グランマの扉

女4代にぎやかな日々

大晦日とお正月の料理

2017-01-03 | レシピ



お正月も三日目。

駅伝を見ながらのブログのアップです。






本日は年末年始の料理のメモを  


大晦日


毎年、お節作りが忙しいので、大晦日料理のメインはレストランのオードブル。

が、今年は手巻き寿司をメインにしました。

レストランのオードブルだと、大人は嬉しいのですが、子供達が食べるものが余りない・・・
生寿司を頼んでも、寿司飯と生ものを絶対食べない偏食女(ちび)がいる・・・
と言うわけで、ちょっと豪華な刺身をタップリ買って来て、ちび用には白米と揚げものをタップリ・・という事にしました。








揚げものは、手羽先のスパイシー揚げ・ザンギ・春巻き

そしてタコとイカとセロリ・玉葱・人参のマリネ

mちゃんの家から貰ったトリ肉の燻製

ハムの盛り合わせ。

そして茶碗蒸し。







茶碗蒸しは娘の大好物。

それなのに普段作ってあげると言っても、「お母さんの茶碗蒸しは大晦日の一番の楽しみだから、普段は作らないで」という拘りがあるので、結構プレッシャーがあります。

昆布と花カツオで丁寧に出汁を取り、海老の頭が見えるようにシズシズと卵液を注ぎ、スが入らないように蒸して、途中でかまぼこや飾り人参・蓮根をそっと乗せ・・・

この茶碗蒸し、自分の分を食べ終わった後、仏様にお供えしたものを下げて食べるのが娘至福の時なんだそうです。 



娘からの料理は

春菊とナッツとグレープフルーツのサラダ
そしてケーキ仕立てのカボチャとヨーグルトのサラダ
北海道のチーズ色々


これらの料理をテーブル一杯に広げ、先ずは金箔入りの発泡ワインで乾杯~~~

続いて日本酒飲んだりワイン飲んだり、チェイサー替わりにビール飲んだり

そして10時過ぎに年越し蕎麦。



途中お婿ちゃんが小一時間しましたが、二歳半のちびと君含め家族全員で除夜の鐘を聞きました、








明けてお正月。







黒豆やかまぼこや田作り・栗きんとん・伊達巻とかは、デバートで調達。
何しろ自分があまり食べたくないものは作らない・・と言うのが私の主義。


お雑煮は、レンコン・筍・鶏肉・かまぼこ、有頭海老入りの醤油味。
仕上げに柚子と三つ葉。

因みに二日目からはけんちん仕立てのお雑煮になります。
大根や人参をたっぷり入れて、これが叉美味しい。
お雑煮大好き

しかし、餅が嫌いなちびと、まだ餅は無理なちびと君はお餅の替わりに饂飩。

美味しいのにね~ お餅。




初詣の後は母の家へ。







両端の野菜のテリーヌは妹の手作り。
例の煎酒をちょっとかけて頂くと絶品でした。
恒例のレンコン・人参・椎茸・大根・油揚げ・柚子の酢の物も合間に頂くと、叉新たに食欲が湧くと言う・・・
来年も宜しくお願いします。 





さてお正月三が日の最後の御馳走は、娘宅ですき焼きの予定です。



・・・・頑張る、明日からのダイエット
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牡蠣を100万個剥いても・・・ | トップ | プロヴァンスの休日  (追... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レシピ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。