ひろしま里山放浪記

自然とのふれあいなど気儘な書込み

長者山-海軍山(東中倉山)縦走(2) 長者山迄

2017-06-30 | 日記

(つづき)

平成29年6月23日(金)晴れ 30/19℃

今回の金曜登山は、安芸区、安佐北区、志和町の境界の

瀬野駅-長者山(571m)-三角点(612,2m)-榎ノ山峠-海軍山(514m 東中倉山)-中倉神社 の縦走登山でした。

瀬野駅に13名(女性6、男性7)が集合、先ず、みどり口からスカイレール(定員25名 ¥160)に乗りました。


みどり坂の団地を一足飛び


標高約200m、終点の どり中央駅 


みどり中央駅からみつぎ団地の登山口迄移動開始。


団地内の道路脇に


桔梗 が元気に咲いていました。


みつぎ団地の上に見える 長者山



立石山?


みつぎ団地登山口方面の、ミノコージ峠入口へ向かっています。

 

 


正面に海軍山(東中倉山)と八世以山 が見えていました。


県道85号線と別れます。


みつぎ登山口 ミノコージ峠 の標識有り


 林道の坂を登ります。




田畑跡を通過して行くと


墓所が見えて来ました。


墓所の傍に長者山登山口(みつぎ口)の標識が有ります。




谷筋を登ります。



河原のように広い谷間の地域を通過。 


大古場 との事?


また狭くなって、谷筋を登ります。




少し荒れている場所も有りましが、ミノコージ峠が近づいてきました。




ミノコージ峠に到着、先頭の二人は疲れたのか?腰を下ろし休憩中。

峠から西(左)側へ行けば立石山、藤ヶ丸山へ向かいますが、今回は東(右)側へ向かいました。


皆さんここではゆっくり休憩しました。


そして急登が始まりました。 


 


鉄塔が見えて来ました。




日差しが強いので、木陰を探して休憩します。


鉄塔からの展望は最高


白木山と高鉢山 、高鉢槍等


鉄塔の奥は、呉娑々宇山のようです。


涼しい木陰で、ゆっくり給水タイム。


あれ!、中央の女性の背中をアップしました。

広島湾岸トレイルの Tシャツ です。 皆さん全て踏破しましょう。

本日の広島中央アルプス(岩滝山-呉娑々宇山-藤ヶ丸山-長者山-高鉢山-安駄山)も忘れないでください。


先ず、長者山を目指します。




長者山のシンボルの反射板が見えて来ました。


コースに大岩が増えています。







岩山のピークに到達。千丈岩(555m) です。


瀬野駅からみどり坂の大住宅地域や、みつぎ団地などが一望できます。


曽場ヶ城山から水ヶ丸山迄の稜線と

海軍山(東中倉山)から瀬野駅迄下った尾根も見えています。


曽場ヶ城山から水ヶ丸山迄


北東方向は高鉢山(南峰726m)と高鉢槍(763m)


真北方向に、白木山


景観を見て、ピークを下りて長者山へ。


急降下でした。


新しい丈夫なロープが用意してあり、安全に下りることが出来ました。




親切な標識です。


小鞍部 "G" 迄下り、ここからは、再度急登になってきます。


みつぎ団地東側の、下立石登山口へ下りる分岐を通過。 


さらにきつくなった急登を頑張っています


今は、ロープが頼りです。


ロープが終わりました。


反射板の鉄塔が目前。


長者山頂上の反射板



先頭は到着しています。


私達も遂に、長者山に到着しました。


長者山(571.0m)




三角点は有りませんでした。

 

長者山からの眺望、左に白木山、右方向は高鉢山への稜線。


高鉢山(南峰)や高鉢槍 が見えています。


(つづく)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長者山-海軍山(東中倉山)... | トップ | 長者山-海軍山(東中倉山)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。