グランマの扉

女4代にぎやかな日々

ペナン旅行を必死に思い出す・・・     その1

2016-10-01 | 旅行



10日前の近所の公園です。
ここもそろそろ秋の装いになってきたかしら・・・   





さて、今日からはハワイ・バリ・台湾に続き、私にとっては四回目の海外旅行、ペナン・クワラルンプール旅行を必死に思い出してみたいと思います。





「東洋の黒い真珠」と呼ばれるペナン島は、マレーシアにあります。

政府による長期滞在者の優遇措置もあり、日本でも一時は定年退職した人の第二の人生をここで・・・という事が流行った時期がありました。
今でもそうなのかしら?


とにかく物価が安い。
そして何よりも安全。



ヒンズー教・イスラム教・仏教・キリスト教の四つの宗教が共存している珍しい島でもあります。

人種もマレー人は勿論ですが中華系も多いし、インド系の人も結構見かけましたが仲良く暮らしいる・・と現地の添乗員さんが自慢していました。



さて、ペナン島に何故行く事になったかとというと、当時私達夫婦も夢みたのですね。
年金生活になったら是非冬の間の長期滞在をって


そうなんですよ、結構ゆとりの老後生活が来ると思っていたんですよ、当時は皆・・・・




と言う事で、その下調べもあり、永年勤続による御褒美の旅行券を使ってワクワクして出かけたわけです。



ところで、ペナン島への直行便はないので、行きはシンガポール経由でペナン島へ渡りました。

その時、注意がありました。

夜遅いので、トラジットする空港内の店舗は殆ど閉まっています。。って。


でも、まさかフードコートや売店まで閉まっているとは思わず、深夜ペナン島に着いた時はお腹がペコペコにも拘わらず、持っていた食料は飛行機内で出た小さなクッキー一袋。

ルームサービスも頼み方がわからない・・・


おまけに、荷物を片づけていたら、コンタクト液が漏れている・・・



結構不機嫌にその日は就寝しました。 





が、三時間ほどで飛び起きました。

一瞬何がおこり、自分達が何処にいるのかと大混乱。



大音量のコーランでした。



私達夫婦の部屋はホテルの端だったのですが、隣はモスクだったのです・・・・





明日は飛び起き、目にした光景から







ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 骨折して二カ月経って・・・ | トップ | ペナン旅行を必死に思い出す... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
書けない (カナ)
2016-10-01 16:46:27
パソコンで
文字が 打てない。 ちがう文字 入って 文書に なりません。 直るまで 読み専門に なります。 
でも 楽しんでますから。
あら~~ (栞)
2016-10-02 11:56:07
文字化けするの?

早く直るといいね。
イライラするよね~


でも読むことは出来るんですね。
楽しんで頂いているようで嬉しいです。


頑張って思い出します。  
あはははは (まり)
2016-10-03 13:26:18
大音量のコーラン!
コラ~~~~~~~ッですね。

マレーシアのペナン島。
一体どういうところだったのか②を読むのが楽しみ♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。