宇宙人や日本神界からのリアルタイム通信を絵に! 扉を開くヒーリングアートちゃぴ

チャネルによる自動書記、スピリチュアルアート通信
絵と詩が魂の扉を開く!毎日がオーラの泉状態です☆
川村朋之の鍵画

西表島UFO異次元動物体験記♫

2017-07-14 14:35:09 | 鍵画〜扉を開く〜第四...
ガイドさんからUFOの話を聞き、そんなに興味はなかったけど観に行く事に。
だって毎日、高次宇宙存在とも話しあってるわけだからさ^_^普通やし

待つの嫌な私は、夜の橋の上で速攻聞いてみる。
で、ここに今UFOいるの?

いるにはいるが次元階層が違うし、ちゃぴさんが設定してる時期からは早いからおそらく見えないだろう。って。
ま、そりゃそうでしょう。見せる為には次元をだいぶ落とさなくちゃいけない。そのエネルギーと労力は大変だから、そんな簡単にはやらないのは一応常識です。
その特別な体験を誰(どの星の自分)といつやるかも生まれる前から決めてます。

月灯りだけの橋の上から、早々に諦めた帰り道。
なんと橋を渡ったと同時に幻のイリオモテヤマネコが現れ、ズキューン!と目が愛いました★
現地の人でも一年に一回、見れるか見れないからしく、すぐ車を引き返して探しに戻りましたが、二度と現れませんでした。

イリオモテヤマネコの目は少しグリーンがかった黄色に輝き、向こうも私を見て、エネルギーが繋がりました。
次元を超えた不思議な感覚だったので宇宙存在に確認してみました。

これって…私をUFOで呼び寄せて見せてるよね?あの猫は宇宙存在の投影?
…よくUFOや宇宙人たちは鷹や天使、飛行機にエネルギーを投影したり、媒介する事で地球に定着するよね?
それじゃないの?

すると返ってきたのは、もっと面白い答えでした。
宇宙存在ではないんですが、ちゃぴさんとご縁が深い未来の動物がやってきて、ちゃぴさんが一番興味を持ち、見つけやすい形としてイリオモテヤマネコの形をとったようです。

幻の動物や、そうでなくても時空を超えて地球上の動物の姿を借りてやってくるトーテムアニマル的な存在は沢山います。
大きな意味ではペットも毎回やってくる縁が深い魂です。

そして、それをやりやすい時、場所、状況、一緒に誰かがいるとしたらその平均値の波動。
全てのタイミングが合わないとそれは起きません。
難しいと思うでしょ?
でも宇宙に連動して五次元意識で生きていると、全てシンクロと奇跡が続くので、自然にその場に自分もいます。

星のレムリアで、未来の話をしますが、そこで言う「過去に行ってきた道具を使わないとできない低次の魔法ではなく、全く新しい概念のミラクル、魔法」とはこういう事です。

バシャールが言う「ワクワク」の結果、連動していく引き寄せも、似た種類のものだよね。
このワクワクの正しい認識は、3で話します。
バシャールの言い方では地球では誤解も起こったからと高次の宇宙存在がもう少し詳しくレクチャーしてくれました。

私はアトランティスの時、突然変異的に深い知能とスピリチュアル能力が高い動物がいる事に気づき保護機関を立ち上げました。
オウム型のその生き物と親愛な関係を築いてた事を思い出しながら、驚きと興奮の中、寝落ちしました★

翌朝、星砂海岸で写真を撮ると、私の手に顔を寄せるようにイリオモテヤマネコが映りました。
昼に行った海岸では足跡を見せてもらえました。
しばらく一緒みたい★╰(*´︶`*)╯♡

#西表島 #バシャール #未来から #トーテムアニマル #アトランティス #イリオモテヤマネコ #レムリア #UFO
#japantrip #エササニ

銀河に光を
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

一人でも多くへ愛が届きますように

ヒーリングアート ブログランキングへ
『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピナイサーラの滝、西表島へ | トップ | ブログ開設4444日!そろそろ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鍵画〜扉を開く〜第四...」カテゴリの最新記事