林 住 記

あしたはあしたの風が吹く

強行採決

2017-06-16 | やぶにらみ

朝日新聞には「共謀罪法成立」の大きな文字が躍っている。
政府のご用新聞・読売新聞はどう報道しているのだろうか。

じじぃにはややこしい理屈は分からない。
しかしよく分からない「中間報告」とかいう策略を使ってまで強行採決をしたのは、やはり穿られたくない事情があったのだ。
それが加計学園疑惑隠しであることは、じじぃにもよく分かる。
悪代官・二階俊博は「違法じゃないから採決強行ではない」と言い切っている。

いずれにしても共謀罪法は成立した。
次の選挙まで今回の経緯を覚えていて、自民・公明・維新を叩き落とさなければならない。

蓮舫は白いスーツを泥まみれにしてもっと働け。
そして政権を奪回し、共謀罪を廃止すればいい。
.......まぁ、そんなことはできない相談だろうが。

検察と対立する日本弁護士会が共謀罪に反対することは「さもありなん」と思う。
だが日本ペンクラブまでがこの法律に反対している
難しいことは分からないが、やはり危険な法律なのだろう。

安倍晋三の独善と狡猾が極まってきた。
しかし、

  ・人柄が信頼できる。

  ・実行力がある。

  ・ほかの内閣よりいい。

ので支持率は高い。

どうせじじぃはお終いだ。行くところまで行けばいい。
堕ちるところまで堕ちればいいさ。

   安倍千三つ・菅義偉・金田勝年・松野博一・二階俊博などの人相が悪い。トランプ以下である。蓮舫もだ。
   連中の顔を見たくもないが、加計学園の理事長の顔も意見も出てこないのはどういうわけだ? その後の森友もだ。

   170616

ジャンル:
むかつく
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 業界言語 | トップ | 山奥うどん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む