RINKO/DIARY

障害を持つ家族と共にお出かけをすることで、他人事から自分事として意識の変革目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国際障がい者マーク

2017-03-15 20:37:24 | 日記

誰もが目にしている『国際障がい者マーク』

マークが車いすなので、車いすのマークだと思っている人が多いのだとか・・・

車いすの方はもちろんご高齢の方も車に貼っている人をよく見かける。

 

このシンボルマークは、一部の障がい者にしか利用できない場合は、

使用できないらしい。

建築物内の利用可能は、施設の出入り口(例えばトイレ・エレベーター)に表示することは

認められている。

しかし、その場所まで障がい者が支障なく行けなければならない。

しっかり、説明を読んでいると細かい決まりがあることをはじめて知った。

ただ、理解せずに何でも貼ってしまっている私たちが

障害者の外出の妨げになっていることを学習した。

今一度、シンボルマークの意味を理解する必要があるのかもしれない。

障害者が運転するときは、法律で定められた下記マークを車に貼るように記されてる

誰もが生活しやすい街にするためには、

一人一人の理解をもっと深める必要があるのかもしれない。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 参考書通りに行けば苦労しない | トップ | 今・昔 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。