林 住 記

あしたはあしたの風が吹く

春は足踏み

2017-02-22 | 高麗便り

猛烈な北風が吹き荒れた。
厚着をして外へ出たけれど、吹き飛ばされそうになり、直ぐ引き返した。

  金正男さん暗殺事件の推理をまた見ながら、貧乏ゆすりに励んでも、歩数は稼げませんね。

  それもそのはず、貧乏ゆすりの振動は胸ポケットに入れた歩数計には伝わらない。歩数計は足首に装着すべきだった。
  貧乏ゆすりの効果は、どうもどちらか片方の膝下にとどまるようです。

春は足踏みをしている。
それならばおじぃさんも足踏みをしよう、と思った。

  ♪ 幸せはー 歩いて来ない だぁから休まず歩くんだぁ・・・

すぐに馬鹿馬鹿しくなって、足踏みは止めた。その結果、一日の歩数はたった563歩だった。

  ところで、話は暗殺事件の推理に戻ります。
  マレーシア駐在の北朝鮮大使は、心労で眠れないだろうね。南に亡命するかもよ。

   170222

ジャンル:
お天気
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 君子と雨どい | トップ | やはりめでたい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

高麗便り」カテゴリの最新記事