美味!な日々

食べることとミステリーが大好き♪な兼業主婦の日記です。
最近は観劇がメインとなりつつある…。

ハッピーなおとぎ話(映画/試写会:ペネロピ)

2008-03-02 18:30:17 | 映画
うーん、一週間に2回もステキな映画に出会えると、うれしくなっちゃいますね~。
数日前の『ガチ☆ボーイ』に続いての試写会は『ペネロピ』。

Cinemacafe.netさん主催のこの試写会、
映画の上映前にMEGUMIのトークショーがありました。
テレビで見るよりナマで見る方がかわいい。。。
答えは多少事前に用意していたのでしょうが、
結構頭いいのかも…と思わせる受け答えで、印象がちょっと変わりましたね。
たった150席ほどの映画館で30名位は報道陣だし…ちょっと贅沢なトークショー付試写会でした。

さてと、、、本編ですが、一言で言うならコメディ要素たっぷりのおとぎ話。
特に女性は見たら幸せな気分になれるかと…
先祖にかけられた魔女の呪いにより、豚の鼻(と耳)を持って産まれてきた名家の娘ペネロピクリスティーナ・リッチ)。
家から一度も出ずに英才教育を受けたペネロピは、
呪いを解けるのは「同じ仲間」との結婚=名家の子息との結婚と
考えた母親(懐かしい!『ホーム・アローン』のキャサリン・オハラ)に
見合いをいくつもセッティングされるが、相手の男性はことごとく逃げてしまう。。。
そんな中、唯一逃げなかったマックスジェームズ・マカヴォイ)に
いつしか恋心を持ち…というストーリー。

~ここから先はちょっとネタバレ含みます!!~

とにかくクリスティーナ・リッチがキュート!
それなりにリアルな豚の鼻の特殊メイクでもあの可愛さは何なんでしょう。
そしてジェームズ・マカヴォイがめちゃカッコイイ!
うらぶれた名家の御曹司、
いや、ミュージシャンがペネロピと出会うことで変わっていく姿をステキに演じています。
これからどんどん人気が出そうな俳優さんですね。
ペネロピの父親(リチャード・E・グラント)もとってもチャーミング。
執事はユニークなキャラだなぁ、と思っていたら、
彼(彼女?)が魔女だったとは。。。納得です。
ものすごい娘想いと思いきや、結局は自己中だった口うるさい母親に、
魔女が声の出なくなる魔法を去り際にかけていく
というエピソードにはちょっとにんまり。

ペネロピが初めて外の世界に飛び出していくシーンの街並(夜景)は、
私の目にやけに眩しくうつりました。
外の世界で臆することなく行動する彼女の姿には
勇気・元気といったパワーをもらえます。
そして何より最後のハッピーエンド。幸せな気分に浸れました~
イギリスの素敵な街並ペネロピの素敵な衣装の数々も目を楽しませてくれますよ。

ペネロピ@映画生活
映画チケットなら@電子チケットぴあ

ペネロピ (ハヤカワ文庫 NV ケ 6-1)
マリリン ケイ,リース・ウィザースプーン(序文)
早川書房

このアイテムの詳細を見る
Penelope [Original Motion Picture Soundtrack]
Jon Thor / Dyrason, Orri P. / Holm, Georg / Sv Birgisson,Torquil / Millan, Amy / Seligman, Chris / Cranl Campbell,Devotchka,Schuyler / Bassett, Dave Fisk,James Greenspun,Meiko,Meiko,Allison / Hiebert, Chris / Chase, Andy Shevernoha,Joby Talbot,James Killington Thompson,Christopher Austin,Michael Jermoe,Fil Krohnengold,William M. Golden,James Greenspun,Robert Pegg,Schuyler Fisk,Wenzel Templeton
Lakeshore

このアイテムの詳細を見る
ペネロピ

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日の私へ(映画/試写会:ガ... | トップ | 吉祥寺:ヴィレッジヴァンガ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ペネロピ/ PENELOPE (我想一個人映画美的女人blog)
2年前のトロント映画祭でyueと1時間半も並んだのに二つ前で切られて{/face_naki/}(当日チケット完売{/ase/}) 見逃してからずっーと公開を待ってた映画、ついに日本上陸{/ee_1/} 3月公開を前に、試写で観てきました~。 その昔、ゴシップでブタの鼻をつけた主演の...
『ペネロピ』 (ラムの大通り)
(原題:PENELOPE) -----この人、クリスティーナ・リッチだよね。 なんで顔隠しているの? これって寒いところのお話? 「いやいや。顔というよりも正しくは“鼻”、そして“耳”かな。 実は、彼女は豚の鼻と耳を持っているんだ」 -----豚?それはまた突飛な話だニャあ。...
「ペネロピ」:小日向四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}愛知学生会館かあ。やっぱりここの学生たちは、毎日ミソカツ食べて暮しているんだろうな。 {/hiyo_en2/}愛知の学生がみんな豚カツにミソかけて食べていると思ったら、大間違いよ。 {/kaeru_en4/}愛知の女学生の鼻はみんな豚の鼻になっているっていうのも、...
『ペネロピ』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
自分にとっては珍しく、昨日の夜も仕事帰りに映画鑑賞。2夜連続で映画鑑賞するなんて奇跡だ(笑)。ということで、新宿のタカシマヤテアトルタイムズスクエアで『ペネロピ』を観てきました。公開1週目だけレイトショーをやっていたので、それ狙いで。それにしても、水曜レデ...
ペネロピ を観ました。 (My Favorite Things)
時間がぴったりだったのと、観るのなら軽いのがいいなぁって…
ペネロピ (to Heart)
製作年度 2006年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 101分 監督 マーク・パランスキー 脚本 レスリー・ケイヴニー 出演 クリスティナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/ピーター・ディンクレイジ/リチャード・E・グラント/サイモン・ウッズ/...
ペネロピ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  祖父が犯した罪のため、ブタの鼻を持って産まれた女の子が、主人公のペネロピである。この呪いを解くには、名門の家に生まれた男性と結婚しなくてはならない。  それで何度もお見合いをするのだが、誰もがペネロピの顔を見たとたんに逃げ出してしまう。さあ、...
★「ペネロピ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で2本。 その1本目。 熱烈?なペネロペ・クスルのファンのひらりんとしては、とっても気になるタイトル。 もちろん彼女とは全く関係ない作品で・・・ 怪演技が続くクリスティーナ・リッチが主演。
ペネロピ (たかお=うどイズム)
あるがままの自分の素晴らしさに気づいたら幸せはやってくるというおとぎ話。 マーク
ペネロピ (eclipse的な独り言)
 彼岸の墓参りのついでに観てきました。といいますより、映画のついでに墓参りに行っ
『ペネロピ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ペネロピ」□監督 マーク・パランスキー □脚本 レスリー・ケイヴニー □キャスト クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リチャード・E・グラント、サイモン・ウッズ、リース...
ペネロピ(^0_0^)女は顔じゃないよ!ハートだよ!! (銅版画制作の日々)
  顔じゃないよ だよ でも第一印象で決めるのはやっぱり・・・・。顔が綺麗可愛いっていうのがありなのかも世の女性の皆さん、これを観てどう思われるでしょうか?何か勇気が持てそうな感じが???? 5月3日、連休真っ只中、「ペネロピ」を京都みなみ会館にて鑑賞...
「ペネロピ」 呪いを作るのは僕たちの心だ (はらやんの映画徒然草)
一族にかけられた呪いによって名家の娘ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は豚の鼻と
むかしむかしあるところに (MESCALINE DRIVE)
「ウォンテッド」を観て「つぐない」を観た。ジェームズ・マカヴォイ祭りを続行するならば、これを観なければならないと云うことで「ペネロピ」を観た。 「つぐない」については近く記事を更新するつもり。 名門ウィルハーン家にはひとつの呪いがかけられていた。悲恋を...
ペネロピ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「ペネロピ」 感想 ペネロピ 好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。 裕福な名家に生まれた...