林 住 記

あしたはあしたの風が吹く

自称「仕事人内閣」の嘘

2017-08-09 | やぶにらみ

安倍晋三が自称する「仕事人内閣」という嘘に騙されてか、内閣支持率が少し上がった。
信頼を回復する、丁寧に説明する、などと約束しながら、加計孝太郎や稲田朋美を匿い続ける安倍千三つである。
どこまでも甘い、治め易い国民だ。

その「仕事人内閣」に早くもボロが出た。嘘内閣のバカ正直、江崎鉄磨沖縄・北方領土担当大臣である。
本当は大臣に就任したくなかったのに、二階俊博親分に𠮟られ、仕方なく就任したそうだ。

  北方領土問題については何も知らない素人です。
  
自分はもう老人で、もっと有能な若い人がいる。大臣就任は荷が重い。
  国会答弁は、立ち往生するといけないので、官僚が書いた原稿を朗読します。

いやはや、安倍も安倍なら二階も二階である。
こういう老いぼれを国会に送り込んだ愛知県10区(一宮市ほか)の選挙民は、さっさと身柄を引き取ってくれないか。

安倍をよいしょする田崎史郎ですら呆れて「嫌なら辞めな」と匙を投げている。

江崎の初仕事は沖縄訪問だった。県知事への挨拶は原稿朗読だった。県側の対応は庶務係長で十分だ。
プーチンに会わせたら、知床半島を盗られちゃうだろう。

江崎の釈明なんか聞いてもしょうがない。
むしろ安倍晋三の釈明を聞いてみたい。次はどんな嘘をつくだろうか。

  

  ついでに書き加えます。

  小池百合子都知事の相棒、若狭勝衆議院議員が「日本ファーストの会」を設立した。

  この先生、失礼ながら色事師か詐欺師のような風貌である。
  始めは清新な感じがしないでもなかったが、二人は安倍晋三と同類なんではなかろうか。
  こう騒いでばかりいると、そんな気がしてくる。

  都民ファーストとか日本ファーストとか、紛らわしいだけでなく極右臭い。ネーミングを安倍晋三に頼めばよかった。
  トランプ大統領の「アメリカファースト」の真似だろうが、真面目に仕事をしなさい。

始めのかぼちゃは北海道サロマ町産「くりかぼちゃ」です。
冬至用なので写真のようになるか、お天気次第です。

二つのかぼちゃは茨城産の「坊ちゃん」というブランドかぼちゃです。
だけどこの二つは、規格外品なので値段が付けられない、と業者は釈明しております。

170809

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« のろのろ台風 | トップ | この夏いちばん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

やぶにらみ」カテゴリの最新記事