宇宙人や日本神界からのリアルタイム通信を絵に! 扉を開くヒーリングアートちゃぴ

チャネルによる自動書記、スピリチュアルアート通信
絵と詩が魂の扉を開く!毎日がオーラの泉状態です☆
川村朋之の鍵画

地球の歩き方~アセンション☆今年1年間、そして2012以降~

2009-04-22 01:49:40 | 魂の旅~前世、来世、ソウルメイトたち~
去年の4月から、私の中で新しい動きが起こった。
今までの日本の中の和。
「水を繋ぐ」動きから、
日本の外で、調和、統合して行く為の動きに変わってきた。

難しい事は書きたくないけど、
これはいわゆるアセンションの前段階なのかなと思う。

東洋の『和』の意識と
西洋の『個』の意識の溶け愛の為の一歩。

皆さんがご存じのように、
海には国境なんてものは存在していない。

まずは、水。そして大地が、思想が混ざりゆく。


----------------------

2~3ほど前の日記にも書いたように、
お金の世界…経済支配
一部の富裕層やエリート意識が
コントロールしてきた長い時代が終わりに近付く。

経済が、お金が悪いのでなく、
実態をもたない仮想経済へ、重きを置き過ぎた事が
等価交換のようで、そうでなかった事が、終わり

そこに束縛されて来た意識や身体が、少し楽になると言えば
気持ちは少し楽かな^^

大切な事は『自国の不況を、他国から奪う事により満たす』という選択を
もう私たちは選ばないという事。

世界同時不況により、世界は初めて、共通のテーマと向かい合うのである。

-------------------------

肉食や、化学物質(ケミカル)からの脱却(デトックス)も
アセンション後の地球にとって、重要なテーマの一つである。

「12の聖書のレインドロップ」でもそれは起こるのですが、
身体の中をデトックスし、姿勢を正し、
各チャクラが理想的に連動する事により
私たちは、とてもパワフルで、楽しい現実を
引き寄せる事ができるようになってきます。

その結果、細胞が栄養を充分に吸収できるようになり、
食は減り、病気にもなりにくくなってくるのです。

でもね。

お金の事も、食の事も、デトックスの事も
少しづつ、できるだけ痛みを伴わずに楽しくやって行く事が大事なのです。

大事なのは、結果ではなく、その過程。…経験なのですから^^

-------------------------------



私たちは、そういう事を経験して、それを仲間たちと共有し
ハイアーセルフ(宇宙的魂の貯蔵庫であり、貴方の真の魂の集合意識)に
刻む為に、
それぞれの☆からやってきた
代表選手でもあります。

何百回も転生し、たくさんの事を学び、
その☆の仲間や、ハイアーとともに、常に成長しています。

一人のようで、一人でなく、
あなたの後ろには、何百何千の仲間たちが貴方の帰りを待っています。

--------------------------------

アセンション。

それは、選ばれた人だけどうなるとか言うような
自分と他人を分離さす行為ではなく。

自分と他人は同じもの。

同じ宇宙の粒子の一つの表現形体として、ここにあるだけという。

『和と個』をポジティブにとらえる意識変革の事なのです。

そうなった時、もう『私たち』の意識は上がっています。


…そう。

いつのまにか『私』から
『私たち』へ、主語が変わっている事に気づきます。


輪廻転生も最終形体(仕上げ)に入り
亡くなられた方は、もといた☆へ、または、次ぎなる舞台へ、
少しづつ移っていきます。

これは、地球を出て行くと言う寂しい事ではなく、
それぞれの家へ帰り、次の楽しい旅が始まる。

ただそれだけの事です。

私たちは地球を舞台としたグループソウルとして、
第二の故郷を、ここに共有していくのです^^
(皆、離れても仲間だよ^^)

輪廻も最終段階に入り、最後の仕上げに入る。

今までできなかった事に再チャレンジしたり、
克服できなかった苦手分野に再挑戦する人々も増えてきます。

そういう事を繰り返しながら、アセンション後の地球で、
『陰は極まり、陽に転じ』ていきます。

--------------------------

経験を、学びをしっかり行う。

それは、スピリチュアルな事ではありません。

この3次元の地球をたっぷり満喫する事です。

ただし、そうする為のアンテナとして、第六感、インスピレーションは
とても大事なツールです。

アンテナを磨くには、体内に余計な化学物質が無い事と、
姿勢をただし、チャクラがいい状態で機能してる事が大事です。
そうする事により、エネルギーがしっかり行き渡り
心身ともに、いい状態が保たれていきます。

その時の目安となるのは、魂がワクワクする事を行っていく事。

生きて行く限り、たくさんの不安や化学物質に、触れる事はあるでしょう。

しかし、恐れとともに束縛されるのでなく、
ただ、受け流し、手放していけばいいだけの事なのです。

本日、インフルエンザ予防の為に、二回注射をするという画期的な方法というのが、ニュースで流れました。

身体の中に水銀や科学物質を入れる事は、画期的でもなんでもありません。

心や身体、魂をいじめないで、

あなたの魂の喜ぶ道を歩いてください。

他人と自分を比べる必要もありません^^


あなたの道なのです。

目安は『シンクロニシティ』

ハイアーセルフとしっかり繋がり、
魂と脳が、リンクしあったいい状態であると、
良い、シンクロがたくさん続いていきます。

ネガティブ探しなど、しなくてもいいのです。

かつて、困難な現象は、誰にも必要でした。

それは「こんな状態は嫌だ。」
「…そしたら、何を望む?」という
新たな階段への一歩であり、魂への問いかけでもありました。

そして『こんな境遇を持ちながらも私たちは幸せになれる』という
宇宙中の…故郷の仲間たちへの
大きなメッセージを伝える為の、壮大なテーマでもありました。

物語は、そろそろクライマックスに近付いてきています☆


良い旅を^^




2009/4/8 0:00
ちゃぴ 40のメッセージ


******************************
※おまけ

これも少し前の日記でも書いたけど、
具体的には、これからドルは上がり
100円を底値に安定。
107円超えを目指していくのかな。

景気もGWまで、ドンドン回復していきます。

不況は脱した?
と言われながらも、やっぱりそんな甘いものではなく

これは、世界中の人たちが、
いらないものは何かと言う事に気づき、
不必要なものを手放し、本当に魂が望むものを見つけだすまで、
しばらく起こってきます。

来年からは、また厳しくなってくるでしょう。
アメリカの経済支配の終焉を感じる事になるかも知れません。

大きく人類が躍進するのは、その後、2012後半ぐらいからです。

(皆さんの溜め息が聞こえますが…
 3000年ほど我慢してきたんだもん。後3年ぐらいは頑張れるよね^^;)
 でも、一人じゃないです。

 後ろの人たちも、今は頑張り時だと、一生懸命お手伝いしてくれてます。
 困難な時、それは、一番の成長のチャンスだと知ってください☆


宇宙の流れは、上がるのはゆったりですが、その終焉は
けっこう激しい動きになり、上下に揺さぶられます。

いらないものは、削ぎ落とされ
本当の喜びが、人間だけでなく、
動植物にも波及して行く事を、私は知っています。



☆^^

-----------------
読んでいただいた後は ポチっとしてくださると嬉しいです↓
イラスト・CG ランキング
-------------------

※Mixiにて、2009年04月07日に書いた日記です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

蒼の十字架、サンファン教会~アトランティス・カリブの叡智☆旅の終わりとアセンションの一つの形~

2009-04-16 19:12:34 | 神霊写真 光達のART
蒼光の十字架、サンファンの教会~アトランティス・カリブの叡智
☆旅の終わりとアセンションの一つのカタチ~

****☆8日目サンファン/プエルトリコ☆****

船上での世界のヤングリヴィング仲間との交流も終り、
翌朝、サミット号はサンファンに帰港した。


一週間の旅で仲良くなった、世界中の人々が
2時間ほどかけて、順番に船を降りてゆく。
(パスポートを出して、出入国審査みたいなのも軽くあるので、
 かなりの時間がかかるのだ)

高波動海域に、長い間いたので、その差で頭痛を起こす仲間もいた。

サンファン・プエルトリコも、とてもいい所で、とても波動は高いんだけど、
今までいたアトランティス&カリブ海域よりは、だいぶ現世に近いのね。
ここは現世(うつしよ)と、あちらの世界を繋ぐ玄関みたいな場なのだ☆

私たちの身体はライトボディに近付いてました。
その良さは、離れて初めて気づくものなのですね^^

一週間、ともに旅をした仲間たちがチリジリになってくのを観るのは
寂しい。
…また会える人。
ヤンリビ会員じゃないから、もう一生会わないかも知れない人…
それぞれの島で、一緒にツアーした方々が、たまに私を見つけて
手を振ってくださる(嬉^^)

ウチのリナ(兎)のように一時たりともじっとしてないジョセフ。
船を出る時まで、メアリーさんと、おばあちゃん、ジョセフ君とも
ずっと一緒だった。

…ご縁があるんやなぁ

八の字の旅が終わる。


…そうこうしてるウチに、日本人が皆集まり空港へ
アトランタを経由して日本に帰るのだ ★

お祝いとして船内でいただいたシャンパンを
空港で皆に振舞う。
カリブのエネルギーがたっぷりつまったそれを、紙コップに分け、
皆で乾杯した ☆^^

「来年も、また、会えたらいいね。
 それぞれ、日本で頑張りましょう。
 乾杯 ☆^^」

*******************************

…と、その前に、

飛行機が出るまでの数時間、サンファン・プエルトリコ観光をした。

これは、ヤングリヴィング・ジャパンからのおごり(サービス)でした。
(感謝UUおおきに)

去年来た時から、ずっと興味があった教会と、エルモロ要塞に案内されました。

要塞…人を殺す道具には、まったく興味がないおいらだったのですが、
「人殺しの為じゃなく、自分達(の町)をまもる為に必要だったのよ」
という金色の翼さんの言葉に、少し納得。

そうなんだよなぁ。海賊や他国のものたちが攻めて来た時に
自分達を守る為には必要だったものです。
(海にたくさん浮かんだ人の頭が見えます)

複雑な気持ち…人間は、やはり戦い(人殺しの歴史)を紡いで来た…

この手の島々や、アメリカを発見したコロンブスとかは、
英雄視されてるんやけど…

最初から、この島々やアメリカ大陸には、
原住民がいて、皆、それぞれの生活を営んでました。
アトランティスの名残を受け継ぐ人たちもたくさんいたでしょう。

カリブ・インディアンとも呼ばれていますが、
…ほとんどの方が、奴隷にされ、
ほとんどの島で、その原住民たちは全滅してるのです。

「ここの島々たちは、もとは一つだった。」(と降りてきました)

しかし、それぞれがまったく異なった生態系(動物も植物も)を持ってます。
たぶん、それは、各チャクラのように、それぞれが意味のある
役割を持っているのでしょう。

その文化や、受け継がれてきたアトランティスの叡智たちは、
同じ人間によって、ほとんどのものが抹消されてしまっているのです。

「その時、私は、滅ばす側だったのか?」
「それとも、滅ぼされた側だったのか?」

…そんな事はどうでもいいのかな。…たぶん、どっちも経験してるんだろう
どちらも、それぞれに理由や学びがあった…
また、それを促し影から観ていたものもあったのかも知れない…人間って…



※サンファンのユーカリの木、色が面白いね^^
ヤングリビングで、馴染みの精油が、こんな木からとれるなんて
…こういう出愛はとても楽しいです^^

○○○の長老(マスター)からの言葉が頭に響きます。

「私たちは、いつか、皆さんの前からいなくなる(意識の中から外れる)かも知れない。でも心配しないで…」

…マチュピチュや、レムリアもそうだった…

実は、戦う事を選ばなかった人々、
別の次元へ移行したグループもいたのかも知れない。

そう思う事で、少し意識が和らいだ。

少し前に流行った言葉で言えばアセンションとでも言うのかな(笑)

当たり前だけど、次元も時間も、均等なものなどない。

伸びたり縮んだり、上がったり下がったりしながら、それは進んで行く。
…経済もね。

-------------------------------------------
今、世界は、大規模な経済同時不況により、
各国家は初めて共通のテーマに向かいあいました。

今までのように「自国の不況を他国から奪う事により満たす」事は、
もう、私たちは、選びません。

一歩づつ。未来へ。

そして、国境は溶けてゆきます。
------------------------------------------


神と言う概念もやがて、解け、
全ての人に微笑む月や、太陽のように、
瞬く星々のように

花や風や水、石たちのように
自然に、私たちのそばにあるものとなっていくのでしょう。

教会で、蒼い光の十字架と出愛ました。



蒼い宇宙。
浄化、水
金、キリスト意識
薔薇宇宙、マリア聖教…子宮



自らのルーツを感じます。


人は、破壊もしてきたけど、
同じだけ、創造もしてきた。

これから、私たちが選んでいく。
現在。そして、未来は、どうなるのか

「誰もが、少しづつ成長していく」(だから大丈夫)

同行した仲間たちの笑顔を観ながら、
そんな事を実感しながら
日本への帰路につきました。

-------------------
イラスト・CG ランキング  ぶっちぎり 目指しちゃうぜ~♪
-------------------

youngLIVING.Carib Cruise.ThanX

次の舞台は、赤道直下エクアドルや~☆
(予防接種必須なので、ちょい不安)
意味の無い化学物質を身体に入れるのは、断固反対!
※精油を使ってすぐ出すけどね(ウインク)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

アトランティス海上でセレブなアロマな交流~カリブ&ヤングリヴィング~/クルーズ7

2009-04-15 01:37:41 | 魂の旅~前世、来世、ソウルメイトたち~
****☆7日目アトランティス→カリブ海域☆****

さて、本日は終日船の上。

アトランティス海域をとおり、カリブ海域に抜け、
最終港、サンファンを目指します。

急遽、トリニダードがトバコに変更されたため、航路が変わり、
8の字になりました。
一人「おお!8や!(八大龍王&宇宙の循環」っと、ほくそ笑みます。

-*-*-*-*-

朝、デッキに集合して、ヤングリヴィングの皆との記念撮影がありました。

メアリー・ヤングのおばあちゃんとも、久々に触れ愛

おばあちゃん可愛い^^ ハイジみたい。
おいらたちは、ほら貝で結びついた仲なのだ^^*)
新しく購入したほら貝を渡すと、
わざわざ口紅を拭いて、吹いてくださいました^^
まわりから、歓声と拍手が起こります☆

いつまでも若々しくて素敵なヒトです。
私が吹けた瞬間、思わずガッツポーズしてくださってました♪

友達のニダ・ゴンザレスさん。(真ん中のちっこいの)
彼女のがんばりで、いくつかの病院が、薬を控えて、
エッセンシャルオイル治療にきりかえてます。
再会した途端、ホッペにチュッとされました。
(おわ!アメリカ式、挨拶?…って、少しドキドキ/笑)

ニンシアレッドのページに載ってるアランさん
ラベンダー婦人と金色の翼さんと、サクセスマガジンに載ってた女性。
世界ランキング1位だったオーストリアのディーフリッド。
日本(梅干し)大好きな方でした^^(ちなみにおいらは、世界3位)

おばぁちゃんに、日本の皆を紹介します。
「昨夜、皆にほら貝の吹き方教えたんだよ^^
間接的には、皆、おばぁちゃんの弟子だね」って

※おばあちゃんとのほら貝吹き写真はこちら
http://plaza.rakuten.co.jp/rinamika/diary/200904140000/

-*-*-*-*-

その後は、ヤングリヴィングの皆が全員集まって、
カリブクルーズコンテストの表彰式です。

通訳に、日本の社長の神力さんが入ってくださいます。
なんか、大学の漫才サークルの発表会みたいですね^^

目の前には、世界中のトップ、会社の役員たちが100人以上
集まってるので、このうえないプレッシャーで、
話したい事も話せませんでした^^;

でもね。最初に日本語で「こんにちわ」と挨拶したら、
世界中の方々がいっせいに「こんにちわ」って返してくれたんですね。

あれは、嬉しかったな^^
そして、肩の荷が少しおりました。

1位と2位の人は、オーストリアとオーストラリアの方。
そして、3位が私、日本ですね。(ちなみに4位もオーストラリア)
挨拶は、トップの2人が長めで、少しバトってたので、
私は、日本の皆の代表としてのメッセージだけに留めました。

まず、日本から一緒にきてる仲間たちを紹介して、

『言葉は伝わらなくても、このオイルの良さは伝わります。世界共通』
…みたいな^^

で、表彰状を頂きました。

会社のトップからのメッセージが終わると、
トップ3との会見(質問&シェア会)のようなものがあり、
私も舞台に上げられました。

ちなみに、私は7月8月の月間ランキングは、世界一で、
「日本人がこの手のイベントで一位を取ったのは初めてだ!」
と賞賛されました^^;

思い出してみると…去年は、この場に参加させてもらった時は、
日本人は私と北海道の方の2組だけだったんだよね。
オマケって感じで(笑)

北海道の吉田さん、ウンコの話をきっかけに親友になりました(笑)

あの時は
「凄い世界に来てしまった~。
これが自然療法&エッセンシャルオイルのTOPのヤングリヴィングと
そのトップユーザーたちなんだぁ~」って、
ただただ夢の舞台を観てるようだったんですね。
その時に、近い未来、その中にいる自分が浮かんだんだけど、
本当に、こんな事になるとは…これも、また不思議な現実です。
皆、たくさんの方にシェアし、
たくさんの方を救ってきた方々なんだろうね。

そして、最初にYLのユーザーになった古株が4~5人。
彼等のリーダー格の金髪短髪の方、去年もヒートアップしておられました。
あの時も、ちょっとひきましたが、
彼女も、会社ができる前に、メアリーさん個人からオイルをいただき
家族の命が救われたといいます。
国も言葉も違えど、皆、ここの精油を愛し、
ゲリーとメアリーを愛する『家族』なんやなぁと、微笑ましく観てました。

ま、人それぞれ。自由だよね。

どんな使い方をしようが、
どんな関わり方をしようが、
家族です。

そして、私たち、一人一人も社員のように、
大事にされているのを感じました。

私は、こんな、世界の大舞台に立ったのは初めてなので、
緊張と遠慮と、言葉の壁で、いっぱいいっぱいでしたが、

後から写真を見て気づきました。
私以外は、全員足を組んで、高飛車そうにみえますが、
…でも、私が話してる時は、しっかり私の方を見守るように
聞いてくださってたんだなぁって。

-*-*-*-*-

...話せてない事。

世界中の仲間たちに、伝えたかったメッセージは、
ぶっちゃけ、たくさん降りてきていました。

じつは、今でも、
いくつか降りてきています。

いつか、機会があれば、しっかり伝えたいと思っています。

(何人かは、無償でセッションみたいな事をやらせてもらいましたよ☆)

※(犬と)ファミリーみたいだねって言われました。
ツアーで一緒になったヤンリビ以外の人たちとも、仲良くなったよ^^

やっぱ、英語ぐらいは、できなきゃだよね(勉強します←予定/苦笑)

-----------------
読んでいただいた後は ポチっとしてくださると嬉しいです↓
イラスト・CG ランキング
-------------------

youngLIVING.Carib Cruise.ThanX
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

バルバドスにて朝方の満月/海底の玉響(オーブ)/アトランティス☆カリブクルーズ6.5

2009-04-12 17:31:54 | 水の癒し~水の精霊たちの唱い~
****☆6日目ブリジットタウン・バルバドス☆****

いつもどおり一人で甲板にでかけ、朝日を待つ。
去年は比較的いい天気で、
毎朝早朝をランニングしてる方等がいたんやけど、
今年は走ってるのは一人。
同じように朝日を観にくる人々も0~1人ぐらいと少人数でした。
でも、朝の新鮮な時を独占できて良かったけどね^^

3/12。今日も雲。朝日はまだ登らないが、振り返れば
アトランティスの蒼空にキレイな満月。

やがて、神々しい光が雲間から覗き始める。

この辺でやっと人がポツポツと来て、3人ほどになるんだよなぁ。

部屋に戻りベランダにてポーズをとってみる。
新しくゲットした小柄のホラ貝を持って、…あんま脈動感がないなぁ…笑
吹いてるフリで撮影☆

うれしがって、吹いてたら、隣の部屋の人が窓を閉めたのだ(爆)
…うるさかったのね^^;…なので、自粛して吹くマネだけの撮影です。

ブリジットタウン・バルバドス。
じつは、グレープフルーツが発見された島でもあります。

昨年は時間が間に合わず観れなかった
潜水艦アトランティス号での海底ウォッチング。
まず見えて来たのは沈没船。

水の中やのに玉響(オーブ)がいくつか写る。
亡くなった魂?それとも海の精霊たち?

http://plaza.rakuten.co.jp/rinamika/diary/200904120002/
※写真はコチラに

あっ、かめだ^^かめ(嬉)

魚の群の中に入る潜水艦。
蒼いキレイな魚と、銀に黄色尾の魚の群が一緒に泳ぎます。
たまに、目が合うのよ^^



再び沈み行く潜水艦にバイビーを言い
少し街を歩く事にしました。

ほんまは、キレイなビーチにでも行きたかったのですが
お土産探しに繰り出す事に。
偶然見つけたバザールで、ほら貝ゲット♪
おいらのを観て欲しがる人が続出したので、今回ゲットしたほら貝3つのうち
2つは、旅の仲間に譲りました。

町並みより、植物や動物を観た方がテンション上がります。
「この豆の木可愛い^^」

港に辿りつくと、昨年乗った懐かしのあの船が…
「セレナーデ オブ シー」可愛い!でかい!
やっぱり、この船大好きです^^*

荷物積んだりするクレーン車も、かなりでかい★
普段見なれないものなので、けっこうテンション上がりました。
でも、それは、ゴミゴミした町中じゃなく、澄みきった青空の下で
観たからでしょうね^^

帰って、船内から夕日を観て、バルバドスとの別れを惜しみます。

夜のディナーの後。日本からの参加者全員で写真を撮りました^^☆ぱちり

去年は、憧れ。そして遠くの人と思えた世界トップの方々が
凄く気さくに、写真を撮ってくださいました。
どちらも楽しそう^^♪

次々と日本人から手渡されるカメラを、それぞれが受け取って
シャッターを押してくださいました。

カリブクルーズで2回。
そして、ユタでのコンベンションと、合計3回も会ってるので
もう、すっかり友達です^^

「また来年も皆と会いたいな」
自然に、そう思えます。

普通に日本で生きていたら、きっと接点もなかった
精油で繋がった家族たち…☆

この夜、船上で、急遽『ほら貝講座』を行いました。
譲ってあげた2人が来るだけかと思ってましたが、
噂が噂を呼び、ほとんどの日本人が集まりました。

通常、聖具(ライトワーク)に使う道具たちは、
他人には触らせない方がいいのですが、
この日はワイワイ言いながら皆で楽しみました。

その中には、ヤングリヴィング・ジャパン社長の神力さんや、
その奥さんも…^^

一人、また一人と、ほら貝を手渡し、
終わる頃には、全員吹けるようになってました^^

『日本の皆が一体になった。』そんな事を感じた夜でした☆


-----------------
読んでいただいた後は ポチっとしてくださると嬉しいです↓
イラスト・CG ランキング
-------------------



ちなみに、前日のトバコの龍神様の写真はコチラに^^
http://plaza.rakuten.co.jp/rinamika/diary/200904120001/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリニダード・トバコ~南国の花と龍~アトランティス☆カリブ旅5.5

2009-04-12 16:11:37 | 観るアロマテラピー
****☆5日目トリニダード・トバコ☆****

アトランティスカリブの旅5日目。
今度は、トリニーダード・トバコ。南アメリカに一番近い島です。
朝焼け前の船上デッキを走り、朝日たちと出愛にいきます。

来週あたり、仲良しの「虹を紡ぐ者」さんも、この辺に来るそうです。
(ブラジル、アマゾン川あたり)
船首にて、一人。南アメリカが見えないか目を凝らして探します。
(見えない。方向違いか、よっぽど遠いのか)

空には、朝焼けでくねる紅龍雲。マグマ龍を思い出す、

天女たちが通りすぎたと思いきや、朝日が顔を出しました。

ようやく蒼みをおびてきた広空に、白く光る大きな龍が顔を覗かせます。

※写真はコチラ
http://plaza.rakuten.co.jp/rinamika/diary/200904120001/

幻想的な雲と朝日のハーモニー

記念に買った緑黄色のドミニカ産琥珀
日本からはるばる連れてきたアンダラも喜んでまつ^^

昨日買った、グレナダのスパイスネックレスと一緒にハイポーズ♪
黒に赤模様の木のみがナツメグです。

黄色い○の実の中に、入ってるのが、この種なの。

さぁ、満タンの光をチャージして、本日は、トバコ島ツアーです。

まず丘に上り、花や共生してる大きい木や
鳥たちと出愛ます^^

この島は、けっこうニワトリが放し飼いされてます。

原色の花々、素晴らしいでつ^^


現地のお店はフルーツや野菜がたくさん。
モンキーバナナを買いました。皆でわけて食べるとむちゃ甘かったよ^^

船にもどったら、ヤンリビの取材のやり直しでつ。
日本でする講座や授業、セッションでは
言いたい事、必要な言葉はスラスラでてくるけど、
言葉も通じない海外のスタッフにカメラを向けられて、
ハイ自由に話してくださいと言われても、
っけっこう緊張して、顔も固くなり、思ったように話せません^^;

1テイク目、いい感じで話てたら最後に汽笛だかアナウンスが流れて
ボツになりました。

皆、大笑い
「別にそれ使ってもいいよ。面白いじゃん」とか言いながら
念のため、後、2テイク撮影。

…やればやるほど、固くなっちゃったよ^^;
(真ん中の足は、逆に縮んでたかも知れません。)

-----------------
読んでいただいた後は ポチっとしてくださると嬉しいです↓
イラスト・CG ランキング
-------------------
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

虹色に溶ける満月~アトランティス☆カリブ旅4.5グレナダ~

2009-04-12 14:39:12 | 神社仏閣☆聖地めぐり
****☆4日目グレナダ☆****

今日も曇り。6:00の時点でまだ日は登ってない。
この辺は日の出タイムは遅いのね。
そのかわり、確かユタもそうだったけど、夜の19:00でも明るい。

雲はおもしろい形してるなぁ。同じ形で大小並んでる^^

ん!?明るくなってきたかな?

キター!!^^ ピカー!!



パンパン♪(柏手) 今日もいい感じや^^ 楽しんでいこう♪

バスに乗ってツアーが始まる。
山奥に入り、まず見つけた頭にフルーツを乗せた女性…
「わーい」って駆け寄って行って写真をパチリ♪

笑顔で手を出される。ん?握手か?(おれも有名人だね^^)
え?何?お金?あぁお金ね。1ドルを渡す。

ギター持ったおじいさんが出てくる。
「どっから来た?ジャパン?」
♪よここそジャパンから~♪とか、適当に歌い出す。
奥から、猿を肩に載せたおっさんも出てくる。
皆、チップ目当てが見え見えなんで、もう無視して、滝に向かう(W
滝に虹がかかってる☆撮ってみると玉響(オーブ)が…(喜)



植物たちと交流^^☆

普通っぽい葉もでかい。そして色彩がきれいなり。

バナナの木ががたくさん

そして、黄色いタマタマのような実がたくさんの木。

「この木も、やたらたくさんあるけど、何?」
…ナツメグだそうです。
この島は、バナナとナツメグが、いっぱい。
普段使ってるエッセンシャルオイルの現物がたくさんあるので
興奮しました。
クローブや、シナモン、ナツメグなんかで編まれたネックレスを
早速購入します^^


怪しい薄暗い建物の中に入っていくと、
そこはスパイス(木の実)を集めたり説明する場所のようでした。
説明を聞いていると、なんと偶然、ヤングリヴィングのツアーの方々が
入ってきました。

いぇい^^とか、言って写真撮って、しばしワイワイ♪

次は、港の近くを通り小高い丘へ

花々がキレイやね^^
港、そして乗っていた船が見下ろせます。

ツアーバスを降りた後は、街をレポート

船にもどったら、ヤングリヴィング本社からのインタビューでつ。
日本支社の社長、神力さんが通訳をしてくださいます。

一発オッケー…が出たんやけど、確認すると機械の故障でノイズが…

残念ながら、明日もう一度。という事で
夕日を見つめながらこの日は終わりました。

夜は、またまたキレイな満月。
解けて落ちてきそうな月でした☆

-----------------
読んでいただいた後は ポチっとしてくださると嬉しいです↓
イラスト・CG ランキング
-------------------

~滝虹たまゆら(オーブ)とグレナダの朝日の写真はコチラで~
http://plaza.rakuten.co.jp/rinamika/diary/200904120000/
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加