林 住 記

あしたはあしたの風が吹く

忖度でんでん

2017-03-08 | やぶにらみ

安倍晋三首相のことを「でんでん」という人たちがいるんですね。
何故「でんでん」なのか。それは国会答弁で、官僚が書いた「云々・うんぬん」を「でんでん」と読んだからでした。
これは人偏・にんべんが付く「伝々」と見違えたようで、晋三さんは老眼鏡が必要な年齢なんですぞ。
それにしても「でんでん」とはどういう意味なんだろうか。謎が多いヒトだなぁ。

それはともかく。
晋三さんは「忖度・そんたく」が読め、意味も分かっているようだった。さすが、老眼鏡世代だ。
学習院大卒の麻生太郎さんは「未曾有」が読めず恥をかいたのに比べれば、成蹊大の卒業生は優秀だ。拍手。

前置きが長過ぎた。晋三さんは国会で民進党の福山先生から、

  国有地を破格値で売ったのは、昭恵夫人が名誉校長だったのを、役人が忖度したのではないですか?

と質問されたら、またまた激怒して、

  妻を犯罪人扱いにしないでくださいっ。
  誰か、妻のことを「忖度」した事実はあるんですか。あるなら1例でもいいから出してくださいよっ。

不肖・森生は驚いた。
日本中に「忖度」は空気のように充満してていることを、晋三さんは、老眼鏡世代になっても知らなかったのだ。
我が国では、会社も役所も「忖度」を重ねた人だけが、しかるべき役職に就けるのである。
安倍さんがこんなにも長く「でんでん」でいられるのも「忖度」のお蔭なのだ。

そして「忖度」は空気だから、証拠として国会に提出できないわけです。

恥ずかしながら森生は「忖度」という言葉をよく知らなかった。
電子辞書によると「忖度=他人の気持ちを推し測ること
。推察。」であります。
使い方としては「天皇陛下のお気持ちを忖度しない安倍政権」という使い方ができるようです。

先頭写真の石渡いくよ創作猫人形「でんでん太鼓」をお求めの方はこちらをどうぞ。

170308 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がんばる煎餅 | トップ | めげない昭恵夫人 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

やぶにらみ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事