りんりん!りのりん!りの!りん!りん!!

りのりんの日常が大量に吐かれて溜まっていく。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

けやきひろば

2016-09-18 17:58:54 | 日記
モデルの仕事で最近毎週埼玉アリーナに行っている。
埼玉アリーナに行く途中、けやきひろばという広場がある。床は綺麗なタイル張りで所々にけやきが生えていて、ベンチでサラリーマンやら学生やらが寛いでいる。さいたま新都心駅を降り、隣のコンビニでおにぎりとコーヒーを買い、けやき広場のベンチで仕事前の腹ごしらえ。

モリモリ食べて、なんとなく閃いて顔を上げた。
そしたらその時初めて今日の空が青く澄んでいて、けやきの葉が太陽の光を浴びてキラキラと光りと影がなんとも繊細に点滅するように揺れていた事を知りました。

そして、改札を出てからずっと、地面を見つめていた事を知りました。

ちょっと首をクイっと上げるだけで、けやき広場は美しい世界に変わってしまった。

そういえば高校生の頃、一人で校庭のベンチに座ってお弁当を食べ終わると首をクイっと上げて青空の下、木の葉が繊細に揺れては、キラキラと光りと影が移り変わるのを見ていた。それを思い出した。


ある日けやき広場の地下のロッテリアに仕事で使った浴衣を忘れて、仕事でもない、よりによって台風の日に取りに行った事がある。タイル上で雨が跳ね、風に傘は煽られて雨は容赦なく当たる。柱に避難して体制を立て直す。日にちが変わるだけで驚く程不自由な世界に変わってしまった。


一昨日、なんとなくyoutubeで東京事変のPVを見ていた。キラーチューンという曲をなんとなく見ていたら、なんとけやき広場で椎名林檎が綺麗に晴れた日に、大雨の中闊歩していた。
この歌詞がどんな意味か分からないのだけどどうしようもない激しい喜びが激しい雨の様に、美しい日差しのように真っ直ぐに私を打ちつけるようだった。

閃光少女もそうなんだけど、私は特に椎名林檎が好きってワケじゃないのだけどたまになんとなく聞いてみた曲に激しい幸せに打たれてしまう。

椎名林檎って捻くれ者なような気がしてしたんだけどこの人の歌程真っ直ぐに生きる喜びに打たれる歌はないなぁ。。
そしてあんなに濃ゆいキャラの割に意外と顔のキャラは薄いよな。薄顔美人。

そしてけやき広場というダサい名前の広場がなんか思い入れの強い場所となってしまいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | アルゼンチン行き飛行機安い!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。