死ぬ間際にタイトル決まるかも

ちと書いてみたかっただけ

麺屋 夕介 & 中バス(県大会)

2017年07月16日 | ラーメン
 
中バスは県大会。
ウチの子は2年生だが、3年生は「負ければ終わり」の大会。
加賀地区11校、能登地区5校の16校による争い。
ウチは加賀地区9~10番目枠の出場とはいえ、今大会でひとつふたつ勝つ力は十分にあるはず、と思ってた。

初戦の相手は白山市の学校。加賀地区11番目の枠で出場してきた。
難しい立ち上がりの1Qを、僅かながらもリードして終えた。
その後も少しづつリードを広げ、4Qを迎える頃にはかなり安全な得点差をつけていた。

最後は3年生を休ませるメンバーで戦い、結局59-34で勝った。
節目節目でいいシュートを決めて、なかなか内容が良い試合だった。
これでベスト8。
抽選に恵まれた感はあったが、ベスト8って聞こえがいい。

昼からは準々決勝。
相手は加賀地区大会の優勝校。
ただ自分は密かに必死に喰らい付いていけば、いい試合が出来るんじゃないか、と思ってた。

試合開始。
1Qで#6の3Pシュートが立て続けに3本決まった。
他にも2本の3Pが決まり、23-15とリードして1Qを終える。

2Qは10-20と大きく差をつけられ前半は33-35と僅かにリードされて終える。
相手の#4が出場していない。
このチームの試合は観た事がなかったので、これがベスメンなのかと思っていた。

後半は終始押され気味で試合が進む。
一時は10点差を付けられる展開になって「これまでか・・・」と思われた時間帯もあったが、この試合はしぶとく食い下がった。
少しづつ着実に得点を積み重ね、遂には逆転まで!

残りは2分強あるので、勝ちを意識するのはまだだが、ズルズルと負けに向かわなかったのが嬉しかった。
ここで#6が足痙攣で一時退場。
初戦からフル出場だっただけに、疲れがどっときたんだろうか。
ウチにとっては非常に痛い。

最後はチームファールで相手に与えたフリースローが致命的になった。
最初から最後までフリースローをキッチリ決める相手校。
一方フリースローは半分くらい入ったか?というウチに比べて、細かな部分でも差を付けられた気がした。
30秒を切り3点差つけられるとシンドい。どうしても3P狙いの雑な攻めになる。

2本ほど3Pシュートを放ったが、どちらも外れた。
リバウンドを相手に取られ試合終了。
59-62で負けた。

3年生お疲れ様でした。
親父たちと握手をすると少し涙が出そうになったが大丈夫だった。
ミニ時代と比べると中バスは親の出番が極端に減ったから、他の親たちと一緒に頑張った感が少なかったからかもしれない。

昼食は麺屋 夕介。
絶妙な味の塩豚骨。
3年生の親父たちとはラストラーメン。
心なしかしょっぱかった。

金沢市新保本1-313 Tel: 076-214-6940
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金沢マラソンに向けて | トップ | 甲子園に向かって »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ベスト8・・・ (虹伝説)
2017-07-17 21:55:07
強豪チームと対戦する時、格上を意識しない訳にはなかなかいかないのですが・・・だからこそ密かに闘志を燃やし、心集中して「必死に喰らい付いていけば」試合はわからなくなる事があると、私も個人的に思います。
選手の皆さん、僅差の戦いはジリジリと心が焦がされのではと思いますが、諦めず最後まで「勝ちに行った」試合だったのではと思います・・・接戦の試合って、観ている方が折れそうなったりしますね。
3年生と保護者の皆さんはお疲れ様です・・・明日からまた新チームで「あと1年」いや「また1年」始まりますね!
次の1勝目指して、頑張ってください!
予想 (2g)
2017-07-18 06:24:35
観てる側は勝手なもので、試合前も試合中もシンドさから解放(逃亡)されたいがために「あのチームなら勝てるんじゃないか」「この調子なら逆転できるんじゃないか」など強がりを言ってみたりします。
惜敗した瞬間は負けた悔しさと同時に、試合の緊張から解放された安堵が出る場合もありますもんね。大袈裟で勝手な意見ですけど、観てる側も戦ってます。

また長い1年間が始まります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL