大阪占い師 占術家 梨花 悩まれている方が少しでもすっきりして欲しいです!

大阪市 住之江区内で占いをしております!もし何かで迷っていましたらいつでもお気軽にお問合せして下さい。

生霊とは?

2017-05-19 07:44:39 | 占い
おはようございます(^^)

占術家 梨花です。


皆様は生霊(生き霊)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。一般的に「霊」と言うと亡くなった方の霊魂をイメージするかもしれませんが、この死者の霊を死霊(しりょう)と言うのに対し、生きている方の霊魂が肉体を離れて飛び回るものを生霊(生き霊)と言うのです。「いきりょう」のほかに「せいれい」「いきすだま」などと読むこともあります。死霊と同じように、生霊も何らかの強い念を抱いていると現世に対して影響を及ぼすことがあり、これが霊障となって人を悩ませる原因となるのです。
実はこの生霊が飛ぶという現象は日常的なもので、憎悪や嫉妬などの負の感情だけでなく、誰かを恋しいと思う恋慕の情や、故郷に帰りたいという感情など、何らかの強い感情を念じると無意識のうちに霊魂が生霊となって感情の向かう先の人物や土地に飛んで行きます。場合によっては生霊がそのまま相手の人物に取り憑いてしまったりすることもあります。
何かを考えながら行動をしている時に、目を開けていたのに意識が飛び、気がつくと時間が経っていたという経験や、足を運んでいない場所で知人に目撃されたりした経験はありませんか。もしあれば、それが生霊を飛ばした結果だと考えて間違いありません。このように生霊を飛ばすという行為は日常的によく起こることですから、生霊を飛ばしたからといって心配は不要です。
しかしあまりにも強い情念によって生霊を飛ばし続けると、飛ばした先で生霊が人に取り憑いて危害を加えたり、また大きな力を飛ばしてしまった身体の側が「抜け殻」のようになってしまったりするなどの問題が生じてきます。このような生霊はもはや怨霊と表現するのが適切であって、飛ばされた側も飛ばした側もどちらもその霊障により不幸になることが多いのです。
源氏物語や今昔物語集など平安時代の書物にも、江戸時代の怪談にも生霊に関する記述があり、古くから生霊の存在については認識されていました。また、各地に生霊による現象についての伝承が今も残っています。例えば、人が死に至る数日前に生霊を飛ばしてお礼参りをしたり知人を訪ねる現象について、能登半島では「死人坊(しにんぼう)」、秋田県では「面影(おもかげ)」、青森県では「あまびと」などと違った名前がつけられています。
また、幽体離脱やドッペルゲンガーなども生霊と関係の深い現象です。霊魂に意識が乗ったまま生霊となり、意識が身体側ではなく生霊側にある状態が幽体離脱であると考えられています。また、自分自身の生き霊を目撃するのがドッペルゲンガーであると考えられます。江戸時代にはドッペルゲンガーのように自らの生霊を目撃した後に死に至った例があり、これを「影患い(かげわずらい)」「影の病(かげのやまい)」という病気であると考えていました。

少し体が重い、気分が優れない時は一度お問い合わせ下さいね!




友だち追加

占術家 梨花
対面鑑定¥5000
電話鑑定¥5000
恋愛や仕事でお悩みの方が少しでも気持ちが楽になる様にアドバイス致します。
運気・相性もお調べ致しますのでお問い合わせ下さい。

クリスタルヒーリング
30分お試しコース¥4500
60分コース¥9000 となります。
占いをされてから自分の弱い部分を把握して体験される方も大勢おられます。
完全予約制(女性専用) 13時~最終受付19時
定休日 不定休
最寄駅 四つ橋線 住之江公園
住所 大阪市住之江区内

詳しくは予約の際にお知らせ致します。お問い合わせメール rinka0321☆softbank.ne.jp ☆を@変えて下さい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月18日(木)のつぶやき | トップ | 5月19日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL