようなタイプや音楽 の調べ。 1930年代イングラン...
No.141 つぐない (気ままな映画生活)
”つぐない”というタイトルなので、誰がどんな罪を 犯して贖罪を抗うのだろうか・・・と。 注目していたのだけど、ブライオニーの美しい姉 セシーリア(キーラ・ナイトレイ)と使用人の ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)との情事を目撃して ある嘘をつく事件シーンまで...
つぐない (映画鑑賞★日記・・・)
【ATONEMENT】PG-122008/04/12公開製作国:イギリス監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ 一生をかけて償わなければならない罪があった。命をかけて信じ合う恋人...
つぐない (悠雅的生活)
13歳の暑い夏の日。少女が見たもの。贖えない罪。
mini review 08355「つぐない」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれる。運命に翻...
【DVD】つぐない (新!やさぐれ日記)
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 劇場鑑賞時に発作発生 ▼感想 事実を伝えることが本当のつぐない ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた...