迷子の森~きのこ谷~

ここは迷子の森の片隅にある『きのこ谷』。ここでは、きのこの輪っかが沢山見つかります。もしかして、ここは妖精たちの住みか?

かぼちゃのランタン

2016-10-16 17:15:03 | 1/6他ごちゃ混ぜ(つながる新天地)





かしの木タウンまで買い出しに行った小麦ちゃん。
帰り道では、もうとっぷりと日も暮れてしまいました。


















日が暮れると、もう寒いわぁ。
杏ちゃんの言うとおり、マント持ってきてよかった。










・・・あら?










・・・。










・・・行きには、こんなランタン置いてなかったわよね。



















可愛いな♪♪♪
それに、夜道が明るくなって助かるわ。



















・・・あ。



















小麦 『こんばんわ。』

カミル 『あ、こむぎ牧場の・・・。』










小麦 『先日は、お花を届けていただいて
ありがとうございました。』

カミル 『いえ、こちらこそありがとうございました。』










小麦 『・・・お仕事中ですか?』










カミル 『はい、ギルドのベロニカさんに頼まれて、
かぼちゃのランタンを設置しているんです。
この時期、店ではランタン用のかぼちゃも扱ってるもので。』










小麦 『そうだったんですか。
明るくて助かるなぁって思ってたんです。』

カミル 『日が暮れるのが早くなりましたよね。』










カミル 『・・・そうだ。』

小麦 (・・・?)










カミル 『この先はまだ設置していないので、
これをお持ち下さい。』

小麦 『え~、いいんですか?』










カミル 『はい、余計に持ってきましたから
大丈夫です。』

小麦 『ありがとうございます!』










小麦 『明るいわぁ。』

カミル 『この辺は、暗くてあぶないですから。
送って差し上げたいけど、
まだ仕事が残ってるもので。』

小麦 『いえいえ、これがあれば大丈夫です。
ホントにありがとうございます!』










小麦 『それでは、お先に失礼しま~~~す。
ありがとうございます。』

カミル 『お気をつけて~~~。』




























カミルの心遣いに、
暗い夜道でも浮かれる小麦の心でした♪♪♪





・・・どうやらこれで、
ハロウィンネタを済まそうとしているらしい(笑)。



つながる新天地、ちょっとづつ進めているのですが、
カミル登場はまだまだ。
やっとこさ、一年目の春が終わりそうな時期です。
(カミルは二年目にならないと出てこないらしい。)

この前も書きましたが、
カミルと会ってみないと、お人形ネタでカミルが出てきても、
まだ思い入れが沸きません。

つながる新天地は、レビューでなかなか厳しいご意見が多かったので、
覚悟して始めました。
覚悟してたせいか、思ったより意地悪い設定でもなく(笑)、
私は結構面白いって思います。

でも、出荷する貿易センターのお休みが多いのが困ります。
それも最初のうちだけのようなのですが、(・・・らしい)
三日続けてお休みされると、出荷も買い物もできなくて、
やる事なくて困ります。
虫やカエルとったり、川で拾いものするしかやる事がない(^^;)。

お休み、二日位まではこれも面白いと思いましたが、
三日続けてとなると、
明日もお休みだったら怒ってゲームやめるとまで思いました。
でも、次の日はやっていたので続けています(笑)。

ふたご村で、お店が週の半分位お休みだったので、
多少の不自由には慣れていましたが、
三日続けては、やり過ぎだなって思いました。


でもねぇ、ホントに絵が可愛いんだぁ。
今回はまずはシードメーカーを作って、品質を早く上げようと思っていたので、
ピッチフォーク、冷蔵庫の次に、シードメーカーの組み立て図を、
なけなしのお金で買いました。

設置してみたら、やたらと大きい(笑)。
4マス分必要です。
でも、すごく可愛いの。




そして、種を作ってみようと思ったら・・・
あれ?

続きは、こちらでどうぞ・・・ (こちら) 













『おもちゃ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つゆくさの里のコロボックル | トップ | かぼちゃのランタン(パート2) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む