リンの見る景色

反抗期真っ只中!
大好きな娘とのドタバタやちょっとしたことを書く備忘録

ワクワクが抑えられない、7月にオペラを観に行きます。

2017年03月01日 | 幸ちゃんと
幸ちゃんからお誘いを受け、7月に生まれて初めてのオペラを観に行くことに。

もうワクワクが抑えられず、幸ちゃんとメールでチャットのようにやりとり。


何着ていく?ドレス?着物?

あ、着物なぁ~。

最初に考えたんやけど、7月やったら単衣ちゃう?

単衣って色無地しかもってないわぁ。

でも、色無地でもいけるんちゃう?

今ネットで検索したけど色無地いけるって。

色無地、えらい格式ばってしまうよね。
あ、単衣かな?もしかして絽かもしれへんわ。

絽かぁ。。。
汗かくしなぁ。洗濯絶対に出さんとあかんよね~。

っていうか、単衣か絽かどっちなんやろ?

もう、洋服にしとこか。

そうやね!


という感じ。

そのやりとりをしている間、女子高生も顔負けなほどの速さでメールを打つ。
嬉しすぎてわくわくしすぎて笑いたいところだけど、周りに人がいるので、喉元までこみ上げている笑いを必死で抑えるから咳が出てくる。
そういう自分にもう笑ってしまって、咳やら笑いやらわからないものになってきている。

そしてまた幸ちゃんに、そういう状況だということをメールする。

「わかる!わかる!」

と返信があり、ニヤける。


やっぱり、人間って楽しみがないといけないんだよなぁ~。


夏物のワンピース買おうっかなぁ。
いや、着物にしようか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年幸ちゃんとの第一回ランチは華都飯店で。

2017年02月03日 | 幸ちゃんと


どこでランチしようか?
と相談し、新年第一回目は華都飯店に決定!

私は迷いに迷って酢豚ランチ、
幸ちゃんはカシューナッツと鶏肉の四川風炒め^_^

あ、坦々麺も食べたくなってきたー!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年越し蕎麦ランチ

2016年12月21日 | 幸ちゃんと
今日は幸ちゃんと皮膚科、蕎麦ランチ、お茶のフルコースを楽しんだ。

幸さんといるとあっという間に時間が経つ。

今年最後のランチかなぁと思い、大阪松下でお蕎麦を食べる。
いつもながら裏切らない美味しさ。

あぁ幸せでした^_^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は来年用の味噌作りをしました。

2016年12月02日 | 幸ちゃんと
親友幸ちゃんを誘って味噌教室にGO!

今まで家庭で作っていたお味噌、本当に手前味噌なんですが、皆さんに美味しい美味しいと言っていただけて嬉しかった!
でもリンとの勉強や私の仕事と家庭の両立があまりうまくいかず、味噌作りから数年遠ざかっていた。

しかし、今年は作ろう!と思った。

いつもは味噌教室じゃなくて家でもできるんだけど、お味噌作りを一人で自宅でするとなると沈黙の時間と大変な労力を使うので今回は麹やさんの味噌作り教室で大好きな幸ちゃんと共に私の好きな割合のお味噌を作らせていただいた。


このお味噌の割合、案外深いのです。


実は数日前に簡単に幸ちゃんに
「味噌作り教室に行こう!」
なんて誘ったのだが、ここから数日悩むことになる。

幸ちゃんと味噌作りの話になり、
麹と大豆の割合をどうするかという相談をしたところ、
数年前に私が渡したお味噌が美味しかったからその割合で作りましょうということになった。

私の割合。
実は、この時点では割合はいい加減なもので正確にはわかっていなかった。

不安になった私は、先日、午後から落ち着いたので堺の味噌教室をする麹やさんに行ってきた。


私は気づいたのです。
それも今頃、やっと。
幸ちゃんを気軽すぎる態度で誘ってから数日経って。


何故麹やさんへ行ったのか?
それは電話で色々と麹と大豆の配合をお店の人と話していたけれど、
果たして麹4:大豆1でいいのか?
もしくは麹2:大豆1がいいのか?
と悩み始めた。

お店の人が
「来ていただけたら実際にお味噌を試食できますよ。」
とおっしゃったので、今の買い置きのお味噌も少しになってきたし、試食をかねて買いにいこうか。
という気軽な気持ちで行った。

そしてお店について試食をした。

???
うーん。。。
なんか違う。

以前に私の作っていたお味噌と何が違うんだろう。。。

やっぱり麹と大豆の配合だなぁと。

帰ってきてから買ってきたお味噌(2:1)でお味噌汁を作ってみた。
だし汁もいつものだし汁にしました。

美味しいけど甘みが少ない。
これやったら普通に買えるようなお味噌やん。


家族は、
「あ!今日お味噌変えた?」


スルドイ!!!

そうなんだよ~。生味噌なんだよね~。よくわかったよね~。


でも、私が作っていたお味噌じゃない。



ここで再度お店に電話。

多分次にお味噌教室に行ったときにお店の人は、私だけではなく私の友人として参加している幸ちゃんに対してもちょっと冷たい対応になるかもしれないというしつこさで聞く。


お味噌のことを更に聞くと、
味噌作り教室では、何の割合が良いか迷っている生徒には通常2:1で塩分が6%のお味噌をアドバイスするようだ。
但し塩分6%ということは保存が短く、できれば発酵が終わってから冷凍室か冷蔵室に入れてほしいといわれました。

ここでも疑問がでてくる。

まず、3キロのお味噌を冷凍庫や冷蔵庫で保存できるような大きな冷蔵庫は普通の家庭ではないと思う。
そして、私が作っていたお味噌は1年間でも常温で保存でき、取り出したときに焼酎をかけておいたらお味噌自体は傷まないのだ。

ということは、塩分が関係しているってことか。

ここでやっと、自分が作っていたお味噌の配合を塩加減も含めて真剣に調べなおしすることにした。


他の人の味噌作りの割合はどうなっているのか?
と思って、最初に味噌作りの魅力を教えてくれた友人に聞いたらやっぱり配合は大雑把にしているということではっきりとしたものがわからない状態。

麹と大豆と塩加減は大体わかったけど、大豆の煮汁をどこまでいれるか?



HPで色々調べてみたら、
麹の値段が高いからなのか、1:1、多くても麹が3という比率。
その中で、作ってあげたらみんなに美味しいといわれた、と書いている人は麹の割合が多いこともわかってきた。

ただ、やはり塩加減も味を大きく左右するみたいで、麹が多すぎると甘ったるいだけのお味噌になり、いわゆる白味噌ということになるそうだ。

ここでも塩加減か。



やっと、私のお味噌の配合を調べなおしたところ、
なんと、麹5、大豆1、塩8.5%の割合ということが判明。

通常は、麹5Kg、大豆1Kg、塩850g、大豆の煮汁適量。
これで約10Kgのお味噌が出来る。


これを味噌教室の人に再度伝え、この配合でお願いしますと伝えた。
但し、塩を8.5%にして、といえなくて、8%でお願いします、と。

ここが最後の詰めが甘いという私の性格が出ているよね。

反省。。。



「麹5ですか?
ということは白味噌を作られるのですか?」
といわれましたが、
「いえ、塩分を高めにして発酵期間を少し長めにしてお味噌汁のお味噌を作ります。」
と答えた。


この配分で本当に間違いがないのか?
とても不安・

でも調べたらやっぱりその配合で作っているからそれでいくしかない。


最初は深く考えずに、幸ちゃんをお誘いして、
楽しみ~、
なんて思っていたけれど、、
よく考えると3キロもお味噌を作って、そのお味噌がなんともまずい、もしくはまずいまではいかないけど、普通のお味噌だったら、
その3キロを消化するのに1年間かかり、
その間、
「なんだかなぁ。。。」
と思いながら毎日のお味噌汁を飲まないといけないなるんだ。

ということに、今日気づいた。


だから、本当に浅はかでおばかな私。

そして、多分味噌教室に言った配合で作ったら、0.5%だけは甘いかもしれないけど、多分売ってないようなお味噌が出来上がると信じている。


ということで、本当に3キロのお味噌の消化する大変さを考えずに誘ってしまったことについて反省をしなくてはいけない。


やはり物事はよくよく考えて行動しなくてはならないと思った。


そして当日、
私のお願いしたとおりの麹、大豆、塩の割合でお味噌を作った。


白味噌として食べれるのは1ヵ月後、お味噌汁用のお味噌としてはGW明けかなぁ?


楽しみ、楽しみ、楽しみだよー!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オフタリサマで初めてのお店へ行きました。

2016年11月08日 | 幸ちゃんと
今日は親友幸ちゃんとちょっと足を伸ばして初めてのお蕎麦屋さんに行ってみた。
こちらのお店は今年の夏に開業されたばかり。

初めていくお店というのはいつもワクワクするもので、今日はお蕎麦なのでより一層期待してしまう


さて、注文。

幸ちゃんと
「どうする?辛味おろしも魅力的だねぇ。」
「いや、やっぱり初めてのお店はざるスタートにしようか。」

ということで、ざる蕎麦(大盛り)を注文。

ん!美味しい!!

お蕎麦が細くて美味しかった!


そばつゆはかつおのお出汁が勝っている感じで、個人的にはもう少しまろやかなほうが好み。

でも新そばはやはり香りが良くてなんとも美味しかった。


天ざるも魅力的

次は天ざるか辛味おろしかとろろ蕎麦、迷うなぁ





それにしても楽しいひとときはあっという間に時間が経ってしまう。

あー、楽しかった!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加