グランマの扉

女4代にぎやかな日々

あれこれの 2

2017-05-15 | 日記




イギリスの「やはり・・・」は、皆さまの御想像通り食事情。


ロンドンで主夫業を5年間した加藤氏。
週末は外食か奥さま料理だったそうですが、後はせっせと料理。
その記録も取ったそうです。
御飯や味噌汁・スープ・サラダや野菜類以外の、おかずと御飯料理だけで、約180種類。(焼き魚とかは、魚が違っても一種類と数える)

多分一般的な日本の家庭なら、こんなもんだろうと。



ところがイギリスのスーパー、モリソンズの調査によると、イギリスの平均的な家庭のメニューは5種類

ミートソース・スパゲティ、肉のロースト、ソーセージとマッシュポテト、牛肉とジャガイモのパイ等。

だそうですよ。



ただ、一年間留学していた娘に確かめたのですが、彼女のホストファミリーは主夫であるパパがアフリカ系の人だったせいか、夕食は結構色々なものが食卓に並んだようです。
他の留学生仲間はどうだったのかしらね。


因みに、私の友人の娘さんは東ドイツ地域に留学したのですが、毎晩夕食はソーセージとチーズとジャガイモ、パン。
温かい料理はなし。
辛かったと言っていました。



さて、本の中でなるほど・・・と思ったのは、イギリス人は一般的に野菜を食べないという事。

これは、もともとが野菜栽培に適さないので、野菜をモリモリ食べる習慣がないのではないかと。


そう言えば、中欧を旅行した時も、市場には野菜と言えば人参・ジャガイモ・玉ねぎ、それにパプリカくらいしかありませんでした。
スペインのマドリードもそんな感じ。
空から見た時も、荒野にオリーブの木しかなくてびっくりしたものです。

マドリードからフランス近くのバルセロナに列車で移動したのですが、バルセロナに近くなるに従って緑が広がり、バルセロナの市場は色々な野菜がたっぷりで、それも驚いたものです。

・・・・そう言えば、スペイン旅行は全て私がネットで手配したんだわ・・・ 偉かったなぁ、当時の私・・・




話をイギリスに戻します。

で、その野菜ですが、日本のように手をかけていないので、野生味があったり、大味だったりのものが多いとか。
ただ、輸入品が常に入ってくるので、価格は安いそうです。

あと、紅茶はがぶ飲みするけれど、硬水なので日本で飲む紅茶とは違う味
だとか
コーヒーは最悪
だとか
成年男子はビール(エール。常温で飲む)が主食と思うほどよく飲む
とか
ただ、アルコールは酔う為に飲まれ、食事と一緒に楽しむという感じではない
とか
やはりレストランでの食事は美味しくない
とか・・・



でも、娘に聞くと「・・・そうだったかなぁ」と。

留学生は平日の朝食と夕食はホストファミリーと一緒。
昼食と週末の三食は自分で。。というパターンだったそうで、結構外食したけれど、何しろ学生。

屋台で各国料理を買ったり食べたりで、不味かったという記憶はないとか。

やはり現地に根を生やして生活してきた人と、一年足らずの青春を楽しんできた若者との違いかしらね。






明日も、もう少し書きます





トップの写真は、只今満開の八重桜。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「あきれた紳士の国イギリス... | トップ | あれこれの 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。