美味!な日々

食べることとミステリーが大好き♪な兼業主婦の日記です。
最近は観劇がメインとなりつつある…。

ジャージの魅力(映画/試写会:ジャージの二人)

2008-07-19 23:46:45 | 映画
映画『ジャージの二人』のプレミア試写会に行って来ましたよ~。ジャージを着ていくとポストカードがもらえるということでジャージ姿の人が結構いて、会場の雰囲気を盛り上げていました。お待ちかねの舞台挨拶では堺雅人鮎川誠水野美紀田中あさみダンカン大楠道代中村義洋監督が登壇。さんはとても良くしゃべってくれて嬉しかったですし、何といってもあの笑みをナマで見られて幸せ~。監督だけ何故か上下ジャージ姿だったのですが、その理由は、舞台挨拶の写真や映像ではいつも監督の横で切られてうつらないから、(うつしてもらえるように)着て来たとのこと(笑)。鮎川さんは相変わらずのあの独特の喋り方で、微笑ましかったです。

さーて、映画本編ですが、最近の映画で言うと『歩いても歩いても』の雰囲気と『西の魔女が死んだ』の風景(田舎ライフ)にちょっと笑いを足した感じの映画でした。監督さんは「この映画はどう感じて欲しいかではなく、見終わったあとにどう感じるか、という映画」と仰っていましたが、私はとても好きな系統の映画です。セリフとセリフの絶妙な間(舞台挨拶の話によるとこの絶妙な間は鮎川さんが作り出したそう。)や、ジャージの二人が三人になったり一人になったりする妙、携帯の電波に縛られている現代人の図、不倫をしている妻(水野美紀)に電波の穴場をわざと教えない夫(堺雅人)の哀れ、不思議な隣人の遠山さん大楠道代)などなど、90分ちょっとの中にストーリー的には大事件もどんでん返しも何も起こらないけど見所がぎゅぎゅっと詰まった、けれどもゆるーいゆるーい映画でした。

ジャージといえばドラマでは『ごくせん』ですが、映画でジャージをこんな魅力的にみせた作品は初めてかもしれませんね~。私はジャージって今までの人生で縁がなくて、持ってもいなければ着たこともなかったですが、この映画を観て、とっても着てみたくなりました。着たらリラックス度が上がるんでしょうかね~。

ジャージの二人@映画生活
映画チケットなら@電子チケットぴあ

ジャージの二人 (集英社文庫 な 44-1)
長嶋 有
集英社

このアイテムの詳細を見る



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルパ~ン?(舞台:五右衛門... | トップ | つるっ(舞台:道元の冒険) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジャージ (kimion20002000)
2008-08-18 00:24:02
TBありがとう。
その後、街角で、ジャージ姿を見かけると、微笑ましくなります。
日本でのジャージ天国は、関西の尼崎と一部では言われていますが、ほんとかどうか(笑)
天国? (rin_mm)
2008-08-20 23:26:40
ジャージ天国と言われる場所があるんですね…。
知らなかった…(笑)

とりあえず、近い内にジャージ購入目指します!(^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ジャージの二人」 大人のリセットタイム (はらやんの映画徒然草)
大人になったら、しっかりと自分で決められる。 いろいろなことに悩んだりしなくてす
『ジャージの二人』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャージの二人」□監督・脚本 中村義洋 □原作 長嶋有 □キャスト 堺雅人、鮎川誠、水野美紀、田中あさみ、ダンカン、大楠道代 ■鑑賞日 7月19日(土)■劇場 角川シネマ新宿■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感...
ジャージの二人 (Memoirs_of_dai)
圏外から電波良好へ 【Story】 仕事を辞めたばかりの息子(堺雅人)が、グラビアカメラマンの父親(鮎川誠)に誘われ避暑地の山荘へやっ...
映画:ジャージの二人(ガーデンシネマ) (駒吉の日記)
ジャージの二人(ガーデンシネマ) 「気持ちに幅を」 父子のバディムービーというと「たみおのしあわせ」。渋くてちょい不良親父と頼りない息子、ってとこが共通してるなあ。そしてジャージというと「ブロークン・フラワーズ」のビル・マーレイがベスト・ジャージス...
mini review 08322「ジャージのふたり」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
芥川賞・大江健三郎賞受賞作家、長嶋有の同名小説を、『チーム・バチスタの栄光』の中村義洋監督が映画化した脱力系ストーリー。互いに私生活に問題を抱え、どこかヘンテコな父と息子が繰り広げる山荘でのスローライフを描く。ジャージ姿で夏休みをのんびりと過ごす親子を...
【ジャージの二人】 (日々のつぶやき)
監督:中村義洋 出演:鮎川誠、堺雅人、水野美紀、田中あさみ、ダンカン 「フリーカメラマンの父と無職になったばかりの息子、二人で夏の間に避暑に山荘にやってきた。二人ともそれぞれ家庭に問題を抱え、それから逃げるかのように現実逃避のようなダラダラした日々
『ジャージの二人』@角川シネマ新宿 (映画な日々。読書な日々。)
ある夏の日、仕事を辞めた息子・32歳は、グラビアカメラマンをしている父親・54歳に誘われて、山里の別荘にやってきた。お互い日常生活に問題を抱えていて、ちょっと現実逃避のつもりの二人は、亡き祖母が集めていた古着のジャージを着て、のんびりと過ごそうと腹を決める...
【2008-194】ジャージの二人 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 息子 32歳 無職 妻はよそのおおとこと恋愛中 父親 54歳 グラビアカメラマン 三度目の結婚にも黄色信号 父子ふたり山荘で過ごす、 ちょっと遅めでモラトリアムな夏休み ワケあり父子(おやこ)の、何もしない夏休...
【2008-194】ジャージの二人 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 息子 32歳 無職 妻はよそのおおとこと恋愛中 父親 54歳 グラビアカメラマン 三度目の結婚にも黄色信号 父子ふたり山荘で過ごす、 ちょっと遅めでモラトリアムな夏休み ワケあり父子(おやこ)の、何もしない夏休...
【映画】ジャージの二人 (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編をみて面白そうだと思った ▼感想 感想を書きながら面白さに気づくおかしさ ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 仕事を辞めたばかりの息子(堺雅人)が、グラビアカメラマンの父親(鮎川誠)に誘われ避暑地の山荘へやってくる。息子は妻...
携帯はやっぱり大切?~「ジャージの二人」~ (ペパーミントの魔術師)
安いのには訳がある? 得した気分でいっぱい買ったら あっちからもこっちからももらって もう見たくもないというくらいのトマト。(笑) 結局食べきったのだろうか・・? 東京の気温を天気予報で聞いて よっしゃってガッツポーズとる、 そんな小さな幸せが微笑ましい。...