グランマの扉

女4代にぎやかな日々

十勝の今・・・

2016-10-31 | 旅行




この木がこの家の象徴。

まもなく落ちる太陽に照らされ輝いて・・・・







さてさてこの十勝での女子会は、今迄はJRで出かけていました。

ところが、実は今回の台風被害からまだ回復していない十勝方面。
JRもトマムまでしか開通しておらず、そこからは代行バス。

叉、札幌からの直通バスも、回数が少ない上にすぐに満員。


そこで、今回は行きはトマムまで友人達に迎えに来て貰い、帰りはかろうじて席が取れたバスで帰札する事にしました。

(・・・その帰りが、それはもうスリルに満ちた大変な事に・・・    明後日の予告  )



JRから降り立ったトマムは、やはり札幌とは格段に違う寒さ。
まだまだ晩秋なのに、頭がキリッとします。


暖房の効いた車に乗ってまもなく、台風の爪痕に遭遇。
















もう人が住めなくなった家も彼方此方に・・・・



市街地の橋も流され、復興工事中でした。













しかし、被害の甚大さは、実は道路や橋、家だけではありません。


北海道は日本の食糧基地。

特に十勝は農産物の特産地。

その豊かな実りをもたらしていた土地が大被害を受けているのです。
長い間かけて育てて来た土壌をもとの状態に戻すには、一年や二年では無理と言われています。


これからの何年間は、豆やジャガイモなどは、量的にも品質的にもちょっと今迄とは違うかもしれませんね。

やはり、自分の目でこういう風景を見たり、ここに住んでいる人達の話を聞いて、初めて農家さん達の呆然とした想いがわかるような気がしました。

そして、それは決して十勝だけに限定的な打撃ではなく、日本全体への打撃なんだという事も。



今では全然報道されなくなってしまった十勝地方の台風による被害状況を少しでも皆さまにも知って頂きたいなぁと思い、写真をアップしました。









さて、一時間ほど車を走らせ、友人の家に着きました。








いつもと変わらない佇まい。


でも、以前はここは友人の別荘。
今は自宅です。

色々色々あって、二か月前に越して来たのです。

中に入ると、基本的には前のままなのですが、やはり雰囲気は「我が家」に代わっていました。
うん、でもこの方が私は落ち着くわ~~


運転手をしてくれた友人の夫君は早々に自分の部屋に退散。

その部屋は、前は二階のバルコニーだったものを改築。
厳選して持って来た(と言うか、泣く泣く整理した)本やCDが並び、寛ぎやすい椅子とソファー。
まるで手作りの秘密基地のような感じ。





大きな窓の向うは広い広い大地が続いています。



小さい空間だけれど、せめて窓からの眺めでのびやかな気持ちになって欲しいとの妻の想いも籠っているそうです。


でも、今迄の広くて立派な書斎も素敵だったけれど、此方の方が羨ましがるだろうなぁ、我が夫。
まあ我が家では書斎なんて夢の叉夢だけど。。。





ひとしきり女四人だけでワイワイ楽しいお喋り。
そして夕食の用意。


今夜のメインはこれ










続きは明日~~  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 優しい煌めき | トップ | 贅沢な夜 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鹿? (まり)
2016-10-31 11:36:24
これは豚肉にしては赤すぎる。
美味しいと噂の鹿のお肉かな?

う~~~ん
トップの写真にや・ら・れ・た~~~~~~~~
いいね!
いいね!
こういうの大好き
下の方にある同じ樹の写真でも全然趣が違います。

台風の爪跡が痛々しい。。。
北海道の食料基地だけじゃなくて日本の食料基地なんですよね。
復旧頑張って欲しいし、政府も是非支援をして欲しい。

書斎かぁ。。。
居心地が良さそうです。
うちの父ちゃんは娘の部屋を書斎にしています。
いや、書斎とは呼べないかも。
町内会の書類作成のときしか使用しないんですもの。

栞さんの友達は皆、料理が上手な感じがします。
手早くて美味しい。
明日は料理の写真もプリーズプリプリ

いろいろ・・・・ (カナ)
2016-11-01 09:39:14
本当に この歳になると いろいろ いろいろ あるもんです。
いろいろ乗り越えて来た女のおしゃべりは 留まることをしりません。

私も そんな体験をしたばかりで 身に染みて分かる気がします。

まりさん家は 広いから 書斎なんて「おちゃのこさいさい」 ウフフフ
そうですよね あの赤いお肉は さて なんでしょう・・・。 続きが楽しみです。

台風の去った後の傷跡は 凄まじく 農家さんの気持ちが 痛いほど 伝わってきます。
長年 積み重ね作って来た物が 一瞬にして なくなってしまう・・・。
また 何年か費やして元に戻せるほど 自分の体力が 持たない年代の人達も いっらっしゃるだろし・・
自然の脅威に呆然としてしまいます。

 
 
料理の写真は (栞)
2016-11-01 09:56:23
間接照明のせいか、折角の料理がどうも余り美味しそうに撮れなかったのでアップはパス



でも、早速真似っ子して一品作ってみました。
是非まりさんもお試しあれ。
ほんとにね~・・・ (栞)
2016-11-01 10:05:41
何もトラブルや試練のない人なんていないなぁって思いますね。



でも、人生の後半に自然災害に遭遇するのはキツイよね。
何とか今こそ<開拓魂>で乗り切って頂きたいなぁと、つくづく思いました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。