林 住 記

あしたはあしたの風が吹く

自治会の総会で

2017-03-27 | 高麗便り

朝から冷たい雨が降り続き、山沿いは降雪予報が出るほどの寒い日になった。
家に閉じ篭っていても居眠りをするだけなので、坂の上の公民館で開催された、団地自治会の定例総会に出かけた。

200席はほぼ満席で、若いじじばばが多く働き盛りはちらほら。
団地の人口は5,025人。65歳以上の高齢者が2,299人で高齢化率が46%の由。この数字はかなり高いらしい。

議事は予定どおり進行したが、議長も役員も総会出席者も素人揃いだから、始めからギクシャク。
案の定、やけに細かい人が重箱の隅を突くような質問をくどくどし、役員がこれまた回りくどい回答をもたもたする。
暖房に茹だった森生には、質疑応答が殆ど理解できず、どうでもいいじゃないかと思った。

その他、築38年の自治会館の増改築や、買物難民移送案件が厳しく指摘されたけれど、森生にはお叱呼問題が切迫。
後半はギロンなんぞは上の空で、密かにやきもきしておりました。

予定を1時間過ぎて、総会は終了。幸いにもダムが決壊することはなかった。
厠で放流している間に、引き続き行われた、新任班長に対する説明会は終わっていた。

班長は輪番制で、14年前にやったことがある。
主な仕事は、回覧板を発送する、赤い羽根募金や自治会費を集金する、団地大掃除に会員を動員する、弔慰金を申請する。
そのほか、運動会やお祭りやフリーマーケットの縁の下働きをする、だったかな?

まぁいいや。自治会を脱会した方がラクだけど、あと1年、これが最後のお勤めになるだろう。
いや、もしかすると94歳にもなって、3度目の班長になる恐れがあるぞ。

自治会の収入に関する話題ですが、近年、資源ごみ回収収入(3,395,000円実績)が漸減している由。
理由は新聞購読世帯が減っているため、とか。へーえ、やっぱりなぁ。
資源ごみ回収収入には市からの報奨金も含まれているらしく、研究分析の余地があるようです。

なお自治会費は年間2,400円です。配布資料によると自治会費収入予算は4,584,000円なので、世帯数は1,910世帯になる。
同じ資料による団地の世帯数は2,230世帯なので、自治会加入率は86
%ということだろうか。
この数値、多いのか少ないのか、妥当なのか。

170327

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの道この道

2017-03-24 | 風に吹かれて

別に用事はないのに、まち歩きをしたい時がある。

そういう時は、山を越えて飯能のまちに出かける。

あの道、この道。普段は近道を選ぶけれど、歩数を稼ぐために回り道をする。

ごたごたした町並み。こういう侘び錆びたまちが好きだ。

170324

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

薬漬け

2017-03-23 | 病院巡り

薬を一カ月分貰ってきた。いや、正しくは買ってきた、だ。

このところ毎日飲む薬は、朝食後5種類、昼食後1種類、夕食後6種類、就寝前2種類である。
オルメテックは朝食と夕食後、イコサペント酸エチル粒状カプセルは3食後、オロパタジン塩酸塩OD錠は朝食と就寝前に飲む。
だから1日に飲む薬は何種類かと問われれば、答えは「分かりまへん」ですな。お暇な方、教えて下さい。
何錠飲むかは合計でよく、14錠になると思う。違うかな?

薬の目的は、高血圧を下げる、血液をサラサラにする、中性脂肪を下げる、アレルギー性鼻炎を抑える、痰を切るだったはずだ。

種類が多過ぎて、今や何のために飲んでるのか、わけが分からなくなっている。
いくら薬を飲んでも、坂道では心臓が苦しく、朝起きるのが辛く、日中は眠く、最近は背中が痒い。
これらの諸症状は薬の所為ではなかろうか。

本当は他にも軽い脳梗塞の疑い、頻尿や眼病、歯周病などがあるけれど、医者には行かない。
これ以上薬を飲んだら腹が膨れて、死ぬと思っているからだ。

種類があまりにも多く、錠剤のままではとても管理ができません。
それで薬局に「一包化」をお願いしています。

170723

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「安倍三代」を読もう

2017-03-22 | やぶにらみ

安倍晋三が嫌いである。

今週の週刊文春(3月23日号)の書評欄に痛快な書評が載った。
書評の対象になった本の名前は、

  「安倍三代」青木理著・朝日新聞出版)

で、武田砂鉄という人が評者になっている。

本の内容は、安倍晋三の父方の祖父・安倍寛、父・安倍晋太郎、そして安倍晋三の順序で書かれた3人の評伝である。
評者は以下のように書いている。

  評伝は後になるほど濃厚になるが、この本では薄くなる。
  それは安倍晋三に、語るべきことが無いからである。

  晋三が卒業した成蹊大学名誉教授・加藤節は、彼を「二つ意味でムチだ」と評する。つまり「無知と無恥だ」と。
  
恩師は「私の国際政治学の授業をちゃんと聞いていたのかな」と涙ぐむ。
  
安倍家の近所に住む古老、政略入社した神戸製鋼時代の上司、菩提寺の住職などによる晋三談は朧げだ。
  
晋三に気概も努力も感じられないのは何故か、と問われた私人・昭恵夫人の回答は意味不明で呆れる

等々、安倍晋三に対する悪評がてんこ盛り。

この本では、安倍晋三の父・晋太郎、父方の祖父・寛については好意的に書いているようだ。

  安倍晋三の父方の祖父・寛は反戦の政治家として軍部と闘い、貧者救済を訴えた。
  平和憲法を擁護し、リベラルな姿勢を貫いた父・晋太郎はその父・寛を終生誇りにした。
  憲法改正を目論む安倍晋三は、母方の祖父・岸信介への傾倒を頻繁に語るが、父方の祖父・安倍寛を語らない。

評者の武田砂鉄は、書評の最後を以下のように締めくくっている。

  恩師を涙ぐませる宰相は、その薄味と反比例するように、国の定規を強引に転換させている。
  周囲に募る虚無感と本人が投じる強権とが合致しない。
  その乖離に誰より彼自身が無頓着なのが末恐ろしい。

   

  森生は安倍晋三が嫌いである。晋三というより千三(せんみつ)と言ったほうがいい。
  あのぺらぺら・せかせかがTVに写るとチャンネルを変えてしまう。礼賛本など焚書してしまえ、と思っていた。
  しかしこの書評を見て「安倍三代」を読んでみようか、と思い始めたところである。

   170322

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最後の作業

2017-03-21 | 親方ひとり

朝から雨が降っている。
年齢肌が少し潤ってきたような気がする。

この3日間は連休だというのに、362日連休だったおじぃさんは、朝から晩まで庭作業に明け暮れていた。
作業は、椿や山茶花や沈丁花など常緑樹の刈込と枝透かしと、降り積もった枯葉の清掃だった。
成果は大型ごみ袋8個にもなった大量の枝切れや枯葉。
もぅくたくたであります。

昨年の秋のはじめに、怪我をして動けなくなった時には、庭の作業はもぅ止めようと思っていた。
しかしまた春が来て、花が咲き、若芽が動き出すと、老骨もそわそわし始め、季節外れの作業になった次第た。

そして、これが最後の刈込や枝透かしになるだろうと思うと、つい作業に熱中してしまった。
今朝は予想どおり腰が痛く、股が張り、動作がギクシャクする。

そこにお誂えの雨降りだ。

   ・雨の日はひねもすのそりのそりかな・
                        ..........森生

170321

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春はいらいら

2017-03-17 | 高麗便り

高麗の里は、いま、梅が満開である。
さんしゅゆも線香花火のような花が開き始めた。
辛夷も椿も沈丁花も木瓜も、何もかもがあちこちで一斉に咲き始め、紫陽花の新芽は美しく、雪柳は健気である。

だけど、ちっともこころウキウキしないのね。
壊れた一眼レフの跡継ぎとして買ったコンデジが、思うとおりに働いてくれないからだ。
カメラを持つたびにイライラする。

ファインダーより大きいので見易いと思った液晶画面は、じじぃのむさい顔が写り込み、被写体が見えないのよ。
あてずっぽうに、シャカシャカとシャッターを押すしかないのだ

また、花を大きく写そうとすれば肝心の花はボケボケ。背後の藪やガラクタがやけにクッキリ写ってしまう。
ピント合わせは全てカメラにお任せで、手動でピント合わせができない機種だった。

更に、冬眠から眼覚める山並も、うららな里山の風景も、遠く遥かに小さく縮んで写る。
闇雲にズームアップすれば被写体が行方不明になり、ようやく見つけても手振れが甚だしい。

通販で買ったコンデジは、不必要に機能が満載だった。これでは使い方がアタマに入らない。
過ぎた便利は却って不便で、もぅ絶望的であります。

そういうことで、林住記に掲載する写真は当分の間、在庫写真か画像検索で見つけた借りもので間に合わせることにした。
たまたま運よく写った、まぁ使える写真は使うけどね。

高麗の里の最新風景は、同じ団地の方らしいhermesさまの「デジカメ写真集」をお勧めします。
下のURLをポチッと押すだけで、日替わりの見事な写真が表れる。あやかりたいものだ。

    http://hermesno1.exblog.jp/

    

     ▲いささか持て余している新しいカメラで、型式はCanonのPowerShotSX530HSです。

     170317

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美人の条件

2017-03-16 | 歌の翼に

むかし、美人の必要条件は明眸皓歯だった。イマ風に言えば、パッチリと明るい目玉に白い歯並びである。
森生は古い人間だから、碧い目玉はゴメンで、黒い瞳でなくてはならぬ。特に赤毛金髪はだめ。
歯はただ白いだけでなく、口は小さく、歯並びが良いのがいい。

それを近頃はなんですか。
ベッキーとか春香・クリスティーンくらいまではいいよ。
碧い目じゃないし、日本語が流暢だからね。

昔はいい歌が多かった。(外国語が分からないので)明眸皓歯を歌った(と思われる)歌が多かった。
例えば、

    スパニッシュ・アイズ (エンゲルベルト・フンパーディング)

    黒き汝が瞳 (フランク・永井)

    黒い瞳のナタリー (フリオ・イグレシアス)

    などなどです。如何でせうか?

    スパニッシュアイズで見せてくれる「金髪碧眼」の諸嬢も悪くないね。
    但し「ブルー・スパニッシュアイズ」って歌ってるようだし、実際、碧い目もいる
    移り気でどうもすいません

     170316

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昼食は山を越え

2017-03-15 | 風に吹かれて

春はうららの上天気。マックのテリヤキバーガーを食いたくなった。
わがまちのマックは地の果てにあり、飯能のマックは山を越え、頑張れば歩いて行ける場所にある。

尾根筋の山道は避け、谷筋を歩く。道祖神を過ぎると、突然、西武電車の車両基地が広がる。
ここはじいじが孫を連れてくる特等席だ。

国道に出て、家から1時間と少し。すでに腹はぺこぺこ。
昼飯時を外して行ったのに、生憎、マックは満席だった。怒鳴るぞ。

空腹でふらふらと更に30分。ようやく辿り着いた飯能駅近くのファミレスは空いていた。
ポタージュとサラダはともかく、ナポリタンはトマトケチャップが尖がっていた。

この程度だったら、うちで冷凍食品をチンした方がず~と良かったようだ。
、こういう日もあるさ。

いちばん下の古い建物は、ファミレスの隣にある飯能市の有形文化財です。

170715

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お次はオルニチン

2017-03-14 | 林住期

実はこのところ、体調が悪い。
いくら寝ても睡眠不足感が強く。実際、日中うつらうつらしていることが多い。
また、すぐ息切れして、歩くことが酷く辛くなった。
だからやる気も起きない。

何を隠そう森生はね、あの加山雄三クンと県単位で同郷の同い年である。
加山クン、若いねぇ。しかもいつまでも幸せそうで、羨ましい。

あの若さのヒミツを考えていたら分かりました。
生涯現役という意志なんかじゃなく、サントリーのセサミンのおかげだったんです。

実は森生だって数年前サントリーのセサミンを連日服用していたのだ。
高い代金を払うので3度の食事は粗末にし、規則通りに飲んでいたのだ。
しかし一向に効果が表れず、体力気力は衰える一方なのでセサミンは止めました。
カレは特製のセサミンを大量に飲んでるはずだ。

最近オルニチンの広告も多いようだ。
やくみつるさんが効き目を保障してるけど、やくさんの場合、加山クンほど説得力がないね。見た目がむさくるしいもの。
けれども初回に限り試供品として「500円」と、森友学園ほどではないが、べらぼうな割引価格だ。

加齢に溺れる森生にとって、オルニチンは藁同然。早速試してみようと協和発酵にネットから申し込んだ。
即、返事があった。

  過去にご購入されているため購入できません。

だとさ、ふんっ。

やくみつるさんの冴えない写真の下に小さく「個人の感想であり実感を保証するものではありません」と書いてある。
全くそのとおりであり、オルニチンも加齢の速度には敵わなかったのだ。

それでもセサミンをお求めの方は、こちらをどうぞ。
いやオルニチンにしてみたいという方は、こちらをどうぞ。

170314

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三爺の会

2017-03-13 | 林住期

3爺が集まった昼食会は愉しかったなぁ。
会場は西武所沢駅ビルにある中華レストラン「獅子」だった。

3爺はそれぞれ別々の3定食を注文し、3枚の取り皿に3定食のおかず部分を3等分して食した。
それぞれのおかずの分量は3分の1に減るけど合計は変わらず、種類は3種類のおかずになる、とい文殊の知恵のわけ。
まだ昼間だから世間に遠慮し、ビールは大瓶を1本を3等分。

3人それぞれにサラダとスープと、デザートに簡易杏仁豆腐みたいなのが付くから、分量だって不足はない。
これで1人あたり1330円余りの支払だった。満足満足。

食後のお茶は河岸を変え、プロペ通りの奥にある隠れ家的ガタピシなカフェ「ペルレイ」で。
ペルレイとはイタリア語で「あなたのために」の由。このカフェ、侘び錆びていい雰囲気です。

何を話したかもぅ忘れたけれど、獅子から続いた話題は森羅万象古今東西聖俗混交だったと思う。
珈琲1杯で3時間近くも喋っていられたんだから。

帰りは学生の下校時間に重なり、西武電車は混み始めていた。

車内で吊革にぶら下がり、よろよろしていた3紳士を見たあなた。
それはわれわれ3爺だったのデス。

特にまだ先が長い高校生諸君にお願いがある。
今度われら3爺を見かけた場合は「さり気なく」座席を譲ってくれたまへ。
さり気なく、だからね。

挿絵は蕭白「虎渓三笑図屏風」より。

170313

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

身嗜みパジャマ

2017-03-10 | 林住期

寝る前には、風呂に入る。
昼間着ていた服を脱ぐ前に、パジャマを揃えておかなければならない。
だが昨夜は、風呂から出た時に着るパジャマの、下がなかった。

あちこち探したけれど見つからない。
猫額亭と気取るくらいだから、部屋数は僅かなのに見つからなかった。

仕方がない明日探そう、今夜は別のパジャマだ、と脱ぎはじめたら......。

  あった! 朝から穿いてたんだ!

  ということは.......... 今日は、まちで知り合いには合わなかったよな、とほほ。

こういう寝起きの不注意によるみっともない事態は、なるべく避けたいものである。
おじぃさんには、朝起きて直ぐから身嗜みが必要だ。

170310

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

めげない昭恵夫人

2017-03-09 | うわごと

昭恵夫人が後悔の席、じゃなかった公開の壇上で、ご自分のこと、旦那さまである晋三さんのことなどを話された。
明るくほンがらかで、全然めげておられず、悪口を書いたじじぃは安心した。

昭恵夫人は「忖度」なんぞとは無縁で、幼児のまんま。頗る付きの「KY」夫人だった。
その昭恵夫人にカリカリせず、むしろリセットする晋三さんて偉大だ。

  ご夫妻のより一層のご発展(×テン)をお祈りします。

最近、森友学園・慎太郎暴走老人・金正男暗殺・ミサイル発射など話題が氾濫し、ネタ切れの日々がウソみたいだ。
だったら「林住記」の記事更新を日に2回すればいいと言われるかもしれないが、そうは問屋が卸さない。
ネタが多過ぎるため気が散って、記事を書くヒマがないのであります。

  ゴーストライター、いないかなぁ。

     

  そうだ! 他人の褌をお借りする手もある。

そういうわけで、最近、愉快に読んだ「木走日記」さまをお勧めします。

      鴻池こんにゃく先生のことはこちら
      リリーいじわるばぁさんと、慎太郎死に損ないじじぃのことはこちらをどうぞ。

          笑える写真は「NEWSポスト セブン」さまの記事から転写させていただきました。

             170309

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

忖度でんでん

2017-03-08 | やぶにらみ

安倍晋三首相のことを「でんでん」という人たちがいるんですね。
何故「でんでん」なのか。それは国会答弁で、官僚が書いた「云々・うんぬん」を「でんでん」と読んだからでした。
これは人偏・にんべんが付く「伝々」と見違えたようで、晋三さんは老眼鏡が必要な年齢なんですぞ。
それにしても「でんでん」とはどういう意味なんだろうか。謎が多いヒトだなぁ。

それはともかく。
晋三さんは「忖度・そんたく」が読め、意味も分かっているようだった。さすが、老眼鏡世代だ。
学習院大卒の麻生太郎さんは「未曾有」が読めず恥をかいたのに比べれば、成蹊大の卒業生は優秀だ。拍手。

前置きが長過ぎた。晋三さんは国会で民進党の福山先生から、

  国有地を破格値で売ったのは、昭恵夫人が名誉校長だったのを、役人が忖度したのではないですか?

と質問されたら、またまた激怒して、

  妻を犯罪人扱いにしないでくださいっ。
  誰か、妻のことを「忖度」した事実はあるんですか。あるなら1例でもいいから出してくださいよっ。

不肖・森生は驚いた。
日本中に「忖度」は空気のように充満してていることを、晋三さんは、老眼鏡世代になっても知らなかったのだ。
我が国では、会社も役所も「忖度」を重ねた人だけが、しかるべき役職に就けるのである。
安倍さんがこんなにも長く「でんでん」でいられるのも「忖度」のお蔭なのだ。

そして「忖度」は空気だから、証拠として国会に提出できないわけです。

恥ずかしながら森生は「忖度」という言葉をよく知らなかった。
電子辞書によると「忖度=他人の気持ちを推し測ること
。推察。」であります。
使い方としては「天皇陛下のお気持ちを忖度しない安倍政権」という使い方ができるようです。

先頭写真の石渡いくよ創作猫人形「でんでん太鼓」をお求めの方はこちらをどうぞ。

170308 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

がんばる煎餅

2017-03-07 | 拍手

 

全国農業協同組合連合会(全農)が、回転ずし最大手スシローに40億円出資する。
目的は、スシローの店舗網拡大を株主として支援し、全農が卸すコメの消費拡大を図るためだ。賛成だね。

コメが売れなくなった、と聞く。
そりゃそうかもしれない。じじぃだってご飯を食べるのは1日1回以下。しかも分量は極めて少なくなった。
ただ、それは白米ご飯のこと。冷凍食品のリゾットやピラフなんかは結構食べている。

最近、煎餅の進化と変化が著しく、チーズ・レモン・コンソメ・カレー・梅干しなど、味の種類が増えてきた。
固さだって、歯茎で嚙める煎餅があるもんね。

じじぃとしては銀シャリご飯はもぅ無理だ。
でも柔らか煎餅やおかき、おじややリゾットならコメ消費増に、まだ協力できると思う。

ばかうけ・ぽたぽた焼き・雪の宿・ハッピーターンなどが、続々と新製品を発売し、どれもうまい。
播磨屋・新潟味のれん本舗・小倉山荘などはおいそれと買えないけど、時々取り寄せ、知人に差し上げたりしています。

全農はいつまでも補助金をあてにしてないで、自らコメの販路を拡大しよう。
寿司・煎餅だけでなく、洋食・洋菓子業界もいいと思うよ。
小泉進次郎若先生に協力してね。

鉢巻煎餅はお煎餅の通信販売「せんべいラボcom」さまから拝借しています。
いろいろのお煎餅は「GirlsChannel」さまからお選び下さいね。
先頭の煎餅は「雪の宿」です。

170307

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慎太郎ざむらい

2017-03-05 | やぶにらみ

    

豊洲問題に関する石原慎太郎元都知事の記者会見は、情けなく、みっともなかった。
もう何日も前から、勇ましいことを言ってたのに、晩節を汚す見本ですな。  

  ・逃げるのがいちばん嫌いなんだ。知ってることは全部話す。

  ・座して死を待つつもりはない。百条委員会まで待てない。

  ・果し合いに出かける侍の気持ちだ。

とかなんとか凄まれたら、誰だって期待しますね。
ところが石原慎太郎じじぃときたら、イザとなったら腰砕けもいいとこ。
 

  ・知らない、聞いてない。

  ・私は専門家じゃないので部下に一任していた。

  ・知事としての責任はあるが、都庁職員全員の責任でもある。

ここんところは、

  ・一切の責任は私にある。以上っ。

と言って皺腹を掻っ切ったらサムライを自称してもいい。どうも右寄りのお侍は、全体にいざぎよくないね。
そういえば昔から

  ・弱い犬ほどよく吠える。

と言われている。
会見中、目がヒクヒクしていたのを見ても分かるとおり、このじぃさん、実は神経質で弱虫なのだった。

新銀行東京、尖閣諸島、豊洲移転など、若い頃の障子紙破りから始まり、青嵐会以来世間を騒がせただけ。
政治家としての功績、小説家としての業績に何があったのか思い浮かばない。
セガレたちだって、親の威を借る出来損ないばっかりだ。

伸晃以下石原3兄弟は、このじじぃの頭を剃り、高野山に閉じ込めることだ。

170306

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加