goo

東トルコ旅行記2014 2日目のホテル デデマン シャンルウルファ

2014.09.1717日の猫。 この日のホテルはデデマン シャンルウルファ(Dedeman Sanliurfa)。昨日に続いて近代的で綺麗なホテル。ありがたい。部屋に入るとシングルベッドが三つ並んでいた。スーツケースを開くスペースも十分。バスタブも広めで日本人向けだった。窓からの景色は…特に見るべきものは無し。夕食まで少しの時間だったけど、町を散策してみた。10分 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東トルコ旅行記2014 2日目 ハラン遺跡

2014.09.17東トルコの町を歩くと、よく古い車が駐車しているのが目に付く。ルノー、フィアットなどが多く、一番多かったのはFIAT131…とそっくりな、トルコの自動車メーカーが造った、トファシュ(TOFAş)・ムラット131という車。フィアットからのライセンス生産ということだった。写真のこちらも懐かしいRenault 12TXも多かった。 ハラン遺跡バスがハ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東トルコ旅行記2014 2日目 アブラハム生誕の洞窟~聖なる魚の池

2014.09.17ギョベクリ・テペを後にシャンルウルファの町に戻る。何かは解らないが、立派な施設が建てられていた。博物館かな…?。今回の旅の間、バスで走っているとこんな感じの岩窟をあちこちで目にした。住居跡? お墓跡? 倉庫? さてなんでしょう? 昼食ウルファ城わきの道をはさんだ向かい側にあるCARDAKLI KOSKというレストランで昼食。メニューは、冷たいヨー . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

長~い坂道が~ …っと

2014.11.27巡礼の度2014から帰って早10日。この時期、2週間東京を離れると季節もすっかり変わっていて、外へ出るにも何を着ていけばいいのか解らず。そろそろ社会復帰しなければ…。朝からいい天気。釣り人が餌をやるので、すっかり慣れてしまっているサギ。お逃げなさい。菖蒲園は綺麗に掃除が終わったようだ。夕方、西へ向かう雲と飛行機雲。 そんなこんなで一日終わってしま . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

巡礼の旅 2014 スピンオフ 回向院で出開帳

2014.11.23回向院で2回目の出開帳が行われていると知ったのは、巡礼の旅最終日、善光寺雲上殿でお経を読んでいただいた徳行坊さんからの情報だった。昨年5月の善光寺出開帳に続き、今年は気仙沼の地福寺の住職に背負われ津波から逃れたお地蔵さんの出開帳である。出開帳は11月8日~24日まで行われている。23日と24日は徳行坊さんも東京まで来る予定だと聞いたので、これも何かの縁&hell . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

巡礼の旅 2014 終了!!

11月18日、13日間の巡礼の旅2014を終えて無事東京に帰った。何より無事に帰ってこられた事に一安心。東京を出てからの走行距離は3800km。11月13日 8日目 福岡主な訪問地岐志(きし)漁港櫻井神社櫛田神社11月14日 9日目 福岡 - 出雲主な訪問地宗像大社唐戸市場出雲大社11月15日 10日目 出雲 - 敦賀主な訪問地鳥取港海鮮市場「かろいち」元伊勢籠神社真名井神社11月16 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

健さん

  故人を偲んで、今日は一日テネシー・ワルツ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

巡礼の旅 2014 旅の途中

只今、巡礼の旅2014 に出ています。11月12日で日程の半分を終わりました。東京を出てからの走行距離は2000キロを超え、本日、佐賀県に入ったことで47都道府県を制覇。11月6日 1日目 東京 - 伊勢主な訪問地式年遷宮記念 「せんぐう館」外宮月夜見宮11月7日 2日目 伊勢 - 広島主な訪問地内宮原爆ドーム11月8日 3日目 広島 - 中津主な訪問地宇佐神宮11月9日 4日目  . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東トルコ旅行記2014 ギョベクリ・テペ関連書籍

NATIONAL GEOGRAPHICギョベクリ・テペに関して記述している書籍は少ない。特に日本語で書いてあるものはというと…ほとんど無い。唯一、詳しく書いてあるのはこちらくらい。NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2011年 06月号2011年出版なので、中古で購入するしかない。昨日届いたので少しご紹介。「人類最古の聖地 ト . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )