美味!な日々

食べることとミステリーが大好き♪な兼業主婦の日記です。
最近は観劇がメインとなりつつある…。

戦争を知る。(映画/試写会:明日への遺言)

2008-02-16 02:33:55 | 映画
ビー・ムービー』の試写会で予告を見て、予告だけで号泣してしまった『明日への遺言』の試写会に行ってきました。岡田資(たすく)中将の戦犯裁判~処刑までの実話の映画化です。

最初の10分は当時の戦争の映像で繋がれ、記録映画といった感じ。その映像の最後に裁判の元となった処刑事件にちらっと触れ、本編に入っていきます。最初、淡々と裁判が進んでいくので、多少単調さを感じざるおえませんでしたが、びっくりしたのが、その裁判の公平さ。弁護人(もちろん米国人)がちゃんと弁護しているのです。私の知識不足とはいえ、これには驚きました。全部の戦犯裁判がそうだったとは思えませんが、こういう裁判もあったのですね。。。。

ほとんどが裁判のシーンなので、裁判に関係する人以外はほぼセリフがありません。岡田中将の妻役の富司純子も一部ナレーションを除いてセリフは無いに等しいのですが、さすがベテラン、表情だけでも十分色々な事が伝わってきます。主演藤田まことの落ち着いた演技もさすが。多くの助命嘆願が国内外から出る程の人物だったというのが藤田さんの抑えた、しかし毅然とした演技でひしひしと伝わってきました。

西村雅彦蒼井優田中好子が裁判の証人としてちょこっとだけ出演。田中好子さん演じる証人の生生しい証言には胸が痛くなり、目頭が熱くなりました。

涙腺の弱い私は中盤以降はほぼ泣きっぱなし。。。裁判中、公正な裁判に礼を述べるシーンや、判決が決まって家族に「本望」と言うシーンや部下と別れるシーンなんてヤバイです。どのシーンでも気づくと涙が頬を伝っていました。エンドロールの森山良子の歌も染みましたわ~。

一つだけ残念だったのはナレーターの竹野内豊。上ずった声が最後までどうしてもどうしてもしっくり来ませんでした。初ナレーションらしいですが、ちょっとミスキャストかなと思いました。

字幕が読める年齢以上の人であれば「知る」という意味で是非観て欲しい映画ですね。

明日への遺言@映画生活
映画チケットなら@電子チケットぴあ

ながい旅 (角川文庫 お 1-2)
大岡 昇平
角川書店

このアイテムの詳細を見る
明日への遺言 オリジナル・サウンドトラック
加古隆,サントラ
エイベックス・クラシックス

このアイテムの詳細を見る
ねがい
森山良子,斉藤ネコ,三好功郎
Dreamusic

このアイテムの詳細を見る


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残念無念…(映画/試写会:マ... | トップ | 柄刀一:火の神の熱い夏 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ナレーター (kimion20002000)
2008-08-14 20:37:45
TBありがとう。
あの、完ぺき主義の小泉監督が、なぜこの作品で竹野内豊をナレーションに起用したのか、謎です。
Unknown (rin_mm)
2008-08-15 00:30:09
こちらこそ、TB&コメ、ありがとうございます。
ナレーターのキャスティングだけは本当に謎ですよね。。。耳に感じる違和感が…気持ち悪かったです。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

16 トラックバック

映画:明日への遺言 試写会 (駒吉の日記)
明日への遺言 試写会(アスミック・エース試写室) 「世界平和のために尽力してくれ」 15:30~本編 日本史の授業でも大抵はしょられてしまう明治以降。第一次第二次大戦についてもぽつぽつと大きなトピックがでるくらい。 市街地を爆撃し降下した米兵を略式裁...
明日への遺言・・・これまた驚愕の作品だ! (あーうぃ だにぇっと)
(C) 2007『明日への遺言』製作委員会 監督・脚本:小泉堯史 キャスト 岡田資☆藤田まこと 岡田温子☆富司純子 フェザーストン主任弁護人☆ロバート・レッサー バーネット主任検察官☆フレッド・マックイーン ラップ大佐☆リチャード・ニール 町田秀実☆西村...
ずっしり来ます「明日への遺言」 (夢を伝える紳士bobby`s☆hiroのシネプラザ)
主演の藤田まことさん、 監督の井上監督が 昨年あたりから積極的に キャンペーンをしている 「明日への遺言」 いよいよ3月1日(土)公開です。 実は昨年に完成披露試写会で 早めに見せていただいてました。 当日はお二人の舞台挨拶もありましたが。 昨年公開された「...
「 明日への遺言 (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【明日への遺言】2008年3月1日(土)公開 監督 ・ 脚本 : ...
[映画『明日への遺言』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆私は、『硫黄島からの手紙』を見終えたとき、あのようなふんだんな資金で作った戦争大作洋画に対し、邦画の戦争を語る作品が勝つには「戦争法廷物」しかないと語っていたものだ。 すると、この『明日への遺言』と言う、かなりの傑作が生まれた。 もっとも、東京裁判で...
明日への遺言(2007年) (勝手に映画評)
第二次世界大戦後、撃墜された米軍爆撃機の搭乗員の処刑の罪を問われ、BC級戦犯容疑で起訴された東海軍司令官岡田資中将の法廷闘争を描いた映画です。岡田中将は、この法廷闘争を自ら「法戦」と名づけ、戦いました。これは、その実話を描いた映画です。 この映画まで、...
明日への遺言 (Good job M)
公開日 2008/3/1監督:小泉堯史 「雨あがる」、「博士の愛した数式」出演:藤田まこと/ロバート・レッサー/フレッド・マックイーン/リチャード・ニール/富司純子 他【あらすじ】第二次世界大戦終了後、戦争末期に名古屋を空爆した米軍捕虜を処刑した責任を問われ、B級....
信念の人。『明日への遺言』 (水曜日のシネマ日記)
第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判にかけられた岡田資中将の物語です。
「明日への遺言」藤田まことの名演 (ももたろうサブライ)
監督 小泉堯史少しあらすじ 戦争末期に名古屋を空爆した米軍機乗員を処刑した責任を問われ、岡田資中将はB級戦犯として裁判にかけられる。岡田は裁判闘争を「法戦」と位置づけ、処刑を実行した部下には責任はないこと、米軍の無差別爆撃は違法であることを主張する。感....
『明日への遺言』 (ラムの大通り)
----これってどんな映画ニャの? ニャんだか裁判劇みたいだけど…。 「うん。これはね。 B級戦犯、岡田資中将の法戦を描いているんだ」 -----法戦って? 「その言葉は彼が名付けたもの。 いわゆる法廷闘争だね。 戦後、多くの戦争指導者が自己保身に走るのを見て、 彼、岡...
「明日への遺言」:小石川四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}このあたりは、地下鉄が地上を走ってるのね。 {/kaeru_en4/}空襲があったら目標になりそうで、なんだか危なっかしいな。 {/hiyo_en2/}“空襲”って、いつの時代の話をしているのよ。 {/kaeru_en4/}そりゃ、第二次世界大戦さ。アメリカ軍は日本中の町を無差別...
真・映画日記(1)『明日への遺言』 (          )
JUGEMテーマ:映画 3月2日(日)◆732日目◆ 池袋「シネマロサ」で2連戦……もとい2本見てきました。 というのも、 「シネマロサ」での『いつか眠りにつく前に』の上映が7日までだから、 日曜見た方が楽である。 で、ついでなので同映画館でやっている『明...
mini review 08320「明日への遺言」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判をたった一人で戦い抜いた岡田資(たすく)中将の誇り高き生涯を描く感動作。戦争文学の第一人者である大岡昇平の「ながい旅」を原作に、『博士の愛した数式』の小泉堯史監督が構想15年をかけて映画化。敗戦直後の混乱の中で自身の責任と...
8/15 明日への遺言(’07) (KYOKO〓)
先日新作DVDリリースの小泉堯史監督作品。原作は大岡昇平の「ながい旅」、第2次大戦後、B級戦犯裁判を戦い抜いた、岡田中将の姿を描いたヒューマンドラマ。蒼井優出演とのことでも気になった作品。 冒頭、民衆攻撃への憤りの象徴としてかピカソの「ゲルニカ」から、...
『明日への遺言』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ横浜地方裁判所では、戦争犯罪行為の命令者であるB級戦犯、及び実行者のC級戦犯の裁判が行われていた。東海軍司令官だった岡田資中将と部下19名は空襲の際パラシュートで降下した搭乗員を捕虜として扱わず正式な手続きを踏まずに処刑したことで殺人の罪に問わ...
映画『明日への遺言』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、小泉堯史。脚本、小泉堯史、ロジャー=パルヴァース。原作、大岡昇平『ながい旅