美味!な日々

食べることとミステリーが大好き♪な兼業主婦の日記です。
最近は観劇がメインとなりつつある…。

大人のファンタジー(映画/試写会:パコと魔法の絵本)

2008-09-12 23:46:10 | 映画
大王後藤ひろひとの名作舞台『MIDSUMMER CAROL~ガマ王子VSザリガニ魔人~』を映画化した『パコと魔法の絵本』を試写会で観て来ました。あの『下妻物語』や『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督作品でCGアニメと実写が融合されためちゃめちゃカラフルでポップな作品でした。

嬉しいことに舞台の脚本ほぼそのままということで、聞き覚えのあるセリフがたっくさん!!なかなかいいじゃないですか~。春先に再演された舞台を見たばかりなので嫌でも比べてしまいますし、監督の独特の世界観と果たして合うのだろうか?と映画を観る前ははっきりいって期待していなかったのですが、なかなかどうして、ちゃんと笑えてちゃんと泣けました。やはりこの作品は大人のファンタジーですね~。映像やキャラクター設定はそれなりに手が加わっていましたが、それはそれでストーリーに馴染んでいました。大貫(役所広司)の甥の息子(どちらも加瀬亮の二役)の家だけは気持ち悪かったですけどね。

キャストの中で「この人でなければ!」というのは阿部サダヲ山内圭哉。この二人は良かったなぁ。他の人では代わりがきかないです。役所広司ってあのヘアスタイルにすると北大路欣也とそっくりじゃん!などというどうでもいい新しい発見も(笑)。そういや、冒頭、大王(後藤ひろひと)御大のどアップで始まったのにはびっくり。大王は演劇界以外ではメジャーではない為、周囲は誰も気づかないらしく、私一人で笑ってました。大王をご存知の方はお見逃しなく!

パコと魔法の絵本@映画生活
映画チケットなら@電子チケットぴあ

パコと魔法の絵本 (幻冬舎文庫 せ 3-1)
関口 尚
幻冬舎

このアイテムの詳細を見る
ガマ王子対ザリガニ魔人―パコと魔法の絵本
堀米 けんじ
主婦と生活社

このアイテムの詳細を見る
パコと魔法の絵本 PHOTO STORY BOOK (ぴあMOOK)

ぴあ

このアイテムの詳細を見る
パコと魔法の絵本 オリジナル・サウンド・トラック
包帯バンド,ガブリエル・ロベルト
コロムビアミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お手軽中華 | トップ | 田中啓文:落下する緑 永見緋... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
パコと魔法の絵本/PACO and the Magical Book (我想一個人映画美的女人blog)
主役のパコちゃん以外、ほぼ全員、キャラ濃っ{/ee_1/}個性豊かすぎる面々が詰まったおもちゃ箱{/atten/} まるで、焼きそばとカレーと焼き肉とお寿司とチョコレートとエビフライと薔薇の花をごった煮した鍋みたい{/kaminari/} どんな鍋じゃ。 うげっ。そんな気持ちワル...
『パコと魔法の絵本』 (ラムの大通り)
----これって『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督の新作だよね。 観る前はあまり期待していなかったようだけど…。 「いやいや。 やはり映画は観てみるもの。 これがもう大感動のクライマックス」 ----それって泣かせる映画ってこと? ビジュアルからは想像つかニャイけど...
[映画『パコと魔法の絵本』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆こんな映画が、日本で作り得たことに、先ず、喝采を送りたい。 その是非は別として、監督の思いは存分に表現できたのではなかろうか? 画面上の全てに手が加えられていて、私は、ピーター・グリーナウェイ監督の『プロスペローの本』を思い出した。 しかし、今作は、...
「パコと魔法の絵本」何が出てくるかわからない奇想天外なパコのマジックストーリー (オールマイティにコメンテート)
「パコと魔法の絵本」は病院に入院している嫌われジイさんが記憶が1日しか持たない少女と出会い心に残る事をしようと病院全員でお芝居をして頑張るコメディーファンタジーストーリーである。ストーリーは殆どハチャメチャだが最初から最後まで笑えて呆れてしまうコントの...
パコと魔法の絵本 (利用価値のない日々の雑学)
予告編や予告記事で作品を見たいと思ったが、予告編で判明できる以上の要素が何もなかった作品。邦画としてはここ数年ではかなり高い期待度であったが、結果として残念賞作品であった。 物語は良く出来ているし、出演人物のキャラ設定も整理されている。又、小さなヒ...
「パコと魔法の絵本」泣いて笑って大人の絵本 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
バカにしていたら、いけませんな。 子供だましの絵本ファンタジーと思うなかれ。 泣いて笑って、笑って泣いて、すごく変だけど、癒される。 出演者でまともなのは、劇団ひとりだけ~~~って、どうよ?・・・・・・・・・・・小池栄子さん、やりすぎです。
パコと魔法の絵本★★★★+劇場68本目:ハンカチ必須!笑って泣... (kaoritalyたる所以)
日本映画では珍しく、カラフルなCGとの組み合わせで独特の世界観がありそうだなぁ~・・と思って密かに楽しみにしてたパコ、初日に観てきました。そして思った以上にそのCGとの組み合わせが巧く出来ていて、とうとう日本にもこんな映画が出来たのか~・・と感慨深いも...
アヤカ・ウィルソン 趣味特技活動等 (アヤカ・ウィルソン応援サイト【非公式】)
出典元 : 日本タレント名鑑 生年月日 1997/8/3 性別 女 星座 しし座 出身地 カナダ 趣味 歌 絵を描くこと 縄跳び お料理・お菓子作り 特技 ヒップホップ ローラーブレイド 歌 バイリンガル 主な仕事 尾崎商事、ディズニ-プリンセス、タカラ、組曲、三越、ナルミヤ、...
映画「パコと魔法の絵本」 (FREE TIME)
3連休中に映画「パコと魔法の絵本」を鑑賞しました。
『パコと魔法の絵本』2008・9・16に観ました (映画と秋葉原と日記)
『パコと魔法の絵本』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 有る所に、鞭打ち症の老齢のオカマ(國村隼)や大人の俳優に脱皮出来なかった元有名子役(妻夫木聡)や消防車に轢かれた消防士(劇団ひとり)やとんでもない物に銃で撃たれたヤクザ(山内圭哉)と...
パコと魔法の絵本 (映画君の毎日)
「下妻物語」「嫌われ松子の一生」と映像も内容も抜群のセンスの中島哲也監督。 独特の色彩や光やその動きが独特で癖になるのか、どうしても観たくなった。 俳優陣もさらにパワーアップしての大人の童話。 演技がしっかりしているからこそ見応えもあり、薄っぺら...
パコと魔法の絵本 (Akira's VOICE)
命きらめく絵本劇。  
★「パコと魔法の絵本」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
だいぶ前から劇場で予告編を流してた期待の1本。 実写と3D・CGの合成みたいな映像は華やかで楽しそう。 監督は「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也。 この作品も豪華・異色キャストで話題だけど・・・ ひらりん的にはヒロイン役のアヤカ・ウィルソンちゃ...
「パコと魔法の絵本」:亀戸四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}亀戸駅へ続く通りって、ときどき青空市をやってるのか。 {/hiyo_en2/}古本とか売ってるみたいね。絵本はないかな。 {/kaeru_en4/}「ガマ王子対ザリガニ魔人」とか? {/hiyo_en2/}どうして私のほしい本がわかるの? {/kaeru_en4/}そりゃあ、わかるさ。俺とお...
『パコと魔法の絵本』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「パコと魔法の絵本」□監督・脚本 中島哲也 □原作 後藤ひろひと □脚本 門間宣裕 □キャスト 役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、加瀬亮、小池栄子、劇団ひとり、國村隼、上川隆也 ■鑑賞日 9月14日...
パコと魔法の絵本 (Memoirs_of_dai)
子役の一生を皮肉ってるが子役が主役 【Story】 変わり者が集まるとある病院。そこは、大人の俳優に脱皮出来なかった元有名子役や消防車に...
パコと魔法の絵本 (せるふぉん☆こだわりの日記)
レビューが遅くなりましたが、昨日9月15日に「パコと魔法の絵本」を見てきました。
【パコと魔法の絵本】 (+++ Candy Cinema +++)
【監督】 中島哲也   【原作】 後藤ひろひと(舞台『ミッドサマーキャロル』)    【脚本】 中島哲也 、門間宣裕   【公開】 ...
【2008-215】パコと魔法の絵本 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 子どもが大人に、読んであげたい物語。
「パコと魔法の絵本」 「強い」と「弱い」 (はらやんの映画徒然草)
こうやってブログで映画の話を書いていますが、基本的に良くても悪くても観た作品につ
『パコと魔法の絵本』@新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大貫は、持病で入院していた。病院には、患者も医者も看護婦もクセのある者ばかりが集まっていた。その中で唯一、ピュアな心を持っていたのが、交通事故で入院した少女パコ。我侭な大貫だったが、パコの優しい心に打たれ、毎日、絵...