林檎乃「とほほ・・・。」ブログ

林檎乃麗の「とほほ・・・。」な日常を綴っています。 

熊野前「レストラン山惣」

2017-05-15 | 飲食店

4月29日土曜日、昭和の日に都電荒川線の車両取材に行ったが、
その昼食に入ったのが「レストラン山惣」である。
ここは事前にネットで調べて見つけた洋食店で、
熊野前電停から尾久橋通りを北上して距離にして263mの位置にある。
ランチ営業は11:30a.m.からで少し早めに着いた時にはまだ準備中だった。
少し当たりを散策して時間を潰し、11:30a.m.ちょうどに店に向かったら、
どこかのツーリストが集団で来店していて、それに併せて開店した。
店内の中央にあった大テーブルを事前に予約していたみたいで、
開店と同時に店内の6割以上が埋まってしまった。
その後も次々に来客があり、店を出る前に既に満席になってしまった。
以前は2階で営業していたようで、そのための入り口も別にあった。

 

こちら側は既に閉鎖されていたが、外から見ても入り口を入ると階段があると分かる。
店の前には旗が立っていて、そこには煮込みハンバーグが紹介されていた。
そのためオーダーは煮込みハンバーグ1,100円、お食事セット324円などオーダーする。
ツーリストの団体客がいたので時間がかかると思ったが、
早めにオーダーを通したためか、それほど待たずに料理が提供される。

 

煮込みハンバーグは想像通りの美味しさで、
肉の旨さが閉じ込められたハンバーグと特製のデミグラスソースがよく合う。
メニューには「ハンバーグを召し上がった後は、
お好みで器にライスを入れて当店自慢のソースを最後までご堪能下さい。」と書かれている。
確かにソースに絡めたライスもそれだけで十分に美味しい。
お食事セットはライスとミニサラダで、ライスはパンに変更することも出来る。

 

店内の中央の大テーブルに陣取っていたツーリストとスタッフの会話が聞こえてきたが、
何故、都内の観光プランは平日が多いか質問したところ、
同行スタッフの答えはどうしても土曜、日曜はランチ時間に予約を取れる店がないとのこと。
旅行客が納得してくれるような名店は土曜、日曜は混雑するので団体の予約は断ることが多いようだ。
ハンバーグを喰った後に残ったソースもライスで十分に堪能して店を出た。
見掛けは重厚な感じの店構えで、店内も落ち着いた雰囲気だったが、
会計システムは最新型でレジもタブレットの画面を使用、
最初からテーブルに置いてある少し重めの札をレジに持って行って会計する。
注文は全てタブレットに打ち込んであるようで、手書きの伝票はなかった。

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都電荒川線-東京さくらトラ... | トップ | 御徒町「スパゲティーのパン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。