りんたろうのきときと日記

『きときと』=富山弁で「生き生きとした」「若々しい」「新鮮な」「混じりけのない」・・・そんなBlog

『アイアンマン3』観てきました♪

2013年04月28日 01時08分49秒 | 映画
☆『アイアンマン3』
(原題:IRON MAN 3)
監督:シェーン・ブラック
出演:ロバート・ダウニー・Jr、グウィネス・パルトロー、ドン・チードル、ガイ・ピアース、レベッカ・ホール、ステファニー・ショスタク、ジェームズ・バッジ・デール、ジョン・ファヴロー、ベン・キングズレー


鋼鉄のパワード・アーマーに身を包んだスーパーヒーロー・アイアンマンの活躍を描いたヒーロー・アクション第3弾。
天才発明家トニー・スターク(アイアンマン)を演じるのは『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』、『シャーロック・ホームズ』シリーズのロバート・ダウニー・Jr。

トニーの恋人で現・スターク・インダストリーズの社長ヴァージニア・ポッツ(ペッパー)には『セブン』、『恋におちたシェイクスピア』のグウィネス・パルトロー。

テロ組織を率いるマンダリンには『ガンジー』、『砂と霧の家』のベン・キングズレー。

トニーに怨みを持つアルドリッチ・キリアン博士には『タイムマシン』、『プロメテウス』のガイ・ピアース。

ナノテクノロジー・ウイルス“エクストリミス”を開発した科学者マヤ・ハンセンには『プレステージ』、『フロスト×ニクソン』のレベッカ・ホール。

トニーの良き友人で空軍中佐のジェームズ・ローズ(ローディ)=ウォーマシーン=アイアンマン・パトリオットには『ホテル・ルワンダ』、『再会の街で』のドン・チードル。

現・ペッパー(元・トニー)のドライバー兼ボディーガードのハッピー・ホーガンには本作の製作総指揮でもあるジョン・ファヴロー。

最強のスーパーヒーローチーム“アベンジャーズ”での戦いのその後を描いた本作。

本作ではMk-1~最新アーマー・Mk-42が登場。

ウォーマシーンはカラーを変えアイアンマン・パトリオットに。

本作のヴィラン(敵)はテロ組織を率いるマンダリンとナノテクノロジー・ウイルス“エクストリミス”を悪用するアルドリッチ・キリアン。
しかしこの2組がいまいち魅力がないのが残念。
てっきりマンダリンがメインのヴィランかと思っていたのですが、ほとんど登場せず。
原作では10個の指輪の力を操るのですが、本作では指輪はハメているもののその能力は発揮しません。

アーマー装着シーンや飛行シーン、戦闘シーンは迫力あり。
しかし、肝心のストーリーがいまいち、これといって盛り上がりもナシ(^-^;

ラスト、トニーの危機にこれまでのアーマーが集結するシーンは興奮するものの、呆気なく終了。
う~~~ん、ちょっと期待し過ぎたかな。
そもそも予告なんかで盛り上がりそうなシーンをネタバレしちゃってるのはいかがなものか?
楽しみにしていただけにちよっと残念(>_<)

エンドロール後には、お馴染みのおまけシーンと『マイティ・ソー ダーク・ワールド
』の予告編が。
『キャプテン・アメリカ 2: ウィンター・ソルジャー』、『アイアンマン2』ともども公開が楽しみ(^-^)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日もにゃんこ♪ | トップ | アップルパイアラモード♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シネマ大好き娘)
2013-04-28 06:27:14
今日のチケット買ってます~
シネマ大好き娘さん☆ (りんたろう)
2013-05-09 21:18:41
いいですね~♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『アイアンマン3(2D字幕版』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アイアンマン3」 □監督 シェーン・ブラック□脚本 ドリュー・ピアース、シェーン・ブラック□キャスト ロバート・ダウニー・Jr.、グウィネス・パルトロウ、ドン・チードル、       ガイ・ピアース、レベッカ・ホール■鑑賞...