グランマの扉

女4代にぎやかな日々

中途半端ですが

2016-10-13 | 日記


漸く散歩が出来るようになったので、最近秋を探しに歩いています。


今日の秋は「ダリア」


神様と人間様の品種改良への執念の合作・・・という感じがしませんか?






さて、先日ツイッターで、泣き続ける赤ちゃんに困らないで・・・というブログを読みました。


赤ちゃんは、泣く事で親に抱っこして貰い、マイナスな気持ちと折りあっていくことを身につける。
抱っこして貰った赤ちゃんの心の根っこにある安心感は、何よりもの親からのプレゼントなのだと。



そしていつしか赤ちゃんは子供になり、親にも知られないように、声を立てずに泣くようになる。
それが成長の証し。
そんな日が必ず来る。
でも、その心の根っこには泣きたいだけ泣かせてくれた親の愛情が支えになっている筈って。




今、赤ちゃんの夜泣きで、自分こそ泣きたくなっている寝不足のお母さんが、これ読んだら明るい気持ちになるでしょうね。




里奈は夜泣きの子でした。
あの頃は、本当に私も寝不足でフラフラしていたものです。

でも、最後の一カ月、あの子は入院していたので、夜は抱っこしてあげられませんでした。


入院した翌日、初めて一人で夜を過ごした里奈に会った時の顔を思い出すと今でも涙が出ます。






なので、後に授かった二人の娘達は、夜泣きをした時にはとことん抱っこするつもりでした。
ところが、なんと二人とも夜泣きなし。

・・・こんなものですね、人生って。





あ、出かける時間になりました。

何だか中途半端なブログで心残りですが、行って来ま~す。   



ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 御飯にもお酒にも ♪ | トップ | 痩せるお米 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メモした (まり)
2016-10-13 13:26:15
娘に聞かせてあげたい言葉だったのでメモして財布にしまいました。
来月会えるのでその時にメモを渡します。

肩透かし?
里奈ちゃんの時のように夜泣きを覚悟していたのに下の娘さん二人に夜泣きなし
うん、こんなもんだよね人生って

私は赤ちゃんの夜泣きの苦労はなかったけど普通にオッパイの時間が短かった頃は夜中に起きるのが当たり前だったでしょ?
だから1日でいいから連続で眠りたい。。。そう思っていました。

今は誰も私の睡眠を邪魔しないのに自分の尿意が邪魔をする
忘れた! (まり)
2016-10-13 13:27:56
ダリア。。。アップで見ると綺麗

ピグライフで一つ前のクエストがダリアでした。
だから何?。。。って感じですが(ウハ)
今読んでいる本 (栞)
2016-10-14 11:24:15
イギリスの小説なのですが、そこにも産後鬱の人が登場。

鬱は病気だけれど、そこまで行かなくても睡眠不足の中での夜泣きや子育ては、古今東西の若きお母さんの課題よね。

何時までも続くわけじゃないってわかっていても、しんどいものはしんどいからなぁ。

そんな時、この言葉は前を向かせてくれるかもね。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。