エルエルラボブログ

広島の不動産に関わる出来事や、思っていること、その他もろもろ適当に書いていく予定です。

安倍政権の危機対応力

2017年04月25日 | 政治
本日4月25日は北朝鮮の何かの記念日とかで、ひょっとしたら
軍事的な挑発があるのでは?と報道されてました。
が、どうやら何もなかったようです。

アメリカが先制攻撃を仕掛けることはあり得ないと
国際政治学者の方が言ってました。
北朝鮮の行動パターンに対応するオプションを
様々検討しているだけで、
北朝鮮が何も行わなければ、表面的には何も起こらないという
ことのようです。

日本国内の関係各位はこの期間(おそらく今後も)
ずいぶん神経をすり減らしたことと推測します。

私自身もそうですが、日本国民の大多数が、こういった
国際的な有事に対して、安倍政権は対応を間違わないだろうという
信頼を寄せているように思います。
日ごろ安倍政権を敵視している朝日新聞や毎日新聞も含めて
そう思っているのでは?と推測します。

アベノミクスの成果については個人的に批判的なわたくしですが、
安倍政権の安定感はやはり国益にかなっているのかな?
と思わざるを得ません。
民進党が政権与党だったらと思うとぞっとします。

話変わって、任命責任はともかくとして、今村復興大臣を辞任させる
スピードも速かった。
粘着質なジャーナリストに切れてしまったのは、
適切ではないにせよ辞任する内容ではない。

一方、「東北でよかった」というのは、身内のパーティーだろうが
何だろうが、政治家が絶対言ってはいけないフレーズでしょう。
その程度のことに想像が及ばない時点で論外。

野党は今後もとやかく言うかもしれませんが、
総理自身が速攻で謝罪をし、スパッと首を切るあたりは
さすがの危機対応力だと思うのです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉県女児殺害事件 | トップ | 「東北でよかった」発言 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL