海の近くの街へ ~渡米準備編~

☆夫の一年間のアメリカ留学に 小学生の子供二人とついていく事を決めた私の決意日記です☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログのお引越し

2008-07-29 | 私の独り言
いつも私のブログを訪問してくださる皆さん

本当にありがとうございます

皆さんに出会えて、不安だったことや

モヤモヤしていたことも忘れることができています。

本当にブログに感謝



突然ですがブログのお引越しをすることになりました。

少しパソコン上の問題がありまして、お引越しすることを決めました。

使い慣れてきたブログだったので、とても残念なんですが・・・

リンクをしてくださっていた皆さん

お手数ですがアドレスの変更と、少しばかりのサブタイトルの変更を

よろしくお願いします

このままアメリカへ行っても変更しなくていいように

サブタイトルを「~渡米準備編~」をあらため

「~家族で留学~」に変更しました。


gooではなくなってしまうと、いろいろとコメントの入れ方等違いがあり

皆さんにお手間をとらせてしまいそうです。

本当にすみません


でも、今後ともお暇なときに遊びに来ていただけると嬉しいです

船便を出して一段落の私。

ブログのお引越しは、嵐の前の静けさ・・の今しかないと決行します(笑)



新しいブログはコチラになります。

どうぞ今後とも末永くよろしくお願いします





この記事をはてなブックマークに追加

船便 行ってらっしゃ~い!

2008-07-26 | 渡米準備
今日、無事に船便の搬出が終わりました

この一週間、ブログそっちのけで

船便の荷物の仕分けに燃えていました

我が家の場合、家を空っぽにするわけではないので

置いて行く荷物と、持って行く荷物の仕分けが一番の仕事でした。

さてさて、そんなバタバタした一週間で私が思ったこと・・・



「お姉ちゃん、持って行く荷物、もう少し少なくならないの?

(ダンボールから溢れかえっていました)

「妹ちゃん、何度も聞くけど、本当に持って行く荷物これだけでいいの?

(姉と比べてあまりに少ないので・・・)



聞けば、お姉ちゃんが荷物に入れているような可愛い文房具は

「もう全部使っちゃってない」

とのこと。

自業自得なわけです



9時ちょうどに引越し屋さんが来て

終わったのが14時半ぐらいでした。



こんな付箋を使用して、引越し屋さんは手際よく梱包していました。

さすがプロです!梱包の技が素晴らしかった~

最後に「やっぱりコレも、コレもお願いします」という

未練がましい私のお願いも、にこやかな笑顔で対応してくれました。

本当にありがとうございました



船便を出したので、次の航空便までまた少し落ち着いて過ごせそうです。

家の中・・・・全然スッキリさっぱりしてないのは何故・・・











コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

終業式と夏祭り

2008-07-19 | 子供の毎日

昨日で一学期が終わりました。

しばらく通いなれた小学校ともお別れです。

アメリカの小学校は、親の車での送り迎えなので

毎朝みんなで集まって通うこともありません・・・少し寂しいです。

今週、先生が二人のそれぞれのクラスで「行ってらっしゃい会」を

開いてくださいました。

たくさんのお手紙や折り紙のプレゼントをいただきました。


「英語がわからなくてもがんばってね」痛いところついてます

「一年後待ってるからね」


そんな数々のお手紙に、私のほうがじ~んときてしまいました

本当にありがとうございます。




終業式の次の日は恒例の夏祭り。

今年も近所の仲良しのお友達と行ってきました。

去年までの浴衣が小さくなっていたので、今年は新しく新調

(おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう~

しっかりとアメリカにも持って行こうと思います。





       どれにする?

やっぱり日本の夏っていいですよね



それにしても最近、本当に忙しくなってきました。

ブログが中々更新できない~














コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカのお風呂って

2008-07-14 | 私の独り言
妹ちゃん、泳げません

顔を水につけることすら、死ぬ気の覚悟で挑戦です。

昨日もお風呂で必死に一人、顔をつける練習をしていました。

でも顔面しか水の中に入ってない~

水中眼鏡ありでですよ~

頭の上までスッポリと潜れないんです

私がこっそり覗いた時、髪の毛がふわぁ~って水の中に広がって

少しホラー映画のようでした。

その姿を見ながら、ふと疑問・・・。



今まで考えたことがなかったけれど

アメリカのお風呂って洗い場がないはず。

皆さん、どうやって体や頭を洗ってるんですか~?

家族皆が湯船につかろうとしたら

一緒に入るか(無理無理・・)毎回湯船をはるしかないですよね。

それとも何か方法があるんでしょうか?

やっぱりシャワーだけなのかなあ・・?
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

準備再開してます

2008-07-13 | 渡米準備
ここ数日、私もオットも私の健康診断結果に

振り回されっぱなしでした・・・。

大学病院に行ったり、診断書を用意したりで

それこそ胃炎になる~って言いたくなる毎日(笑)

詳しいことをココに書くのは、あまりに皆様の目汚しなので

一つ前の記事のコメント欄に長々と書いてしまいました

もし気が向いたら覗いてみてください



準備を再開して、まず一番最初にしていること

それは内職です。

子供達の小学校では、必ずと言っていいほど

転校するお友達が最後の登校日に、「消しゴム」や「鉛筆一本」など

何かしら記念品をクラスメイトに配っていました。

さて我が家はどうしたらいいいのか・・・

みんなとお別れではありません。

一年後に戻ってくるのですから・・・。

転校するお友達のためには、いつも「お別れ会」のようなものが開かれます。

我が家の子供達のためにも「行ってらっしゃい会」を開いてくださるそうです。

一年間だけなので、あまり大袈裟に何かを配るのもおかしい気がします。

でも「行ってらっしゃい会」には、きちんと感謝の気持ちを表したいし

何より一年半、このクラスで過ごせて楽しかったことを皆に伝えたい

帰国する時はもうクラス替えの後なのです。



結局、子供の希望でほんの僅かなプレゼントに

メッセージを添えてクラスのみんなに渡すことにしました。



お姉ちゃんのクラスと妹ちゃんのクラス、計約70個。

子供達と内職している週末です。





  追記  

私が子供の頃ってこんなことしたかなあ・・・。

父の仕事の関係で、転校を何回かしたけれど

何も配ったりしなかったような^^;

今と昔はずいぶん違うなあ・・ってオバサンは思うのでした。





















コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

大変なことが!!

2008-07-08 | 渡米準備
実は大変なことが起こっています。



私の渡航前検診の結果が出て

渡米に「待った!」がかかってます。

診断は「慢性胃炎」

こんなの誰もが持ってる症状じゃないの~?

それに私、自覚症状がまったくないし・・・。

意外な診断結果でした。

「至急治療を開始する必要があります」

って書いてあるけれど、胃なんて今まったく痛くないんですけど・・・

オットの会社のドクターがOKを出さないと渡航出来ないので

焦ります。



子供の学校はあと数日で終業式。

先生からクラスの友達に、ウチの子供達の渡米も発表済みです。

今更行けなくなったら問題です



急いで病院行ってきます。

でもこんなに元気なのになあ・・・

胃だって全然痛くないし

船便出す日まで二週間ちょっとだし

しばらく心配でブログ書けないかも・・・


コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

引越し業者の下見

2008-07-04 | 渡米準備

引越し業者の方が下見に来ました。

我が家の場合は、家を空っぽにするわけではないので

船便にしても、航空便にしても

「持っていくもの」と「家に置いていくもの」を明確に

整理しておく必要があるそうです。

我が家は置いていく荷物のほうが断然多いので

(ガラクタだらけなんです・・・

ダンボールを使い事前に仕分けをしておくことになります。

でも何からしていいのやら・・・

私は「お任せパック」みたいな引越しの経験がなく

なんでも自分で梱包(節約)していたので、

こういう場合何をしたらいいのか考え中です(笑)

ダンボール見つめて呆然としてます



そんな中

今回、私が一番衝撃的だったのは

ダンボールでも見積もりの作業でもなく

家の前に停まったトラックに書いてあった大きな文字でした。


「○○の海外引っ越し便」


と書いてあり

「あ~私アメリカに行くんだった・・・」

って再確認させられた気分でした。




船便を出す日まで あと約三週間です。








コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

海外で安心して子どもが学校に通える本 アメリカ編

2008-07-01 | 渡米準備

ちょっとタイトルが長いですが・・・

とっても良い本を見つけました。

すでに赴任されている方のブログに

渡米される際、持って行って役に立った本として紹介されていました。

早速ネットで調べてみると、なんと定価が二千円超

お金が羽が生えたように飛んでいくこの時期に

実物を見ないで買うには気が引ける値段でした(すみません、貧乏くさくて・・・



そこで、早速いつも通り図書館にリクエスト。

行きつけの図書館(居酒屋みたい・・)にない本でも

別の図書館から取り寄せてくれます。

昨日その本を受け取りに行ってきました。



これが・・・予想以上にとってもイイ!!

お買い上げ決定となりました。



内容は、堅苦しい本と言うより

「学校や幼稚園や、友達のことで困った時の会話集」といった形のものでした。



例えば・・・



「慣れない英語に疲れているようで元気がありません」


「昨日は頑張りましたが宿題が終わりませんでした。もう一日時間をください」


「午前中○○子は補習校に行かなくてはいけないので、お誕生日会に少し遅れます」



などなど・・・カユイところに手の届く内容なんです

これぞまさに私の求めていた本

(だって逃げ腰のセリフがたくさん~)


でも親が子供を守ってあげられるフレーズが満載なんです。

もちろん他にもサマーキャンプの申込時、友達とトラブルがあった時の会話集や

病院での会話、学校を休む時の会話など

入学から帰国までしっかりと面倒を見てくれる頼れる本です。



子供のいるお母さんが使える会話ばかりを集めてある本はめずらしいですよね。

予想以上の充実した会話集に、二千円超も安く感じました。

(回し者ではありませ~ん



難点を言えば・・・発行年が少し古いことかな?



  この本にご興味がある方へ  

現時点では、この本はアマゾンでは中古本の取扱しかありません。
(それもなぜか新品より高い!)
私が出版社にメールで問い合わせたところ、絶版ではなく販売している本だそう。
新品は、本屋さんを通しての取り寄せか
出版社から直接購入することができます。
私は出版社からの直接購入を選びました。
まだ実は新品は届いていません(明日あさってには届くはず
送料無料で、代引きの200円だけかかります。

参考までに

海外で安心して子どもが学校に通える本 アメリカ編

<著者> 渡辺道子、道垣内雅子、リビー・ナフィシー

<発行所> ㈱ ジャパン タイムズ














コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

心のすき間にザリガニ

2008-06-28 | 子供の毎日

渡米のため、飼っていた淡水魚をお店に返してからだいぶ経ちました。

大きな空っぽの水槽を見ると

相変わらず折り紙の魚が泳いでいます→折り紙の魚の記事はコチラ

でもやっぱり本物がいないと寂しい。

そんな我が家の心のすき間にチャッカリ入ってきたのが

ザリガニの子供です。

もう帰国するまで、生き物は飼わない予定だったのになあ

特にザリガニだけは臭うから嫌だったんだけれど・・・。

妹ちゃんが学校の授業で捕ってきて、懇願され飼うことになってしまいました



ところが

これが予想に反してメチャクチャ可愛い

だってまだ子供なんです。

とっても小さくて頼りなげ

最初は、こんな質素なプラスチックケースに入れられていました。




でもあんまり可愛くて家族一同夢中・・・そして格上げ




プラスチックケースじゃ可哀想とガラスの水槽になり

酸欠じゃ可哀想とエアポンプ装着。

まだ子供だから遊び場がないと気の毒、と流木まで入れました。

すっかり贅沢な箱入りザリガニです



う~ん、淡水魚がいた時なら絶対飼わなかったはず・・・。

このザリガニの子供は、淡水魚がいなくなり

なんとなく寂しかった我が家に来て、ガッチリと気持ちをつかんだのね。

うまいわ・・・



毎日水替えをする妹ちゃん、かいがいしくお世話をしています。

そういえばヤドカリの時も、淡水魚の時も

一生懸命お世話をしていたのは妹ちゃんでした。



アメリカに行く前には、もといた場所に返してきます。
















コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

きっと助け合える

2008-06-27 | 子供の毎日

今朝、妹ちゃんが忘れ物をして戻ってきました。

いつもお姉ちゃんも含めてお友達4人で学校に通っています。

他のお友達に悪いので「先に行っててね」とお願いしました。

妹ちゃんは忘れ物を用意して、みんなより10分遅れで家を出発。

一人だけで行かせるのは不安だったので(物騒な世の中です・・過保護

みんながゾロゾロ学校に向かって歩いている坂道まで一緒に行きました。



学校に向かって歩く小学生達の大きな流れの中

一人流れに逆らって坂道に立っている子がいました。

こっちを向いて「早く、早く~」と呼んでいます。

お姉ちゃんは10分ほど一人、坂道で待っていてくれたようです。



お互い駆け寄る2人を見て、なんだか安心しました。

きっと大丈夫。

アメリカの小学校に行っても、言葉がわからなくても

2人で助け合えるよね。



「外国で暮らすと家族、兄弟の絆が強くなるよ」

誰かが言っていたのを思い出しました。








コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加