林 住 記

あしたはあしたの風が吹く

母の日の歌

2017-05-15 | 歌の翼に

きのうは母の日だった。
毎年、母の日前後に思い出し、聴く歌がある。
それは、

    ♪ わが母の教えたまいし歌

である。

ドボルザークが作曲したこの歌を初めて聴き、心打たれたのは今から半世紀も前だった。
LPレコードでは、スペインのソプラノ歌手ヴィクトリア・デ・ロス・アンヘルスが、ドイツ語で歌っていた。

亡くなった母から、歌を教わった記憶はない。母が歌うのを聞いたこともない。
それでもこの歌を聴くと、当時、歌う余裕なぞなかった母を思い出す。

曲はジプシーの旋律が入っているそうで、愁いを含み美しい。
そして歌詞はごく短く、深い。

Youtubeでは多くの歌手が歌っておりますが、50年前、初めて聴いて感動させられたのは、アンヘルスの歌でした。
歌詞の日本語訳はこちらをご覧ください。

170515

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池袋駅西口 | トップ | 大声で思い出 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カーネーションの色に (BB)
2017-05-15 10:47:37
はじめに掲げられたモノトーンのカーネーションと
後に置かれた深い色合いのカーネーションに、
母上への思いを勝手に偲んでいます。
あの歌の哀調は、亡き母を思う時の多くの人の気持ちなのかも。
BB亡きあとは、たぶん、ゼンゼンそうならない気がしますけどね。
ジーンと来た (Hじじ)
2017-05-15 17:39:55
森生さん紹介の歌は初めて聴いた。心に直に響く歌です。涙腺がゆるんでくるようだ。
母が亡くなって44年(父は28年)経ったが懐かしい想いはいつも。
あと何年か後には会えると思うが、それまでは精一杯がんばろう。
大丈夫 (森生)
2017-05-16 08:52:13
BBさま
大丈夫 思い出してくれますよ
綺麗に手入れした芝生の上で 焼き芋パーティをする度に

すみません 
白い写真は婦人肌着の通販サイトから 下の写真は花屋さんの通販サイトからお借りし パソコンで加工したものです
涙腺 (森生)
2017-05-16 08:57:30
Hじじさま
この歌を聴くと 大抵の人の涙腺が緩みますね
誰にも 母親は特別な存在のようです

  孝行をしたい時には母はなし

亡母を思い出す度に 後悔しております

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む