林 住 記

あしたはあしたの風が吹く

最後の作業

2017-03-21 | 親方ひとり

朝から雨が降っている。
年齢肌が少し潤ってきたような気がする。

この3日間は連休だというのに、362日連休だったおじぃさんは、朝から晩まで庭作業に明け暮れていた。
作業は、椿や山茶花や沈丁花など常緑樹の刈込と枝透かしと、降り積もった枯葉の清掃だった。
成果は大型ごみ袋8個にもなった大量の枝切れや枯葉。
もぅくたくたであります。

昨年の秋のはじめに、怪我をして動けなくなった時には、庭の作業はもぅ止めようと思っていた。
しかしまた春が来て、花が咲き、若芽が動き出すと、老骨もそわそわし始め、季節外れの作業になった次第た。

そして、これが最後の刈込や枝透かしになるだろうと思うと、つい作業に熱中してしまった。
今朝は予想どおり腰が痛く、股が張り、動作がギクシャクする。

そこにお誂えの雨降りだ。

   ・雨の日はひねもすのそりのそりかな・
                        ..........森生

170321

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春はいらいら | トップ | 「安倍三代」を読もう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む