RIMUのブログ

ちょっと前までなつゲーにいたRIMUが、運営したりしなかったりするブログなのだ。
現在、忍者と兵士のあほ日記導入中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久々に

2007年02月16日 01時07分53秒 | Weblog
更新してみる。
・・・といっても、ブログ向けのネタは全くないわけですが^^;

とりあえず、ディスクは今のところ126タイトルまで数を増やしました。
まだまだ出口の見えないレースが続いておりますが、
ゆっくりゆっくりと近づいていこうと思います。

クルクルランド・・・生きてる間に絶対に手に入れてみせる。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ドンキーコング

2006年09月15日 22時32分55秒 | Weblog
久しぶりにファミコンソフトを買いました。
ディスクは先月あたりまでちょくちょく買ってたけど、カセットはいつぶりだろうか・・・



ブックオフにてドンキーコング(銀箱版:カセットのみ)を入手。
1000円也。

一見普通のドンキーコングですが裏返してみると・・・



このようにFFマークが付いています。
つまり、滅多に見かけることのないFFマークつきのドンキーコングだったのです。

・・・だから箱説が付いていないのが実に勿体無い。
一体前の所有者は何を考えていたんだろうか・・・





とまあ、いつか箱説完品を見つける機会があったら良いなと思います。
まあ、その際にはこれは転売にでm(ry
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

退会しますた

2006年09月07日 02時27分53秒 | Weblog
本日2006年9月7日午前1時10分頃を以ちまして、正式になつゲーを退会しました。

理由は前回に長々と記してありますし、もはや何も語ることはないと思います。
敢えて付け加えるとしたら、これ以上留まっていても意味がないから、でしょうか。
色々と思うものはありますが、悔いは一切ありません。

そういうわけでスタッフの方々、βテスト時代から今までの間、どうもありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「なつゲー」と僕

2006年08月17日 18時36分18秒 | Weblog
敢えて、今回は人目のつくブログの方でシリアスな日記を書くことにした。

正直言って、なつゲーでのマブラヴさんの退会は僕にとって非常に衝撃的だった。
最近はアクセスされてないようだったけれど、あそこまでなつゲーフリークだったあの方が・・・

しかし、最近のなつゲーの様子を見ていると、それも当然のように思えてくる。
スタッフのやる気の無さはより鮮明に表われ、
なつゲーナビの強行移籍で多くのユーザーが置いていかれ離れていく・・・
さらになつゲー川柳ではあのようなあられもない投稿が受賞し、
挙句の果てには「今後のリリース予定はひまゲー中心」の公式アナウンス。

無期休業をする予定だった僕としては、特に最後の出来事は特に堪えられなかった。

・・・僕らを馬鹿にしてるのか?一体僕らは1年以上何を待っていたと思っているんだ?
そのために多くの人が期待して、あんたらを信用して、切実に待っていたんだぞ?
その一切を踏みにじる行為をしたあんたらは一体何様のつもりなんだ?

僕は怒りに狂い、撤退することを心に誓った。以後、なつゲーのHPは一部の書き込みを除き、
全く更新せず放置している。

僕としては退会したい気持ちだった。しかし何故それをせず踏みとどまったか?
それは過去2年間かけて積み上げてきた日記は何らかの形で財産になるという、
僕なりの理論があったからである。

過去に紹介したレトロゲーム日記、ミリオン突破ソフトレビュー、ディスクシステム祭り。
みんな行ったことは事実だし、これは自分の楽しかった思い出として保管していたかったのだ。

しかし撤退する以上、コメントの管理が出来ないため日記を非表示にするのは当然である。
すると、誰も見る人がいないそれらは意味の無いものとなってしまう。

だからといって、RIMUの隠れ家に移そうか?それも難しい。
それは何故か?今までの書き込んだものが膨大過ぎてとても手に負えないからだ。





そういうわけで、僕も退会しようと考えている。
あそこを去るのはとても惜しいが、今のなつゲーに戻る気はさらさら無い。

こういうことを言い出したら、おそらく引き止めに来る人もいるだろう。
僕もそういう人を何人も引き止めてきた。





しかし、今の僕は引き止めること自体が残酷な行為なのではないかと思っている。
確かに引き止めることによって、引きとめた人はその人が残ってくれることに対し、
とても嬉しく思うだろう。
その代わり、引き止められた方は自分の意思を果たすことが出来ず、
宙吊り状態になってしまうのではないか?それこそ正に「心ここにあらず」だ。

だが、それでも去らんとする人は心残りがあることも事実だろう。
去ろうとしながらも、他人に引き止められて思いとどまった人の中では、
やっぱり去るのは勿体無い気がするし、周りも悲しむからやめとこうと感じたりもしたから踏みとどまったのだろう。

その中で、マブラヴさんは勇気ある決断をしたと思う。
もちろん、マブラヴさん自身も心残りがあると言っていた。
しかし、その中で自分の心を変えずに退会に至った。

僕も彼の意志に倣って、この際なつゲーから縁を切りたいと思う。





まとまりの無い文章になってしまったが、最後にこの言葉を書き残しておく。

さらば、なつゲー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイスクライマー(ディスク版)

2006年08月15日 00時58分01秒 | Weblog
某大会で、銀賞といふ予想外の結果に愕然としたRIMUです。
あれは・・・本当に獲って良かったのだろうか。

・・・え?忍者と兵士?
ああ、あれは面倒くさいからもう終わりってことで(自爆)





さて。2003年9月30日まで行われていたディスクカード書き換えサービス。
その中にアイスクライマーが入っていたことは、周知の事実です。

ちなみに、僕はそのディスク版を2枚所持しています。
1枚は自分で書き換えて入手、もう1枚は100円で投売りされてたところを入手しました。

さらに、ROM版もFFマークつきの稀少品版も持っていたりします。

・・・まあ、そんなことはどうでもいいとして。

このアイスクライマーは普通のアイスクライマーではありません。
VS筐体で稼動していたアイスクライマーを移植したものです。

・・・つまり、ROM版のアイスクライマーしか知らない者にとって、
ディスク版は驚愕の事実が多く潜まれていたのです。





まず、クルクルランド(ディスク版)同様、
残り人数を増やす裏技があったといふことです。

これは、某巨大掲示板の過去ログに書いてあったことから発見しましたが、
タイトル画面でAボタンを3回押してスタートするだけという、
簡単な入力をするだけで、残り人数が7人まで増えます。

それ以外にも、こんなことが。

8つのステージを何とかクリア。さて、9面目に突入だ!と思った矢先。



SUPER BONUS STAGEなる、奇妙な面が突如出現。
このステージ、全てがボーナスステージで出来ています。

もしここで落ちると・・・



落下したときの標高により、貰えるボーナスが変わります。
しかし、無事頂上まで登れたならば・・・



30000点手に入ります。
貰える得点源が少なめの本作において、このボーナスは大きいです。

そして、この面が終わった直後には・・・



突如裏面に飛ばされます。
ディスク版はROM版よりも選べる面が少ないなぁと思っていたら、こういうことですか。



しかし、この裏面。知る人ぞ知るといいますか。激しく難しいです。
表面の比ではありません。背景の色が違うのがよりそんな気をさせます。




この2枚の写真を比べたらよくわかると思いますが、そうなんです。
雲がジグザグに移動するのです。
一番高く上がったときはポポ・ナナのジャンプの最高点まで上がるので、
ジャンプしても届かないときが結構あります。

しかも、下に降りるときは柱にぶつかるので、雲からポポ・ナナが振り落とされてしまいます。

しかも、トッピーやニットピッカーの動きも加速されているので、
これらの要因が重なり、アイスクライマーが究極的な難易度に跳ね上がっています。



ちなみにボーナスステージはコンドルの体が青くなっています。





アイスクライマー自体難易度が高めなので、これらのことを知らない人が結構多いですが、
これらのことが多くに知れ渡ったら、ディスク版の人気も上がると思います。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

調子が悪い

2006年07月20日 01時39分15秒 | Weblog


:うーむ・・・

黒:む、如何致した?そんなに悩み詰めて。

:いや、ここ数ヶ月あごがバキバキ鳴ってのう。
  飯を食べるたびにバキバキ鳴っていてとてもやり切れんわい。

黒:あごの関節が外れとるだけじゃないのか?

:だと思うが・・・こんなに頻繁に脱臼癖のように外れとると、
  ストレスばかり貯まってしもうてのう。

黒:それはそうと、随分と気だるそうだが。

:いや、一昨日辺りから風邪を引いてしもうて。
  喉は痛いし、鼻水は止まらんわい。・・・これでも回復した方だが。

黒:梅雨の最後の一踏ん張りだけあって気温もかなり低くなっとるから、
  皆も風邪には十分気をつけよ。

:ちょ・・・誰に向かって言っとるんじゃ?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

犯人はクッキー

2006年07月15日 15時40分00秒 | Weblog


黒:む、そんな嬉しそうな顔して如何致した?

:いや、パソコンが異常を来たしてな。
  一部のクッキーが吹っ飛んでしもうたのじゃよ。

黒:ほほう、それでそれで?

:そしたら、今まで相性が悪くて開けなかったWEBサイトが、
  突然問題なく見れるようになったのじゃ。

黒:つまり、クッキーが全ての元凶だった、と。

:そういうことになるな。

黒:しかし、トラブルの解決法の見つけ方が間抜けというか・・・
  普通に考えれば、そんなこと初歩的なことではないか?

やかましい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

愛想が尽きた

2006年07月11日 23時36分11秒 | Weblog


:なつゲー、撤退でござるか。

黒:心残りが無いといえば嘘にはなるが・・・

:何故、今さらそんなことを?

黒:某誌のなつゲー側のコメントを見て、急激に冷めてしまってな。
  何で1年もの間、あそこを信じていたのかなって・・・
  裏切られた気持ちと同時に、愛想が尽きたでござる。

:もはや何も言うまい・・・
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

クルクルランド(ディスク版)、その後

2006年06月29日 00時09分04秒 | Weblog


クルクルランド、落札されちゃいましたなぁ。

黒:そうですなぁ・・・(´・ω・`)

:今回の落札額は100,000円だそうですぞ。

黒:もう、完全に手が届かない金額ですな(´・ω・`)

:普段からせこせこ貯金して、何も使わなければ買えただろうに・・・

黒:やかましい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

クルクルランド(ディスク版)

2006年06月25日 22時48分23秒 | Weblog


:よ~く考えよう~♪
  クルクルランドだよ~♪
  ん~ん♪ ん~ん♪ んんん~♪

黒:か、完品・・・う、うむむむむ(´・ω・`;)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加