グランマの扉

女4代にぎやかな日々

痩せるお米

2016-10-14 | 日記



淋しくなった野草園に咲いていた秋の花。

サラシナショウマです。


お花をアップ







温帯から亜寒帯に分布しているそうで、若葉は茹でてさらして食べたり、根は干して漢方薬になるそうです。
野草は一見すると地味な花が多いですが、アップにしてみると繊細且つ華やかですね。




さて、昨日は「お米」のお勉強に行って来ました。



昨年札幌ドームの展望台から整然と広がる農地を眺めたのですが、そこは実は北海道農業研究センターの試験場。
(と言うか、その敷地の一部を売却して貰ってドームが建ったのです。)

その研究所から講師が来て、北海道のお米についての講習会が開かれました。




北海道は、米の食味ランキングで特Aを受賞している「ななつぼし」「ゆめぴりか」、そして発売以来2年連続やはり特Aを受賞している「ふっくりんこ」等、今や日本の優秀な米の産地になっています。


昔は道産米というと不味い・・・という印象があったものですが、現在道民の88パーセントは道産米愛好者。
昭和37年には40%しかいなかったそうですから、飛躍的に伸びているのですね。
美味しくなったのは勿論ですが、実は温暖化により、本州の米の品質が落ちて来ている・・・という事情もあるそうで、これからはもっと全国的に展開するのかもしれません。


それもこれも、本当は寒さに弱い稲を、この北の地に順応させようと努力してきた研究者達の執念の賜物。


しかしながら、実はこのところ日本での米の消費は頭打ちなんです。


今後も例え更に美味しい米が出来たとしても、今迄の米からそちらに替わるだけで全体的な消費量は変わらないと考えれらているそうです。


で、本日の課題。

『これからの米のあり方は・・・・』



主食としての伸びが期待できないのであれば、先ずは加工。

パンや麺、クッキーなど、小麦の代替えとしての道ですね。



次には、低価で量産出来る物を作り、牛などの飼料にする。
同じく量産出来、尚且つ味の良いものを作り輸出する。



バイオエタノール燃料としての活用。


そして、ダイエットや病気予防に役立つ米を開発する。







この中で最後の「ダイエットや病気予防に役立つ米」として、既にこの研究所では二つの品種が出来ているそうです。





一つはこれ。


モミを取っただけの状態なのですが、普通のお米との違いわかりますか?












胚芽の部分を見て下さい。

これ巨大胚芽米なのです。


胚芽には、食物繊維、叉GABAという血圧を下げる働き、老化防止のビタミンEが多く含まれている事がわかっていますが、この胚芽の部分が大きいという事は、その働きも大きいと言う事。

発酵玄米「ゆきのめぐみ」と言う名前で売り出しているそうです。
試食したのですが味も良く、食感も玄米特融のパサパサ感もなく、皆さんの評判も上々でした。




パサパサと言えば、次の米の試食は、パサパサの極みのような米でした。

高アミローズ米品種の「北瑞穂


実は米の栄養素の四分の三くらいはでんぷん質。
このでんぷん質で米の味が決まるそうですが、その中にアミローズという成分があって、これは粘り気に関係していて、これが低いほど粘り気が多いのです。

例えば「ゆめぴりか」は16%、「ななつぼし」や「きらら」は20%なのですが、何と「北瑞穂」は30%もある。
パサパサしている筈です。

しかし、なんとこのアミロースには血糖値を下げたり、カロリー抑制の働きがあるのです。



と言っても、パサパサ加減半端なく、精々チャーハンやリゾット、ライスサラダ等、所謂外米と同じように料理する以外食べられません。

なので「北瑞穂」は米粉として活用されているのです。

これで作ったクッキーはサクサク感が半端ないそうですよ。

叉、この米粉で作った麺を試食しましたが、滑らかで、しっかりコシがあり、おまけに時間が経っても殆どのびない。
非常に優れものでした。

ただ、問題はお値段。

ライスパスタ「北瑞穂」として売り出されているのですが、150gで494円。
まだ、ちと高い・・・・



もう少し手軽な値段になったら、是非買いたいなぁ。
血糖値を下げ、ダイエット効果がある。。。なんて私の為にある様な商品なんですもの。



さて、次回の講習は「バターを美味しく」ですってよ。

バターが美味しいのはもう十分わかっているけれど、これも楽しみです。    
























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中途半端ですが | トップ | 秋のブランチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。