林檎乃「とほほ・・・。」ブログ

林檎乃麗の「とほほ・・・。」な日常を綴っています。 

交通遊園と相模線完乗の旅4.

2017-05-26 | 鉄道・旅行

 4.JR相模線の乗り潰しと鰺の押寿しと缶ハイボールの相性

京王電鉄調布から相模原線に乗り換えて35分の乗車で終点まで行く。
橋本駅で下車して初めて知ったのだが、乗っていた車両は10-300形だった。
都営新宿線がここまで直通していることを再認識させられた。
京王の改札を出ていったん外に出てからすぐにJR橋本駅の改札に入場する。
JR橋本駅は横浜線の所属駅だが、相模線も接続している。
横浜線は横浜鉄道が敷設、相模線は相模鉄道が敷設したもともとは私鉄だったのだが、
鉄道国有法によって国有化され、国鉄路線となり、
国鉄分割民営化によってJR東日本の路線となった。
相模線は国鉄分割民営化後の1991年3月16日に電化され、
その時205系500番台が投入された。

 

205系は国鉄からJR東日本、JR西日本にかけて製造された車両で、
新造された205系としては最後の車両であり、
また従来の205系が10両編成や11両編成の長編成なのに対し、
相模線は4両編成で電動車ユニットが一つしかなく、
またそれに併せて前面デザインを大幅に変更、
一見すると私鉄の車両のようにも見える。
車体もステンレス製で抵抗制御を採用しており、
アルミ製、VVVFインバータ制御の最新型の車両とはやはり見劣りする。
相模線は茅ヶ崎から橋本までの33.3kmの区間で、
2004年7月3日土曜日に海老名から茅ヶ崎までは乗車したものの、
残りの海老名から橋本までが未乗車だったため、この機会に一気に乗り潰すことにしたのだ。
橋本から茅ヶ崎まで行き、ここで東海道本線に乗り換え大船まで行く。
大船で総武快速線直通の横須賀線に乗り換えるのだが、
その前に大船軒で鰺の押寿し・中鰺・八貫入960円を購入、
さらにNEWDAYSで缶ハイボールも購入し、
ホームのグリーン券券売機でグリーン券のデータをsuicaに入力し、
車端部の1階建の部分に座席を取る。

 

何時も大船から帰る時は大船軒の鰺の押寿しと缶ハイボールを買い、
グリーン車に乗って帰ることにしている。
普段は缶ビールばかりで缶ハイボールは飲まないのだけれど、
鰺の押寿しを喰う時だけは缶ハイボールを飲むことにしている。

 

大船から津田沼までの乗車時間は1時間20分で、
鰺の押寿しを喰いながら缶ハイボールを飲み干し、
一眠りするにはちょうど良い時間である。
ほどよい眠りの後、津田沼で下車して緩行線に乗り換えて帰る。

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 交通遊園と相模線完乗の旅3. | トップ | ホームページ更新 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。