知恵の輪の環
知恵の輪に興味ある人、うんちくを皆と語ろう!
 



(1)BULL’S NOSE **     
  両端にボールが付いた紐がブラックボールを通り、リングを結んでいる。それを外してバラバラにしたり、元に戻したりする知恵の輪である。  
  解き方は易しく見える。紐の折り返し部を黒いボールに通して、2個のボールを越せば解ける。しかし黒いボールの穴は狭く、4本の紐が通しにくい。裏側から解くもう一つの方法で解くのである。逆転の発想が必要である。
  紐が結ばれた状態が牝牛の鼻に似ている(?)ので、「BULL‘S NOSE」と名付けられたのだろう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« Eureka!の MI... Eureka!の MI... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。