ひろしま里山放浪記

自然とのふれあいなど気儘な書込み

島根県吉賀町 大岡山登山(2)  尾根末端(五合目)迄

2016-09-30 | 日記

(つづき)

平成28年9月24日(土) 晴れ 29/21℃

金曜登山は、隔週2回は、土曜日に実施することになりました。

今回は、島根県吉賀町六日市の 大岡山(おおかやま 896.9m三等三角点) でした。 

羅漢山や小五郎山などを眺めながら、国道186号-434号-県道16号-国道187号と在来線を走り、

 中国自動車道を通って来たもう1台の車と六日市IC近くのローソンで合流しました。

ローソンから見えた、六日市IC 近くの中国自動車道。


ローソンの北方に、大岡山の稜線が臨めました。


左端から登り、中央が大岡山の山頂、右側のピークは東峰。

 

ローソンで 2台の車が合流した後、広石の登山口へ向かいました



187号線を少し北上し、山麓の細い道路に入ります。


広石 柏前バス停の民家横に登山口が有り、御厚意で民家の庭に駐車させて頂きました。


 登山口は広石下の柏前バス停

吉賀町のバスが柏前バス停でお年寄り数名を、福祉施設に送って行きました。


 参加者は8名(男性5名、女性3名)、装備の準備中です。


出発前に、会長のさくちゃんから、美味しいコーヒーとケーキを頂きました。


民家の駐車場横の、大岡山登山口の標識から登山道に入ります。

 

最近は殆ど、入山者の形跡が無いようで、取付きには蜘蛛の巣が張っていました。


すぐに竹やぶを抜けて、スギやヒノキの植林地帯に入りました。

登山道は明瞭になってきました。


倒木は多数、転がっていました。




安全登山の為、早めの休憩。




少し、急登になり、また、倒木です。




左側の谷を見下ろしながら、平坦にトラバースして、途中で休憩しています。


トラバースが終わり登山道が消えてしまいました。

地表に標識が落ちていて薄い矢印が谷方向を差していたので、その方向に向かいました。

Hさんが、持参の太いマジックで良く見えるように書き直しました。


谷道を覆った草木などを払いながら登ると、
秋雨前線が活発な為に、色々なキノコが生えていました。

かわいい、テングタケ


谷間の沢部。こんな悪路も登りました。








谷から別れ、急斜面の上には尾根がみえてきました。


急斜面にはトラロープが設置。


滑らないように、急斜面を慎重に登っています。






超急登も平気な I さん。


急登が続きます。


色々なメッセージが込められている、布類や缶類。





Iさんからも、元気の素を頂きました。


周囲に岩石が現れ始めました。




また休憩、良く冷えたパイナップルを頂きました。


元気が戻って来ました。























巨岩が現れてきました。下部から


上部から


尾根らしき地形です。


500と書かれたような標識を派遣、裏には380とも。(あと?、登山口から?)

ほぼ頂上までの中間点(五合目?)のようです。


(つづく)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島根県吉賀町 大岡山登山(... | トップ | 島根県吉賀町 大岡山登山(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。