りんたろうのきときと日記

『きときと』=富山弁で「生き生きとした」「若々しい」「新鮮な」「混じりけのない」・・・そんなBlog

「武士の一分」観てきました♪

2006年12月12日 02時53分33秒 | 映画
☆「武士の一分」
監督:山田洋次
出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍、赤塚真人、綾田俊樹、緒形拳、桃井かおり、坂東三津五郎


山田洋次監督による「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く藤沢周平原作時代劇の第3弾。
賛否両論はあるけれど、僕は木村拓哉よかったなぁ。
前半の普通のサラリーマン武士から盲目になり復讐を誓った以降の演技は特にいいです(>_<)☆
所々に笑いも散りばめられており、笹野高史演じる徳平とシーンがまた可笑しい(^-^)
他の役者さんもまたいい(>_<)☆
特に出番は少ないのですが桃井かおりの存在感の凄さは流石です☆
全編方言が使われており(山形弁?福島弁?何弁なんでしょう?)「~がんす」というのが印象的。
ラストは思わず涙、うるっときました(>_<)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (25)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新宿Taco Derio!(タコデリオ... | トップ | ラ・プレシューズの「プチ・... »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
武士の一分 (シネマ大好き娘)
2006-12-12 05:44:25
ラスト、ほんま、よかったでがんすよね~~~!!
興味あり!! (kabu)
2006-12-12 09:15:47
リンちゃん、
日曜日にTVでラストサムライを見てから最近、時代劇にも興味でたので見てみたいです。
先日の007も含めて見にいくかな…。
見たい!!! (向日葵)
2006-12-12 21:04:00
のですが…どぅもキムタクが好きじゃなくて…誘われたら見に行くのですがねっ、これがまた誰も行きたがらない(笑。
話の内容がイイのは分かるし…興味は惹かれるけど…多分DVDになります(汗。
Unknown (今日子)
2006-12-12 22:34:28
キムタクよかったね(*^-^*)☆
私も泣いた
山形弁 (たいむ)
2006-12-12 22:48:36
TBどうもです。
どうやら山形弁らしいのですが、今はあまり使わない山形弁っぽい感じですね。>がんす
TBどうもです (sakurai)
2006-12-12 22:57:29
山形でも、庄内の方で、内陸の山形弁とは全然違います。
「スウィング・ガールズ」の方が山形弁に近いです。
生まれは庄内で、今は山形にいるので、庄内弁、山形弁のバイリンガルです。
うちの母親(70代)ぐらいだと使う庄内弁です。
「もっけでがんすのぉ」(ありがとう)
「めじょけねごど」(かわいそう)
「おばんでがんす」(こんばんわ)
「おはよがんす」(おはようございます)
キムタクの庄内弁はイマイチでしたが、庄内の魅力を伝えてくれた山田監督にもっけだのぉ、です。
Unknown (りんたろう)
2006-12-13 01:24:51
☆[シネマ大好き娘さん]
ラストよかったです!
泣きました(>_<)


☆[kabu]
ラストサムライ僕は意地でも観ないよ。
多分一生観ないかな(笑)
「武士の一分」面白かったよ~♪


☆[向日葵さん]
>どぅもキムタクが好きじゃなくて
TVドラマなんかとは違って、木村拓哉よかったですよ~(^-^)
でもその気持ちはわかります(^-^;
僕も1人で観に行きました☆


☆[今日子ちゃん]
泣けたよ~(>_<)
年末面白そうな映画たくさん公開するね。
楽しみ♪

たいむさん☆ (りんたろう)
2006-12-13 01:28:27
コメントありがとうございます♪
>どうやら山形弁らしいのですが
あっ、やっぱりそうですか。
藤沢周平の作品は山形の庄内が舞台となっていると聞いていたので。
もやもやがとれました☆
ありがとうございます♪
sakuraiさん☆ (りんたろう)
2006-12-13 01:35:27
コメントありがとうございます♪
そういえば「スウィング・ガールズ」もそうでしたね(^-^)
>庄内弁、山形弁のバイリンガルです。
うらやましいです♪
芝居やっていると方言は武器になるので。
関西弁や東北弁をしゃべらなければならない事がよくあるのですが、難しいくて苦労します(^-^;
僕は小さい頃転校が多くていろいろな地方に住んでいたのですが全部中途半端で、今では1つも話せません(>_<)
Unknown (とりこぷてら)
2006-12-13 02:30:56
配役がとてもよかったですね。
キムタクも盲目なのに眼力にあっとうされる凄さが出てたと思います。
TBありがとうございました。
キムタク、ビミョー (jazzyoba0083)
2006-12-13 09:56:51
リンタロウ様
こんにちは!TB光栄です。
さて、キムタクですが、演技力は確かに素晴らしいです。
以前テレビで織田信長を見たとき(随分若かったですが)
映画の中に自然に入り込めて、「演技」を感じさせない
立ち振る舞いに感心したものです。
ところで、今回は、ちょいとお茶目すぎたかも。
それと、ストーリーの底が浅かった感があります。
これを、檀れいさんと笹野さんが救っていたという
印象。桃井さんは、さすが。でも板東三津五郎は
ちょいとクビを傾げたくなるキャスティング。
最後の決闘も、あっさりしすぎで、盲目になったこと
妻を寝取られたことなどの恨みツラミがあっさりと
解決されてしまいましたね。
TBどうもでした! (kenko)
2006-12-13 11:43:01
ちょっぴりお久しぶりです、Cnoteのkenkoです☆

キムタク、新之丞という役に合っていてなかなか良かったと思います。
あとイチオシは桃井さま!サイコーです♪
TBありがとうございました (チョコ)
2006-12-13 18:57:30
こんにちは。

キムタク主演がすごく不安だったのですが、大健闘してましたね。
すごくホッとしました。
あ、藤沢周平ファンなもので。。。
とりこぷてらさん☆ (りんたろう)
2006-12-13 22:52:24
はじめまして☆
コメントありがとうございます♪
出演者手堅い配役でしたね。
安心して観ることができました(^-^)
jazzyoba0083さん☆ (りんたろう)
2006-12-13 23:17:45
はじめまして☆
コメントありがとうございます♪
確かに賛否両論でしたね。
僕はどちらかというと以前の木村拓哉の演技はあまり好きではなく、いいなぁと思いはじめたのは最近でして(^-^)
食べ物と同じように僕も年をとり演技の好みも変わったのかな(^-^;(笑)
加世に離縁を言い渡すシーンでの「眼」。
あの盲目の「眼」迫力あり怖かったです。
簡単そうに演じていますが盲目の役ってめちゃくちゃ難しいです。
僕はあの「眼」好きでした(^-^)

>でも板東三津五郎はちょいとクビを傾げたくなるキャスティング。
どちらかというと良い人にしか見えませんものね(^-^;
kenkoさん☆ (りんたろう)
2006-12-13 23:21:01
お久しぶりです(^-^)
>あとイチオシは桃井さま!サイコーです♪
桃井かおりよかったですね(^-^)
今月末公開「無花果の顔」楽しみです♪
チョコさん☆ (りんたろう)
2006-12-13 23:24:14
コメントありがとうございます♪
藤沢周平ファンの方は複雑な心境でしょうね(^-^;
僕の友達も観に行くかどうか迷っているそうです。
TBありがとうございます (おきみ)
2006-12-14 13:55:56
私はまったく期待していなかったですが、
見てよかったと思っています。
ただ、話がわかりやすいと思っている方もいるようですが。

坂東三津五郎さんの悪役。
これもいいと思います。最初に声をかけた時は
親身になっているいい人だと思わせられたし。
騙したとわかった時はだからこそ余計に悪いやつだと思ったし、斬られたときは、当然よ!と思いましたし^^

こちらからもTBをしましたが、ひょっとすると
違う映画のをしたかもしれません。
その場合は削除してください。
TB、久しぶりにしたので自信がありません^^
おきみさん☆ (りんたろう)
2006-12-15 01:32:45
コメントありがとうございます♪
内容はシンプルで僕も好きです(^-^)☆

>騙したとわかった時はだからこそ余計に悪いやつだと思ったし、斬られたときは、当然よ!と思いましたし^^
(笑)決闘シーンの結末は原作とは違うらしいのですが、僕は映画版の方が好きです♪

>こちらからもTBをしましたが、ひょっとすると
違う映画のをしたかもしれません。
了解しました(^-^)
こちらこそTBありがとうございます♪
ラスト (にら)
2006-12-15 22:09:37
新之丞がその人の名を呼ぶか、呼んだらダメだ、と思いつつ、ハラハラ見ていました。

さすがにそんな愚は犯さない山田監督、アッパレです。

てなわけで、TBありがとうございました。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-12-15 23:32:29
こんにちは♪
山田監督の時代劇三部作の締めがどうなるか心配でしたが、木村君の頑張りでいい作品になりましたね~。
笹野さんの支える力が大きかったと思います。
にらさん☆ (りんたろう)
2006-12-16 02:35:44
はじめまして、コメントありがとうございます♪
>実際に「その活動時間は1分のみ」という設定の特撮ヒーローは?
答え・アイアンキングですね(^-^)☆

こちらこそTBありがとうございました♪
ミチさん☆ (りんたろう)
2006-12-16 02:40:13
お久しぶりです☆
コメントありがとうございます♪
笹野高史さんよかったですね(^-^)☆
他の出演者もしっかりしていて安心して観る事ができました♪
Unknown (やじさん)
2007-02-04 12:55:55
内容的にはまさに王道といったカンジで
でしたね^^
でも逆にラストの展開も外さないでくれて
めでたし!めでたし!が良かったと思います。
笹野高史がとてもよかったです☆

やじさん☆ (りんたろう)
2007-02-04 23:49:45
コメントありがとうございます♪
笹野高史さん本当によかったですね(^-^)
脇がいいと主役も引き立ちます☆
DVDがでたらまた観たい作品です♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『武士の一分(いちぶん)』 (Sweet* Days)
原作:藤沢周平 監督:山田洋次 CAST:木村拓哉、檀れい、笹野高史 他 STORY:近習組に勤める下級武士の三村新之丞(木村拓哉)の仕事は毒味役。新之丞はそんな仕事に嫌気が差しながらも、美しい妻、加世(檀れ)と中間の徳平(笹野高史)と平穏な日々を ...
武士の一分 (sigh.)
やっぱり、と思うところと、おぉ!と思うところがありました。
武士の一分/木村拓哉、檀れい (カノンな日々)
時代劇でがんす。山田洋次でがんす。そして、木村拓哉でがんす。山田洋次×木村拓哉という組合せに、宮崎駿×木村拓哉をイメージしちゃった方も多いんじゃないでしょうか。アレ?私だけかな? 山田時代劇三部作ということで、が無敵なヒーローではなく、平凡な下 ...
ムカイダーK3 ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
武士の一分 鑑賞 65点(100点満点中) 『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続いて、藤沢周平の時代小説を原作とした、山田洋次監督の時代劇映画の三本目。 前二作は、表題作以外の作品からもネタを抽出し、いくつかの短編を融合させて一本の映画として ...
武士の一分 (skywave blog)
日本的な音の響き、蛙や蝉の鳴き声、秋の虫の音、こんなに美しかったのですね。主人公が視力を失う設定のためか、音の響きが印象に残りました。日常の生活音も、効果的に使われて
武士の一分 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
1作目はそれなりに評価されるのはわかる。 だから武士の一分が1作目だったらどうだろう。きっと絶賛されていたに違いない! 素晴らしい映画なのにマンネリだからダメとはいえません!
「武士の一分」みた。 (たいむのひとりごと)
「労災は適用されないのか!」 まずそう叫びたかった。『・・大儀』。。。。「え?・・それだけかよっ」って”ミムラ”なツッコミをしたのは私だけ??でもー、労災は適用された!?ヨカッタヨカッタ(笑)(以下、若干のネタバレあり。。。あ、以上で既に
うーーーむ・・・ 「武士の一分」 (平気の平左)
評価:70点
武士の一分 (迷宮映画館)
閉ざされた世界と閉塞感・・・どっちを感じるか。
■週末の学び12/1「武士の一分」~あなたの一分とは?~ (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
映画から 生きざまを 学びましょう!
『武士の一分』 (ラムの大通り)
----この日、スゴい台風が接近していたよね。 朝10時からじやお客も少なかったんじゃない。 「いやいやそれがどうして。これが補助席が出るほどの超満員。 山田洋次にキムタクとくれば、それもうなずけるかな」 ----たしか、山田洋次は「最初に高倉健に会ったとき ...
★映画「武士の一分」 (スナフキン・レポート♪)
「武士の一分」公式ページは・・こちら 先日、何気なく自分のブログ内“検索”で、「檀れい」って入力してみたら、ビックリするほど関連したエントリーが出てきて、 『自分で思っているより 檀ちゃんファンだったらしい?』その檀ちゃんが、映画初出演!それも、 ...
『武士の一分』 (京の昼寝~♪)
命をかけて、守りたい愛がある。     ■監督・脚本 山田洋次■原作 藤沢周平(「盲目剣谺(こだま)返し」文藝春秋刊【隠し剣秋風抄】所収) ■脚本 山本一郎・平松恵美子■キャスト 木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、坂 ...
★「武士の一分(いちぶん)」 (ひらりん的映画ブログ)
SMAPのキムタク主演の時代劇。 彼のファンの人は、「キムタク」とは呼ばないそうですが、 良い意味のあだ名なので、敢えて。 結構スマップ好きなひらりんなんですっ。
【武士の一分】 (NAO-C☆シネマ日記)
・・キムタクの時代劇&ちょんまげ&方言 どうだろ??{/hiyo_face/} そんな気持ちもありつつ、ちょっと興味あったので観てきました。 今更だけど、タイトルの“武士の一分”・・、一分って?? 初めてタイトルを聞いた時思いましたが{/face_ase2/} 命を懸けて ...
武士の一分 (ネタバレ映画館)
徳平(笹野高史)の子孫は上京し、やがて鈴木建設社長の運転手へ・・・
武士の一分 (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
譲らない心。譲れない愛。【ストーリー】海坂藩の毒見役として務める新之丞(木村拓哉)は、毒に当たって失明。夫婦の将来を案じ、助けを求める妻(壇れい)・加世は、助けるふりをして言葉巧みに言い寄る上士・島田藤弥(坂東三津五郎)の罠にはまってしまう。新 ...
『武士の一分(いちぶん)』 (初鑑賞118本目・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (5段階評価で 2.5) 12月2日(土) 109シネマズHAT神戸シアター9にて 18:40 の回を鑑賞したでがんす。{%kado%}
武士の一分 (八ちゃんの日常空間)
ブログをやっているコアな映画ファンには満足いかないかも知れない。 だが、一般の人々、買い物ついでに友達と映画をよく観たりする人、夫婦、時代劇好き、ドラマ好きの人には大満足出来るようなすばらしい「邦画」だ。
武士の一分 (2006) 121分 (極私的映画論+α)
 この映画で本当の「武士の一分」を私たちに感じさせてくれたのは・・・「あの人」でした(笑)
「武士の一分」 now roadshow! (とりあえず生態学+)
武士の一分(いちぶん) 製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 121分 監督 山田洋次 製作総指揮 迫本淳一 原作 藤沢周平 脚本 山田洋次 、平松恵美子 、山本一郎 音楽 冨田勲 出演 木村拓哉 、檀れい 、笹野高史 、小林
武士の一分(いちぶん) (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 121分 監督 山田洋次 原作 藤沢周平 脚本 山田洋次 、平松恵美子 、山本一郎 音楽 冨田勲 出演 木村拓哉 、檀れい 、笹野高史 、小林稔侍 、赤塚真人 、綾田俊樹 、 近藤公園 、岡本信人 、左時枝 、大 ...
「武士の一分」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2006年・松竹/監督:山田 洋次) 山田洋次監督による、藤沢周平原作時代劇3部作の最終作。 こういうのを、職人技…と言うのだろう。まさ
「武士の一分」感想と、原作「盲目剣谺返し」比較 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
武士の一分見てきました。 原作の藤沢周平「盲目剣谺返し」を先に読んでしまっていたのですが、映画の方が面白かったし、好きだったかもしれないという、珍しい現象 (注)もともと、原作の「盲目剣谺返し」は、それほど面
武士の一分 (映画!That' s entertainment)
●「武士の一分」 2006 日本 松竹 武士の一分製作委員会 121分 監督:山田洋次 原作:藤沢周平 撮影:長沼六男 音楽:富田勲 出演:木村拓哉、壇れい、笹野高史、小林念侍、緒形拳、桃井かおり     坂東三津五郎、大地康雄他 山田監督による、藤 ...
武士の一分 (Akira's VOICE)
オーソドックスな物語に新鮮味は無くとも, 見終わった後に残る感情は優しく心地良い。 でがんす。
武士の一分 (C note)
貧しくても愛する人が側にいて、季節を感じながらただなんでもない日々を過ごす・・
武士の一分 (ビター☆チョコ)
東北の小藩、海坂藩の下級武士、三村新之丞(木村拓哉)は藩主の毒見役を務めている。新之丞にとって不本意な仕事ではあるものの、美しい妻、加世(壇れい)とつましいながらも幸せな日々を送っていた。そんな幸せな日々を突然に揺るがすような出来事が起こる。 ...
武士の一分 (愛猫レオンとシネマな毎日)
山田洋次監督の時代劇、原作、藤沢周平3部作がついに完成。 ラストを木村拓哉主演でやるなんて思い切ったなあと思います。 映画初主演、それも時代劇ですから・・・ 今、時代劇が熱いですね。いい男だったら時代劇ですよ。 岡田君も「花よりもなほ」加瀬亮 ...
武士の一分☆独り言 (黒猫のうたた寝)
昼間から夕方にかけて・・・すっごく眠くってしかたなかったので寝ちゃうかも^^;と思いつつ・・・寝たらもう一回観にいけば~なんてヤツになってる猫ですが(笑)仕事帰りに『武士の一分』観にいってきました。藤沢周平の時代劇第3弾・・・『隠し剣鬼の爪』は ...
武士の一分 (シャーロットの涙)
三村新之丞は、近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。 ある日、毒見の後、新之丞は激しい腹痛に襲われる。あやうく一命はとりとめたが、高熱にうなされ、意識を取り戻した時は、 ...
「武士の一分」 (もうなんかどうでもいい)
※タイトルを間違ったままトラックバックしてしまった所があります。ごめんなさい。どうかお許しを…! 武士の一分 監督:山田洋次 出演:木村拓哉、檀れい、ほか 公式サイト:http://www.ichibun.jp/ 人には命をかけても守らねばならない一分がある。 三 ...
武士の一分 (Enjoy Life♪)
人には命をかけても守らなければならない一分がある――。
王の男 (観たよ・読んだよ)
主演者 カム・ウソン イ・ジュンギ チョン・ジニョン カン・ソンヨン 監督 イ・ジュンイク ストーリー チャンセン、コンギルは旅芸人。特にコンギルは、綺麗な女形。 女と見まごう美しさで、権力者たちからも狙われる。 芸人仲間たちを食べさせ ...
映画「武士の一分」 (アンナdiary)
毒見をして失明した後の木村拓哉が素晴らしかった。もう木村拓哉ではなく「三村新之丞」だった。派手さはないけれど、後からじわじわとくる心に染みる作品です(ネタバレあり)■記念なので、少しの間この記事をTOPにしておきます♪
『武士の一分』 (ねこのひたい~絵日記室)
手を伸ばせば届く距離にある火鉢にかかったヤカンのお湯を、隣室で縫い物をする妻に注がせる。 まこと、武士は武将(不精)の臣下なり。
映画「武士の一分」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「武士の一分」 山田洋次監督による藤沢周平時代劇映画化三部作の最後の作品。 「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。 舞台は江戸時代末期、東北地方にある架空の藩である海坂藩。下級武士・三村新之丞(木村拓哉 ...
「 武士の一分 (2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督・脚本 : 山田洋次 出演 : 木村拓哉  / 檀れい  / 笹野高史 他   公式HP : http://www.ichibun.jp/ 「 武士の一分 (2006) 」 原作は、藤沢周平箸 『盲目剣谺返し』(
【劇場鑑賞134】武士の一分 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
『ともに死するをもって、心となす。勝ちはその中にあり。必死すなわち生くるなり。』 人には命をかけても守らねばならない一分がある。
「武士の一分」 戦い、そして妻の深い愛に気付く (はらやんの映画徒然草)
「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」に続く山田洋次監督の時代劇三作目です。 前二作
武士の一分 (吾輩はナマケモノである。)
藤沢周平の原作「隠し剣秋風抄 盲目剣 谺返し」を読んでいたので、話の展開は知っていたのですが・・・・観ていてジワっと涙がでました。 室内や縁側からの映像が多いのですが、季節の移ろいから三村新之丞(木村拓哉)や妻の加世(檀れい)の感情、寂しさや侘し ...
武士の一分 (いろいろと)
監督 山田洋次 出演 木村拓哉、檀れい、笹野高史 ほか 「たそがれ清兵衛」 「隠
武士の一分/「知る」ということ (マダム・クニコの映画解体新書)
男性にとって都合の良い女性像が描かれており、観ていて気分が良くなかった。だが、若者の成長物語ということで観れば、それなりに得るものはある。 goo 映画  「武士の一分」にこだわるあまり、献身的な愛を捧げてくれる妻・加世と話し合うこともせず、即刻 ...
「武士の一分」映画館レビュー 一分への距離 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
山田洋次監督は、今もなお進化し続ける巨匠。僕が武士の一分を語れるには、あと何年かかるだろう。
武士の一分 (It's a Wonderful Life)
山田洋次監督+藤沢周平原作コンビもこれで3本目だそうです。 「たそがれ清兵衛」は残念ながら未見なんですが 「隠し剣、鬼の爪」を観た時に感じたのとほぼ近い印象の、 下級武士を描いた後味のいい人情時代劇。 木村拓哉主演という事で何かと話題の作品 ...
真・映画日記『武士の一分』 (CHEAP THRILL)
12月2日(土) ビフォア31歳。 イコール、30歳のラストデイ。 (注:じょ~いの誕生日は12月3日) 午前中から午後2時までフリーペーパーの原稿書き。 午後2時半から外出。 3時50分から上野のキンコーズで編集&製本。 午後7時過ぎに終わり、 ...
武士の一分 07019 (猫姫じゃ)
武士の一分 2006年   山田洋次 監督   藤沢周平 原作木村拓哉 檀れい 笹野高史 小林稔侍 緒方拳 桃井かおり 板東三津五郎 キムタクって、童顔すぎるよねぇ、、、 山田監督の、時代劇三部作最終章。 なんだケド、微妙だなぁ、、、 ま、勝手に、もっ...
武士の一分 (スーパーヅカン)
製作年度 2006年 上映時間 121分 監督 山田洋次 原作 藤沢周平 出演 木村拓哉,檀れい,笹野高史,小林稔侍,緒形拳,桃井かおり,坂東三津五郎
mini review 07067「武士の一分」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ アクション 製作年 2006年 製作国 日本 時間 121分 公開日 2006-12-01~2007-02-16 監督 山田洋次 ストーリー 毒見役の下級武士、三村新之丞は、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は視力を失うほど...
『武士の一分』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから人生の歯車が狂い始める・・・。感想直ぐにTVでやると思って、待ってたけど予想以上に早かったな~『たそがれ清兵衛...