東京足立相撲甚句会

motto 凛として唄い・豊かな心。林 太 一 大相撲につながる伝統唄の普及と生き活き活動。加盟団体 全日本相撲甚句協会

◇奉仕活動。足立区伊興A園、4月20日。健康ケアーを受けながら、くつろぎの間、相撲甚句披露。東京足立相撲甚句会 会員有志。これぞ生き甲斐活動。 林

2017年04月20日 19時12分50秒 | 地域活動
◇相撲甚句習得の中に、奉仕活動、皆様に喜んで頂ける喜び。これも習得の過程の実践勉強にもなります。
三週間前は、全日本相撲甚句協会の発表大会(前ページをご覧ください)両国相撲甚句会館(館主 国錦 耕次郎) 第19回大会で発表、その余韻の消えぬ間の〝奉仕活動〟でした。

 ご利用者さま、施設職員さんの献身的お気遣いの中、甚句披露させて頂きました。
 最初は数曲ご披露し、合間に相撲甚句のご説明にうなずいていただけ。
 合いの手の あ~ どすこいどすこい、 小さな声から大きな声に、そして甚句の一節を唄っていただけました、共に感動、感涙でした。

 今年で9年前より8回目。また来てねの声を背に、今日はお別れ、近いうちに参ります。 記 林

 

この記事をはてなブックマークに追加

□全日本相撲甚句協会 第19回大会 会場 両国「相撲甚句会館 国錦」3月25日26日2日間開催 東京足立相撲甚句会 三組 16名出演。写真披露。 林 太一

2017年03月27日 20時31分53秒 | 発表

この記事をはてなブックマークに追加

▣相撲甚句発表大会:1~3組出演、東京足立相撲甚句会 会場 (両国 『相撲甚句会館』国錦) 林太一

2017年03月06日 11時50分15秒 | 地域活動
□全日本相撲甚句協会 第19回大会、開催は3月25日(土)~26日(日)、2日間。
□東京足立相撲甚句会は26日()三組(出演時間 1組 10時15分から。2組 11時15分から。3組12時15分から(何れも発表持ち時間、15分間です)。 林

 お問い合わせ「東京足立相撲甚句会」電話03-5845-3708 E-mail[東京足立相撲甚句会]フォームへ

会場:両国:「相撲甚句会館」案内地

この記事をはてなブックマークに追加

▣ 足立区立『興本扇学園 』(小・中一貫校)に相撲甚句:日本の伝統唄、出前授業(2月2日・足立朝日掲載:3月5日)。2020年オリンピックパラリンピックに向けて。東京足立相撲甚句会:林 太一

2017年03月05日 11時01分25秒 | 地域活動
□同校は東京都の・・
「日本の伝統・文化の良さを発信する能力・態度の育成事業」の研究指定校として、日本の伝統文化を学んでいます。今回は大相撲につながる伝統唄「相撲甚句」を取り上げ、授業に加わらせて頂きました。 林 太一
掲載[足立朝日新聞]外部サイトへリンク

□日本の伝統文化の出前授業、出演。2020年オリンピックパラリンピックに向けて、少しでも印象に残り、併せてお役に立てれれば何よりの幸いです。
掲載[足立よみうり新聞]外部さいとへリンク
元気は己が作る。70歳代学び(40の手習いが)80歳代で大いに活かし、90歳から活かし語れ。 記 林 太一
明日有るかなど思わないから心身健康健全に活きられる。明日は分からなくても良い、誰も知らないんだから。私はそう生きたいし活していきたい。


お問い合わせ
℡03-5845-3708 E-mail [東京足立相撲甚句会]フォームへ

平成27年活動記録ホームページへ(クリック)


この記事をはてなブックマークに追加

▣総会開催=東京足立相撲甚句会の総会開催。国錦先生の大会発表会のご指導日に。 林 太一

2017年03月02日 19時39分18秒 | 地域活動
写真説明=総会前に協会19回大会発表に向けて国錦耕次郎先生のご指導を受ける。力のこもったご指導に一同感動と、大会頑張るゾ!。


▣弊会「東京足立相撲甚句会」の29年総会を開催しました。規約に定める開催です。
2月9日役員会を開催し、あらかたの新年(期間年度も勘案)方針の取り決めと、経過報告、収支報告・監査報告承認を基本として、今年に方針を総会に提案討議、加えて新年予算案ともにもろもろ建設的討議を和気あいあいの中で協議ししました。

賛成総数をもって承認、新年(公の事項は年度)いっそう進化発展を期待して終了しまいた。 記 会長 林 太一

基本は心身ともに健全、70歳で学び(40の手習い)80で活かし、90で語れ。現役の会員・生産年齢から離れてこそ生き甲斐を持って社会に貢献できる共に姿勢、まず己が自立心で、皆さんに喜んでいただける活動、それが生き甲斐、その実践に有ります。

お問い合わせ
℡03-5845-3708 E-mail [東京足立相撲甚句会]フォームへ

平成27年活動記録ホームページへ(クリック)

下欄広告は当ブログと一切関係ありません。ブログの定めによるものです。

この記事をはてなブックマークに追加

▣全日本相撲甚句協会19回大会のために国錦師範のご指導をいただく。東京足立相撲甚句会 林 太一

2017年03月01日 19時35分15秒 | 勉強

この記事をはてなブックマークに追加

▣足立区 内福祉施設、慰問活動。U 六月福祉施設。東京足立相撲甚句会。林太一

2017年02月17日 19時04分56秒 | 奉仕活動
▣ゆうあい里・六月、福祉施設、慰問活動で出演。最初何だろう!感から、手拍子ちらほら。頷き、笑顔から自然とドスコイの声。合いの手の練習、あ~ドスコイ。 上手い上手い、又笑顔。あ~ドスコイの声が聞こえだした、歌い手もびっくりと、ここぞの美声 ? に力が入る。 もうチョットとアンコールの声、歌詞 〝浮雲〟の説明で唄い、めでたい歌詞 〝鶴と亀〟、良かった又来てね・・・を背に、お元気でネ・・・名残惜しく次回を約束し、お別れでした。

□職員さまご多忙の中、気配りに御礼です。 林 太一

お問い合わせ
℡03-5845-3708 E-mail [東京足立相撲甚句会]フォームへ

平成27年活動記録ホームページへ(クリック)

下欄広告は当ブログと一切関係ありません。ブログの定めによるものです。

この記事をはてなブックマークに追加

▣日本の伝統・文化の良さを発信する能力・態度の育成事業の一環に参加させていただきました。東京足立相撲甚句会 

2017年02月02日 08時39分04秒 | 地域活動
▣日本の伝統・文化の良さを発信する能力・ 態度の育成“事業”の一環に参加させていただきました。2020年東京オリンピックパラリンピックに向けて。東京足立相撲甚句会 林 太 一

足立朝日新聞に掲載 外部サイトへリンク

お問い合わせ
℡03-5845-3708 E-mail [東京足立相撲甚句会]フォームへ

平成27年活動記録ホームページへ(クリック)

足立区生涯学習センター正月行事外部サイトにリンク

下欄広告は当ブログと一切関係ありません。ブログの定めによるものです。

この記事をはてなブックマークに追加

▣今年初奉仕活動。R大型福祉施設の1月誕生会、7名のお方。元気はつらつ、祝われる方祝う方、互いに元気。あ~ドスコイドスコイ、東京足立相撲甚句会 林太一一行。

2017年01月23日 19時39分10秒 | 奉仕活動
□70歳で学び、80歳で活かし、90歳で語れ。 さーみんなで。(motto){凛として唄い・豊かな心] 東京足立相撲甚句会 会長(代表) 林 太一

お問い合わせ
電話03-5845-3708 E-mail 「東京足立相撲甚句会」


この記事をはてなブックマークに追加

▣日本のお正月を楽しもう。足立区生涯学習センターの正月催しに参加させていただきました。

2017年01月15日 19時52分31秒 | 催し
東京足立相撲甚句会

お問い合わせ
電話03-5845-3708 E-mail 「東京足立相撲甚句会」


この記事をはてなブックマークに追加

▣東京初場所初日前日7日土俵祭り、見学後国錦 相撲甚句会館に於いて、初笑「相撲寄席」。超満員御礼。次回5月場所前日13日開催予定、是非ご一緒しましょう。林 太一

2017年01月07日 20時01分18秒 | 地域活動
土俵祭り、厳かに厳粛に
初場所初日前日の神儀式国錦、全日本相撲甚句協会がお誘いし、参加(見学)の皆様、感動を得た言葉をお聞きしました。相撲場所前日には必ず行う神儀だそうです、したがって地方場所でも行います。
同時に土俵祭り終えて「相撲寄席」大超満員、寄席三大出しものを終え各会から選抜出演。寄席で初笑と共に正月7日松明け。今年のご健勝隆盛を祈念して国錦師範の拍子木誘導により三本〆・厳粛に手打ち・声高・笑声・笑顔満福!で散会でした。 記 林

お問い合わせ
電話03-5845-3708 E-mail 「東京足立相撲甚句会」



この記事をはてなブックマークに追加

▂足立区舎人地域学習センター第30回〝ふれあいまつり〟。発表出演、感動・笑い・神妙に、そして相撲甚句体験。東京足立相撲甚句会 舎人

2016年11月12日 13時25分17秒 | 発表
前唄、東京名所合唱 独演と「前もって歌詞書きお渡し」説明。神妙・笑い・納得・頷き、真剣に聞い頂き自然と〝ドスコイ ドスコイ〟と合いの手。ご一緒に唄って頂きました。

東京足立相撲甚句会 会長(代表) 林 太一
連絡電話03-5845-3708 E-mail 「東京足立相撲甚句会」にお問い合わせ

E-mail 「相撲甚句会館(国錦)」に関するお問い合わせ

 下欄広告は当ブログとは一切関係ありません。ブログの定めによるものです。

この記事をはてなブックマークに追加

▂中央本町地域学習センター第33回〝ふれあいまつり〟オープニング、相撲甚句でお祝い披露。東京足立相撲甚句会 中央

2016年11月12日 10時28分43秒 | 催し
東京足立相撲甚句会 会長(代表) 林 太一
連絡電話03-5845-3708 【E-mail 問い合わせクリック】
E-meil 相撲甚句に関して お問い合わせこちらからも

E-meil 相撲甚句会館(国錦)に関するお問い合わせ

この記事をはてなブックマークに追加

▂あだちサークルフェア2016開催・あなたが主役、そして脇役。合唱から順次独唱に、頷き・笑い・合いの手・拍手。2日間大いに活躍。林太一

2016年10月10日 21時32分58秒 | 催し
 [お問い合せ] 
 あだちサークルフェアは足立区生涯学習センター全13センター(14)サークル登録団体480余。各センターで年1回開催される〝ふれあいまつり〟。そのサークルの中からご参加頂ける団体、展示部門・ステージ部門・体験部門など。事業部の際だった出し物。それに加えて、福祉施設の作品展示販売、農産物販売などなど、まさに多種多彩の団体(者)様参加されます。
 開催日2日間は足立区あげてのA-festa(「区民祭り」」荒川河川敷で開催されています、隣接が当フェア会場学びピアー足立区学習センターです。今年は特に、観光交流協会様の格段のお力添えを賜り、同時開催を意図を広報をはじめ、開催ポスーやプログラムチラシ記載して頂けました。
 観光交流協会及びご関係者さまに感謝御礼申し上げます。
当日はあいにく雨天でした、屋根のある施設、屋内会場での催しは支障なく開催できました。ご来場員数カウント結果は後日発表になります。 

ご来場いただいた皆様に深く御礼申し上げます。有難うございました。 実行委員会 林 太一

 弊会事ですが、開催2日間は、加盟する「全日本相撲甚句協会」新潟市大会、止む無く不参加でした。
重要地元地域活動として優先容認されました。東京足立相撲甚句会 会長(代表) 林 太一



この記事をはてなブックマークに追加

▂放射能風評払拭モニターツアー〝塙町(はなわまち)〟(福島県東白川郡)に参加させて頂きました。先ず安心・安全です。詳細本文で。林太一

2016年10月01日 08時32分57秒 | 催し
 あの東日本大震災、そして津波、加えて予想もしなかった万全のはずの原子力発電所のメルトダウン、放射能の拡散。それが5年半有余前。その地からかなり離れている「塙町(はなわまち)最寄り駅、水郡線磐城塙・久慈川沿い」にも山間谷伝いで放射能。即避難的影響はないものの、低レベル放射能の流れがあったそうです。
よっていまだに放射能がとの風評が、農産物・地域観光等に影響している困惑さです。
ここで町行政機関として「放射能払拭」認識を頂くためのお誘い「足立区生涯学習センターボランティア関係のツアーに参加させて頂きました。[お問い合せ] 林太一宛てのみ

 先ず米穀集荷場で27年度(28年度は刈り取り前)玄米で貯蔵米を放射能(核種)放射能調査測定器を通して、写真のごとく(OK)でバーコードシールを貼り出荷する、現場見学でご説明を受け知識を得ました(例、空港搭乗ゲートで手荷物検査と同じ方式、それが放射能検査、それより厳密かもしれません)。専門的知識は持ち合わせませんが厳格な検査体制と経過年月と対応で安心安全を確認しました。次に民宿経営農園に、ご用意頂いた靴カバー・手袋をはめ、南瓜の収穫。周辺は収穫を待つ稲田すれすれに赤とんぼがスーイス-イ。はち切れそうに膨らんだ稲粒の穂が重そうにたれ初秋の風を受けています。両サイト山並みに囲まれ段差有る大型棚田、畑と混在、素晴らしい日本の故郷里山風景です。透き通ったせせらぎ水路手を洗い、アー冷た-い、美味しいの声も(笑)。勿論水道水で手など洗いました。

終えて〝お母さん農家民宿100選に選ばれた〟四季彩采工房(外部サイトへクリック)で白飯はもとより、地鶏の卵かけから手作りの窯で焼く熱々の野菜などのピザー・お漬け物などなど、美味しさ抜群。そこで大釜薪炊きのご飯の格別の美味しい美味しくてお代わり、おこげを所望し、席へ“おこげ頂いた・・昔おやつだったんです”と話しても、怪訝そう?。あ~そうでしょうね、戦前生まれと、おやつが十分あった時代の距離を感じましたが、これが平和の証ととれます。

 近くにダリヤ園。これがダリヤか?大小輪原色鮮やか品種。昔小型ポンボン咲きイメージ払しょく多種多様な品種・花弁、見どころいっぱい。春には久慈川沿いの桜並木が見事だそうです。
同園隣接の湯遊ランド では 貝化石そうや自然源流湧き水、水道水も健康水です。

 放射能に関しては全く安心安全です、日帰りの距離ですが、民宿も有り温泉宿も有り、年間とうして日本の故郷風景で十分心身癒されます。

 是非皆さんまずおいでください、町中あげて歓迎のホットムードでた「福島県 『塙町』観光交流協会へ(外部サイトへリック)。
 円形帽子型シンボルタワー屋根の道の駅〝はなわ 〟。地元特産の蒟蒻製品から地元取りたて野菜や加工品などなど、求めました。
ご案内頂いた塙町の観光交流協会のご案内頂いたご担当の方々のお見送りにお礼の手を振り合い、離れました。残留放射能など全くの風評、この該当地域とも検査体制において安心安全を確信しました。

 小生、文化活動など多くの方々に会います、あだちサークルフェア2016開催の実行委員会の任や、東京足立相撲甚句会の 会長(代表)その他で、大勢の方とお会いします。機会にお話させて頂いています。
 
 先ずご報告と走り書き感想です。誤字脱字や送り仮名の違いも有るかに思います、ご容赦下さい。おいおい改めます。 林 太一

この記事をはてなブックマークに追加