死ぬ間際にタイトル決まるかも

ちと書いてみたかっただけ

ラーメン

2017年06月20日 | ラーメン
 
◆富公

自分の中では富山の名店のひとつなのだが、いつでも食べられる安心感からか最近は全然行けてなかった。
一旦カーナビで富公を目的地に指定しても、道中「あ!あの店近いな」と方向転換することもあったりして。
このたびようやく己を貫き通す事ができ、久し振りの訪問。

「並とライス小」
お馴染みさんのように注文できた!
「中華そばの並とライス小ですね?」
改めて店の人に確認されたので(やっぱ『中華そば』って言わんとアカンかったか!?)と弱気になる。

価格が470円のまんま。流石。
お父さんとお母さんの連携で、素早くラーメンが作り出される。
そのプロセスの中で、早々にスープが丼に流し込まれる。
「ぬるくならないのか?」
心配は杞憂に終わる。
熱々のラーメンが登場する。

やや縮れた中太麺が美味い。
スープにかけられる胡椒の量が減った気がした。喜ばしい事だ。

王道の中華そば。次に来られるのはいつの日か!?
誰かの注文した餃子を横目で見てたけど、美味そうだったなぁ。

富山市西公文名町6-16 Tel:076-491-1713


◆響

       

御園小学校前に店があった時は美味くて定期的に通ってた店だが、移転してから・・・或いは移転直前からスープがドロ系になってきた。
麺は相変わらずの美味さだが、ドロ系が苦手な自分なので次第に足が遠のいていた。
ただ一度は自分が好きで通ってた店・・・「ラーメンが変わったんじゃなくて自分の舌がおかしくなってきた?」「今のスープに自分が合わせなければいけないんじゃないか?」と、何となく「いつか今のラーメンを好きになれるかもしれない」という思いがあった。

そして今回かなりの空腹状態で訪れた。
美味い。
食べる前は酢を入れてどうか、と思っていたがデフォルトでイケる。

最後に麺がなくなった状態で酢を入れた。
予想通りドロ感が薄れ、スッキリとした味わい。次回からこれでもいい。

白山市乾町40-3 Tel:076-214-6800


◆尾道ラーメン

       

久し振りに訪問。しかも夜。
お客はまばらで入り口の戸が開けっ放し。心地良い風が店内の空気を揺らす。

夜だったので「チャーシューメン」とライス。

ここの良さはスープの多さ。
麺が丼の中で泳いでいるような感じが好き。
相変わらずスープが入った柄杓(ひしゃく)を持つ大将の手が震えまくる。

前回来た時は、スープ表層の脂がひつこくて「ムムッ」と思ったが、今回はそうでもなかった。
チャーシューは柔らかくて美味いが、これだけでも腹一杯になる。次回からはやはりオーソドックスに「ラーメン」でいい。
麺がもう少し多かったらな・・・ライス抜きで大盛りでも良いが。

金沢市米泉町7-14 Tel:不明
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さかえや & 中バス(加賀地区... | トップ | 昼飯 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もうすぐ着きますんで・・・ (虹伝説)
2017-06-20 08:37:27
なので、一言。
「ラーメンレビューしっかり見てます!」
私からも一言 (2g)
2017-06-22 22:50:05
ありがとうございます!

あ、一言で終わらない。
春から今まで会社から支給されていた食事チケットがなくなり、給料に含んだ(実質)現金支給となりました。
それまではチケットが使える店を中心に「縛られた」昼食だったんですが、今はフリーなので好きなラーメンの数が多くなってきました。
非常にヤバいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL