すみれ色ノート ☆☆☆ 乳がん&甲状腺癌を明るく前向きに悲観的に語るブログ

乳がん(左乳房全摘出)甲状腺癌(全摘出)を同時に手術しました。
現在、ホルモン治療中で副作用が少しあります。

乳がんの手術後の傷口がかゆい

2016-10-29 | 乳がん&甲状腺癌の手術後の様子

乳がんの手術(左乳房全摘出)から7か月くらい経った頃の事。

9月に入った頃だったと思う。

乳がんの手術手術後の傷口が

結構かゆい時がありました。

触っても、神経が通ってないみたい・・・というのか、感覚がないでしょう。

どこが痒いのかわからなくって。 

傷口そのものも、触っても感じないです。

どこが痒いのかわからないけど、かゆい。

「もう、やってられない~」

と、その辺を、ペンペンと叩いてみたりしてました。

叩く・・・と言っても、もちろん、そんなにきつくではないです。

「傷の裏側かぁ~!」 みたいな感じで、

傷口の真裏側がかゆいのかしらん・・・と

傷口を軽く掻いてしまったりしてました。

それも、数日か・・・そんなに長い期間でもなかったです。

 

先日の診察で、痒くなることもあるとのことです。

今では、かゆみも収まってます。

傷口は、赤く、ちょっとケロイドみたいな感じになってるので、 痒くて当たり前かな。

ホルモン治療の副作用も少し出ています。

そのお話が次回で。

 

ブログ「すみれ色ノート」に興味を持っていただけたら、

ぜひ、クリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 甲状腺髄様癌の遺伝子検査を... | トップ | 乳がんのホルモン治療の副作... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む