goo

東トルコ旅行記 - 仕度噺

東トルコ・大自然と伝説の大地を巡る 12日間今年の旅行を東トルコに決めたのは、ギョベクリ・テペを見たかったから。1万1600年ほど前(諸説あり)の農耕が始まる前、狩猟採集民によって建てられた世界最古といわれている石造の宗教建築である。もし、これが正しければ、農耕が始まった以降に宗教が生まれたという説(諸説あり)が間違いということになる。そんな遺跡を見たくて、東トルコを訪ねてみること . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東トルコから帰国

2014.09.15 - 09.26東トルコツアー 12日間26日、東トルコから無事に帰国した。実質10日間で東トルコのガジアンテップからウルファ、ネムルート、ティヤルバクル、ワン、、ドゥバスヤット、カルス、エルズルム、そして黒海に面した街トラブゾンまで、全走行距離三千数百キロに及ぶ旅である。第一の目的は、ギョベクリ・テペにアニ遺跡、ネムルート山、そして忘れてはいけないワン猫。ツアー参 . . . 本文を読む
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

ストーンヘンジ周辺の地中に17の神殿発見 の記事

ストーンヘンジ周辺で新たな建造物群発見、地中に17の神殿ストーンヘンジの周囲12平方キロを地下3メートルの深さまで高解像度でスキャンしたところ、17の隣接する神殿が発見された…発見されたのは6000年前の建造物群で、木や石でできた17の構造物や数十に及ぶ埋葬塚が含まれる…埋葬塚が見つかったということは、やはりストーンヘンジは「死者を祭る場所」だったということ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

次は何処へ行こう…2014 ツアー比較 トルコ編その2 東トルコ

東トルコ東トルコの主な観光地は、ネムルート山(ネムルトダー)、ハラン遺跡、ヴァン湖(ヴァン猫)、アニ遺跡、アララット山(ノアの方舟伝説)、スメラ修道院。これで、トルコの東側を国境に沿ってぐるっと回ったことになる。去年くらいから、東トルコに新しく観光の目玉が加わった。「ギョベクリ・テペ」がそれ。人類最古の神殿遺跡といわれており、その年代は推定1万1500~1万800年前、1994年に発見 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ヴァージン・アトランティック航空 日本から撤退

ヴァージン、日本から撤退へ、路線網再編でかなりショックなニュースである。ヴァージン・アトランティック航空が、2015年2月1日の成田発便を最後に、日本路線から撤退することが決定したそうだ。ロンドンに行く時はヴァージンでと思っていたところにこのニュース。残念としか言いようがない。ヴァージンの撤退により、直行便は日本航空、全日空、ブリティッシュ・エアウェイズの3社となった。全日空は羽田から . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

次は何処へ行こう…2014 ツアー比較 トルコ編

トルコは広いので、ツアーも西トルコと東トルコに分かれているものが多い。中には1ヶ月かけて1周なんてツアーもあるが、さすがに中東の香辛料続きでは胃がもちそうにない。もったいないけど、西トルコと東トルコ、2回行くことになるので、別々にツアーを探してみた。西トルコトルコツアーといえば西トルコのツアーが多い。イスタンブール、カッパドキア、パムッカレ、ハットゥシャとヤズルカヤ、エフェソス、そ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スフィンクスの足元まで 新コース設置へのニュース

エジプトからのニュースエジプトは、観光客を呼び戻すために、11月からスフィンクスの足下エリアへの入場を許可することになった。しかし、入場するには追加料金を払わなければいけないそうで、その金額についての報道はなかったみたいだ。もともと、過去の各社ツアーでスフィンクスの足下エリア入場を目玉に組み込んでいたツアーは結構存在していた。2008年に参加したツアーもその一つ。何でも、当時スフィ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

次は何処へ行こう…2014 ツアー比較 サマルカンド編

サマルカンドサマルカンドはウズベキスタンの都市。今は首都ではないが、青の都として首都タシュケントより有名な古都。ウズベキスタンは、ロシアからの独立後、独裁政権が続いているとか、夏は40℃の猛暑、冬は-(マイナス)まで落ち込むとか、長距離移動でトイレがないとか、ウズベキスタン航空が最悪…などなど、あげればきりがないほど悪い評判が目に付く国である。しかし、実際に行った人た . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )