りんごの里から

毎日の出会いの写真をお届けします。

チョウゲンボウ

2016-10-17 | 野鳥
午後から、学習発表会の代休で家に来ていた孫と買い物を兼ねてドライブ?

まず、呉羽山へ新幹線(立山は雲隠れ)孫の父親(次男)は某ゼネコン勤務、新幹線工事の一区間を担当、現在は金沢から向こうを。


続いて、城山へ。新湊大橋と富山湾。雲の色が?


買い物を終え、地元の田尻池へ。ちょうどオオハクチョウのお世話をなさっておられる藤田さんが来ておられ、
池にヒシが増え、困っているので干しているとのこと。
先日のK新聞に載っていたコハクチョウ、その日の朝田尻池の上空を舞っていた二羽(水が入っていないので下りられなかった)ではないだろうかと…


烏瓜が真っ赤になっていました。


開ケ丘で、チョウゲンボウがバッタ?を食事中。先日の鳥でしょうね。時折辺りを見回していました。逆光でイマイチですが




明るくしすぎました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 住民感謝デー | トップ | 銀木犀が盛り »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
チョウゲンボウ (ぜんち)
2016-10-18 01:46:03
この鳥を初めて撮った時のことを思い出しました。
歌のタイトルは忘れてしまいましたが、♬き~みとでああった、香林坊の~、というところをチョウゲンボウの~と口ずさんでいました。何度も何度も。よほど嬉しかったのでしょう。
お孫さんと (三井そえ)
2016-10-18 02:42:19
お孫さんと充実した時間を過ごされて良かったですね。
『苦ないがぜ‼️』 (横浜のけんちゃん)
2016-10-18 08:30:58
藤田さん、ご健在で良かったです。

さてタイトルですが、Y新聞首都圏版の番組解説ページにて …。
CM紹介で、森永製菓の新発売のチョコを食べて、西島秀俊さんのセリフ…。
富山弁だそうです (#^.^#)
不覚にも、“気にもかけない”ままにスルーでした(*≧∀≦*)

セリフの全ては、『こ、ぜんぜん苦ないがぜ!』ですが、大人の男性が友人に話す設定です。
普段、自分が話すとしたら『これっ、ぜんぜん苦ないがねぇ!』か、『これ、ぜんぜん苦ないがにかぁ!』だよねと思いながら、読んでいました。
富山弁も、会話する年代とか性別、近しさ、地域などでバリエーションがあるんでしょうね。
ぜんちさんへ (りんごの里から)
2016-10-18 17:21:25
こんにちは。
ホバリングしているチョウゲンボウ 何度も追っかけたものです。今では、ここではポピュラーな鳥さんになりました(一冬、家の屋根下に宿代りに来た嬉しい年がありました。あの鳥はどうしているかな…)
コメントいただきありがとうございました、
そえさんへ (りんごの里から)
2016-10-18 17:24:35
こんにちは。
いつもご主人さまとご一緒にお出かけ、うらやましい限りです。

孫とお出かけももう少しでしょうね…(お姉ちゃんは部活です…)

今日の昼間の雨すごかったですね。
コメントいただきありがとうございました。
横浜のけんちゃんへ (りんごの里から)
2016-10-18 17:31:25
こんにちは。
>…森永製菓の新発売のチョコを食べて、西島秀俊さんのセリフ…。< 全国区になりましたね(@@;) こういうので富山が話題になるのはいいですね。ありがとうございます。最近はマイナスイメージですね…(恥ずかしいかぎりです)
『こ、ぜんぜん苦ないがぜ!』 ちなみにりんごは『こ ぜんぜん苦ないがやぜ!』かな? 呉西、呉東また地域によっても違うようですね。
コメントいただきありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む