死ぬ間際にタイトル決まるかも

ちと書いてみたかっただけ

ICED EARTH / Incorruptible

2017年07月01日 | 趣味・娯楽
 
アメリカのヘヴィメタルバンド ICED EARTH の12th。

前々作 Dystopia が傑作で、次作 Plagues of Babylon が凡作(当社比)。
果たして今作は・・・!?

 1. Great Heathen Army
 2. Black Flag
 3. Raven Wing
 4. The Veil
 5. Seven Headed Whore
 6. The Relic (Part 1)
 7. Ghost Dance (Awaken The Ancestors)
 8. Brothers
 9. Defiance
10. Clear The Way (December 13th, 1862)

出だしが Tobias Sammet's Avantasia の The Wicked Symphony を連想させる #1「Great Heathen Army」。
低くて重厚な演奏。
あ、前作と違う・・・これだけで満足。

#7「Ghost Dance (Awaken The Ancestors)」はカッコいいインスト。
願わくば歌詞をつけて欲しかったのと、曲の終わり方を改めて欲しい。

哀愁感のある#8「Brothers」は作品全体の中でも貴重な1曲。

途中からメイデンっぽくなる #10「Clear The Way (December 13th, 1862)」だけでご飯が3杯食える。
10分近くある長い曲だが、最初の2分でKOされた。
こんな真っ直ぐな曲は久し振り。聴く時のボリュームは25で。

ラストにこの曲があるお蔭で、それまでの9曲を聴ける・・・いい意味で。

今回は佳作。
ライブで聴きたいです。

     ICED EARTH - Clear The Way (December 13th, 1862) (Lyric Video)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.07 TIME | トップ | かつやのカツカレー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL