you are my sunshine

~40歳で娘を授かったわたしのこんな毎日~

ぶっ壊す!

2017-04-24 | わたしの正体
娘が言いました。


「お母さんってさ、目的地の途中に壁があったら、
 それぶっ壊してでもとにかく早く目的地に着きたいタイプだよね」

「回り道してみようとか壊さずに進む別のやり方はないか壁の前で考えてみるとかしないよね」

「壁ぶっ壊したら、修理代とかのリスクとか発生するでしょ、
 そのことを目的地に着いてから、あ~お金がもったいなかったとかグチグチ悩むんだよね、
 ぶっ壊してお金かかったけど、まぁいいっか!って思えるタイプでもないよね」



当たってるわ。
それでどんだけ失敗を重ねてきたか。
なのにまったく学ばない。
傷みも忘れてるし。

もっと思慮深い人間になりたいものだわ。

年を取れば、もうすこしまともな人間になれるかと思っていたけど、
半世紀も生きてきたのに、
ほんと薄っぺらい人間だな~と思う。

それに反して、身体の厚みばかりが増していく・・・。

などと考えながらも、
最後は「まぁいいかっ!」

あらっ!?







ありがとう、ウルフルズ!

強引に前向きに生きていこう(笑)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

いなくなってわかるありがたみ

2017-04-22 | 夫単身生活

過敏性大腸炎の夫は、平日の出勤前はトイレにトータルで40分くらい座ってます。
トイレットペーパーがないと不安らしく、
購入も補充も必ずしてくれてました。

ビール命の夫は、平日はほとんど飲みませんが、
金曜と土曜は350ミリリットルなら1日4本は軽く飲んでました。
自分で1ケース(6本)買ってきていたので、
時々「1本もらうねー!」と言ってわたしも飲んでました。



トイレに入って用を済ませ、
トイレットペーパーに手を伸ばしたら。

ない・・・(汗)

最後に使った娘が替えずにそのまま出た模様。


仕事から疲れて帰ってきて、
明日休みだ、一本飲んじゃえ!と、
冷蔵庫を開いてみたら、

ない・・・(涙)



無印大好きな夫が買ってきてた敏感肌用化粧水も、
するめシートもクラックプレッツェルもドライフルーツも、
これからはもう自分で買うしかないのね。
多分自分では買わないけど・・・。


いなくなってわかる、夫のありがたみ。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2020年度導入予定の大学入学希望者学力評価テスト

2017-04-19 | 日々のこと
4月14日の朝日新聞の1面に載った、
センター試験に代わって2020年度(現中3から)導入予定の新テストの記事に目が留まりました。

英語では、英検のような民間試験を事前に受けさせ、
聞く・読む・書く・話すの4技能を評価。
受験生は2回まで受けられ、結果の良い方を採る。
国語の記述式はセンターが民間業者に採点を委託し、80~120字程度で答える問題などを数問出題する方向だ。

(朝日新聞より抜粋)


娘の中学は独特の英語教育をやっています。
「5ラウンド制」とよばれるものです。


1年生では、
1巡目に、約2カ月かけて文章に関連する「絵」を見ながらテキスト全文のリスニングだけを実施。
2巡目では、約1カ月かけて、聞いた音から単語や短文をばらばらにしたものを正しい文に並べ替える作業を実施する。
3巡目では、約1カ月半かけて音読を実施し、
4巡目では、約2カ月をかけて、一部が穴あきになった本文を音読できるか実施。
5巡目では、会話形式の本文のやり取りを参考に、自らの言葉で説明しながら友達に伝える作業を行って、1年の授業を終了するという流れだ。

また、50分の授業のうち、前半15分でスピーチやディスカッションなど「アウトプット」作業にあて、
後半35分で「インプット」作業を行うという。
 
(産経新聞より抜粋)

教科書を5周やったと娘は言います。
その間単語を書いて覚えたり、文法を習ったりがまったくありませんでした。
1年生の1月頃にようやく少し書き始めたかなという印象です。
わたしの中学時代は、1年からとにかく単語を書いて覚えましたし、ワークブックの宿題は毎日やっていたように記憶しています。
ついでに英語の塾も通っていました。←うちの地域では塾と言えば英語塾でした。

なのに、宿題はラジオの基礎英語1を毎日聴く、ただそれだけです。
ほとんど家で書かないのです。
親としては不安です。娘は宿題がないので嬉しいだけですが。

学校の中間期末テストはほぼ全員が90点以上。
でも業者テストは全国平均を下回ります。
それに対して先生は「想定していることなので気にする必要ない」と言われるそうです。

学校は中3までに8割の英検準2級合格を目指していますし、
1期生から3期生まではほぼ目標を達成しているそうです。
それに対して、わたしは不信感を持ちました。

書かせないのに80%も合格するのは、
独学で必死に勉強したか、塾に行かせるか。
つまり先に目標数字を提示することで、
うちの子だけ合格しないのはまずいと不安に思った親が家庭でどうにかしようとするだろうと、
家庭に丸投げしているのではないかと。

年に3回実施される英検の、3回目を校内受験をするように決められており、
娘は3級を受験しました。
うちは基礎英語を聞く以外まったく勉強しないので、
どうせ落ちるんだったら、
どんな問題かみておくのもいいと3級を受けさせたんです。

一応問題集を1冊買いましたが、やったのは試験前の10日間くらいで、それも数ページしかしませんでした。
やってないので、まったく期待していませんでした。

結果、ギリギリですが合格してました。



2次試験は、前日に英検のHPの問題をちょこっと見ただけ。
なのにこれまたギリギリですが合格。



2016年度まで3級はライティングがないんで、娘は得したのだと思います。
2017度からはライティングが始まるので、もし次回受けていたら不合格の可能性大です。

でもちょっと驚きました。
学校の授業と基礎英語1を聴くだけ(小学5年からラジオの基礎英語1は聞いてました)で、
中1で、英検3級が受かるとは(といってもギリギリですが・・・汗)


ただ喜んではいられません。

これは1年生の最後の期末試験の答案です。

絵やキーワード、ストーリーなどをヒントにそれで文章を作り、書く問題かと思われます。



最も基本的な単語“He”を“Hi”“think”を“thick”
単語や文法がおかしいところもありますが、一切減点やチェックもなく満点をもらっています。
とにかくなんでも書けばいいようです。
学校側はスペルや文法に関しては無視しているようです。

そしてこれまた学年末に学校で受けたZ会アドバンストテスト。



娘、ほぼ壊滅的状況でした。

注目したいのは学校平均。
全国平均より悪いですが、ある程度取れている子も結構いる。

娘の場合、純粋に学校の授業とラジオの基礎英語だけ。
それでこの成績。当然と言えば当然。
このバランスの悪さ、大丈夫なのだろうかと本気で不安になります。

学校は6年というサイクルで考えているようで、
書けるけど実際にはまったく喋れないというこれまでの英語の授業に代わり、
とにかくまず喋れるようにしようという方針なのかなと思うのですが。

書けないけど、家で言葉の端々にサラッと英語のジョークをはさんだりして、
「なにちょっと、カッコいいじゃん」って思うこともあります。

でもさすがにここまで成績が悪いとなると、
すこしくらい宿題出してほしいと思うのですが。
学校は塾など必要ない、
逆に余計なことはしないでほしいとおっしゃっているようです。

そういう中で、今回の朝日新聞の記事を読んだのですが、
今娘が受けている英語の授業は、この新テストに対応しているのではと思いました。

読書会で一緒になる中高一貫になる前の卒業生のお母さん達は、
今の英語の授業がうらやましいよとおっしゃいます。
でも在校生の父兄であるわたしや他のお母さんは不安に思っています。


ある意味実験的な授業でもあるような気がしますし、
学校側も模索しているのかもしれません。
まだ1期生の大学進学実績がでていないのでなんとも言えませんが、
その結果次第で状況が変わることもあるかもしれません。

読書会の後、部活で使う為に部屋に入ってきた6名くらいの女子高校生をつかまえて英語の授業大丈夫か聞いてみたところ、
苦労しているという子とそうでない子、塾に通っている子とそうでない子、様々でした。
在校生の保護者も、期待している親と不安に思っている親、様々のようです。
小学校の時から塾に通っていたり、公文やってたりで、英検2級を持っている子もいますし、
そういう子はどんな授業でも心配ないんでしょうけどね。

結局本人の努力次第ってとこに落ち着くのでしょうかね。

とりあえず学校の方針に忠実に従い、
学校の英語の授業以外、余計な勉強を一切しない娘の、
今後の英語力はどうなっていくのでしょうか。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パート クビになるかも!?

2017-04-19 | 日々のこと
小さい会社ですが、通勤時間も短くて、忙しさもほどほどで、
自由度が高く、時給もよくて、職場の人もよくて、
なんといってもおバカなわたしが働ける貴重な職場でした。

でもそんないいことがいつまでも続くはずもなく、
どうも本社で人員整理が行われていて、
男性の社員さんが数名会社を去り、
古参社員の事務員さんとかパートさんも退職させられたようで、
(なのに新しく事務社員を数名採用している)
それがこちらの支社に飛び火するのではないかと、
噂話を聞いたわたしが想像しているのですが。

うちの職場の女性は、全員パートで全員同時期に採用されました。
全員が週3のシフトで出勤していますが、
2年過ぎて皆が仕事が早くなってきたので、
たぶん5人はいらないだろうって会社も思ってるんじゃないのかな。
今の職場が今月末に移転するから、それもいい機会だと思ってるかも。

5人いるけど、能力ってみんな違うじゃないですか。
そのなかで一番能力が劣っているのがわたし。
謙遜でも自虐でもなく、一目瞭然。
わたしも他の4人に比べてなにかひとつでも優れているものがあればいいけど、
まったくない、思い浮かびません。
『rimiさん、突然で申し訳ないが今月までということで・・・』
言われそうな予感。

いい会社だったんです。
でも入社してたった2年の間に、これまでの部門が売却されたり、
まったく違う業種の部門がいくつかできたりと、
去年だかに社長が息子に変ってから、会社も迷走してるようです。

伊丹がひどかったから、今の会社は天国だったけど、
また職探ししなくてはいけないかも。

でもまぁ、夫が単身になったし、
わたし自身も4月から始めたことがあるし、
環境変えてもいいかもしれないなと思っています。

ただ年齢がね~。
54歳でなんのキャリアもないわたしを採用してくれる奇跡の職場があるのかしら。
1ヶ月後、わたしはどうなっているのだろう・・・。


まずはハローワーク、行ってきまーす!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

単身夫の変化

2017-04-09 | 夫単身生活
夫が赴任してまだ1週間程度ですが、
しょっちゅう電話かけてきます。
電話大嫌いで、家に夫だけしかいなくても出ないひとだったのに。
まぁいろいろ手続きだとかあれ送ってくれた?とか連絡しないといけないことが、
たくさんあるからしかたないのですが。

そんなある日、
夫からかかってきた電話の第一声に驚きました。


「何回も電話して悪いんだけど・・・」



あの俺様夫の口から、(自分が)悪いんだけど・・・って言葉が出る日が来るとはなぁ~。
妻に対して「気遣う」感情がやーーーーっと芽生えてきたのかしら!?
離れたら、妻は気遣うべき「他人」になったのかしら!?

単身させて(わたしが辞令だしたわけじゃないけどね)みるもんだわね~。

今後の夫の変化が楽しみだわ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春に、つらつらと思うこと

2017-04-08 | 日々のこと

2017年の春、
夫が初の単身となり、我が家の暮らしもちょっと変わりそうな予感。

わたし自身も、4月から密かにあることを始めたり、
職場ももうすぐ引越しすることになり、それに伴い業務内容も変わってきそうだし、
どうなるかな~とちょっと不安な気持ちにもなってます。

そういうこともあり、最近田舎の友達とよく長電話するのですが、
話してると、自分はまだまだ甘いなと反省することも多いし、
わたしの愚痴を聞いて励ましてもくれるので、
その度によし!明日も頑張ろうと元気にもなれます。

つくづく友だちは有難いな~と思います。

友達のひとりが、
これからは気持ちのいいひととだけつきあいたいというようなニュアンスのことを言ってました。

20代から勤めていた職場を早期退職して最近専業主婦になった別の友人は、
これから新しい人間関係を作るのはもういい、家で好きなことをするというようなことを話したそうです。

なんかわかる気がします。

54歳、残された時間はあと20年くらいかな~。
後の20年、なるだけ気持ちよく毎日過ごせたらいいけど、なかなかそれは難しい。
でも嫌なことがあるからこそ、嬉しい出来事がキラキラと光り輝くわけで。

なんでもありよね。


今日、友人のみどりちゃんとこれからも頑張ろうね!と励まし合って、
電話切った途端に、つけていたラジオのFMから流れてきました!





♪ Rachel Platten - Fight Song ♪



お昼休み、会社のビルのエレベーターに、
真新しいスーツを着た女の子がふたり、乗り込んできたとたん
「マジムカつくー、あの先輩」って愚痴り始めました。

わかるわー、マジムカつくよねー。

頑張れ、若い人!

いづれあっち側に行く日が来るんだろうけどね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突然ですが、引っ越すことになりました

2017-04-01 | 夫単身生活
突然ですが、引っ越すことになりました。






夫が。


初の、夫念願の、単身赴任決定!


夫に、
やったー!ひつまぶしと味噌カツ食べに行ける。
あと喫茶店めぐりも楽しみだわ~!
とニコニコして言ったら、
ものすごーく嫌な顔されました。

娘に、
お父さんいないけど仲良くやって行こうね!
と言ったら、
「お母さん、ますますやり放題だね」
だって。


あんなに単身したいと言ってた夫でしたが、
「近いしいつでも帰ってこれるし、とりあえず保険証できたらお前ら必要だろうからすぐ持ってくるわ」

「とーんでもない、簡易書留で大丈夫だから」

速攻阻止です。


そういう夫も、
オーディオの店とかジャズ喫茶みつける、密かな楽しみはあるようです。


引越しなんだけど、なーーーーんにもしてないです。
単身が多いポストらしく、歴代の前任者が、社宅に家電や家具を置いて行ってくれてるらしく、
冷蔵庫だけ買うと言ってました。

服を宅急便で送って、あと布団くらいかな~。

初日くらい掃除に行かなくてもいいのか聞くと、
前任者が、夫赴任日の2日前に出るので綺麗だろうから(来なくて)いいと。

楽ちんすぎて怖いわ。

社宅の下の階の、現在ご主人が単身中の奥さんが言ってました。

「単身が終わって帰ってきてから離婚する夫婦多いらしいよ」


わかる気がする・・・。


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

住宅購入 占いで決めていいのか!?

2017-03-27 | 日々のこと
駅近で、築10年未満の中古一戸建て物件がでました。

近所だったので、夫も娘も珍しく内覧に来ました。
これまた珍しく夫が非常に乗り気で、
戻ってから「買おうか」と言い出しました。

えっ!!!
だったらと、わたしはこっそり駅近くの、占いへ。
家を買おうと思っているのですが、と相談。

夫とわたしをみてもらったところ、
わたしは今年八方塞らしく(でも悪い時期は抜けたらしい)
夫は今年も悪いが、来年からの2年間がもっと悪いので、この2年間は絶対に家は買ってはいけない。

ただ今年は家を買うのが悪いとは出ていないので、
吉方位で、二人にとって良い時期に買いなさいと言われ、
吉方位と時期を教えてくれました。

これを買おうかと決めかかっていたのですがと、夫も気に入った物件の図面を見せたら、
土地と家が欠けているので、こういうのは買ってはいけないといわれちゃいました。(涙)

築浅で、注文住宅、窓からは毎日富士山も見え、
隣のお宅が豪邸で庭がすごいので、借景が素晴らしい。
駅から歩いてちょっとでこんないい物件がでるなんて、なかなかない。

売却理由が離婚・・・。

売り主さんであるご主人が対応してくださったのですが、
まだ多分30代後半くらいの素敵なかた。
ご夫婦でこだわって建てたんだろうなというのがとても伝わってきました。
裏にはいろんなお花がちょうど咲き始めていて、
奥さんはガーデニングが好きだったんだろうな、
でもこうやって売る日も来るんだと思うと、ちょっと切なくなりました。

占いに行ったら、よくないと言われたというと、
夫、当然機嫌が悪くなり、
「そういうの、見に行く前に聞けばよかったじゃないか」と。
でも夫があの家を気に入るかなんてわからなかったしね~。

ただ、優柔不断な夫が珍しく即決したので、
それを嫁に占いごときで覆されると、腹立たしいんだろうなという気持ちはわかります。

あーやっちゃったな~って思うんだけど、
占い師のおばさん
「お金もらって占っているんだからいい加減なことは言えない、やめなさい」ときっぱり。

同じように今年家を建てなければ3年後と言われた田舎の友人にも電話したら、
今年建てたかったんだけど、いろいろあったから(昨年末から1月にかけて、友人は両親を続けて亡くしてます)
バタバタした時期ではなくて、3年後でもいいと私は思ってると。
あちらもなかなかふんぎりのつかなかったご主人でしたが、
今年!と図面を引いたり、大工さんを探したり(元住宅関係)
床の板をいろいろ取り寄せたりと、珍しく本気モードだったらしいのですが、
それでも仕事の関係で家のことで動けるのは9月以降、完成は来年かもと。

そこで友人はこう言ったらしい。
「いくら念願の家が建ったとしても、その後あなたになにかあったら、私、頭がおかしくなるかも。
 ふたりで住んでこその家、綺麗な家だって、ひとりで住んだら意味がないし嬉しくない。
 3年待ったとしても私はいい時期に建てたい」
そう説得したのだとか。

ちなみに友人は占いはあまり好きではないのですが、
職場の女社長がそういうのを見る人で、友人にいろいろアドバイスしてくるんだそう。
それも良し悪しだと言ってました。


占い師のおばさんも
「一番大事なのは3人の健康よ、家なんてその次でしょ」って。

友人からも
「きっと縁がなかったんだよ、そう思ってあきらめな」と今回珍しくきっぱり言われました。


でもね~、今日もその家の前を4回くらい通ったんだけど(汗)やっぱりいいんだよね~。
家相とか土地とか「気」があるとか言うけど、
ひとがその家を大事に思って住んでくれたら、家にとっても幸せなことなんじゃないかと思うんだよね。
不幸を家とか土地のせいにしていいのか、それは違うんじゃないかとも思ったり。

うちの家族は完璧じゃないし、欠けた部分がいっぱいあるから、
欠けた家でもちょうどいいかもね~なんて、娘に話したら、
「わたしもそう思う、あの家よかったよ」と。

あー悩みます。
わたし、余計なことしたかな~。
でも買う前でよかったのかな~。


マイホーム、いつになったら決まるのかしら・・・。



コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

カルテット 最終回

2017-03-22 | おきにいり


終わっちゃいましたね~。


あの4人は本当に音楽が好きなんですね~。
プロでやれる力はなかったんだろうけど、
音楽をやる喜びって、やっぱりひとに聴いてもらってこそのものだと思うんですよね。

「届く人には届くんじゃないんですか」

「その中のひとりでもふたりでも」

「だれかに届けばいい」

大賀ホールで、
世間を騒がせた疑惑のカルテットを「見に」きたたくさんのひとが、
1曲目の演奏の後、どんどん席を立っちゃうんだけど、
それでもちゃんと「届いた人」がいたんだよね。

あの4人は、
これまでの人生、つらいことの方が多かったのかもしれないけれど、
きっと音楽が支えになってきたんだと思う。
そしてそこに、一緒に生きていける仲間も加わったわけで。


まぶしい時間、ずっと続いてほしいな・・・と心から願った最終回でした。







ここでも偶然について考えます。

4人がカラオケボックスで出会ったのは、偶然ではなく仕組まれていたからなんだけど、
別府さんがまきさんをみかけたのも、
夫さんのお母さんがすずめちゃんに声をかけたのも(過去を調べ狙いはつけたかもだけど)
家森さんが夫さんと同じ病室になったのも全部偶然ですよね。

小川洋子さんの作品のタイトルに「偶然の祝福」というのがあるのですが、
まさにそれだ!と思いました。
日々の中にちりばめられたたくさんの偶然があるからこそ、
毎日をささやかな希望を持って生きて行けるんだと改めて思うことができました。

「カルテット」という作品に携わったすべての方にありがとう!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルボンちえみ

2017-03-14 | 日々のこと


それお菓子だから・・・by娘。


今日初めて知りました。

ブルボン →  ×

ブルゾン →  ○

おかしいな~、ちえみにはブルボンでしょ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プラネタリウム

2017-03-09 | 日々のこと
娘の学校で、月1回参加している「母親の読書会」

会員はOBと在校生の母親で、名簿には50名ほど名前がありますが、
実際は20名前後が集まってます。
行ける時に行けばいい、とってもゆるい会です。

現代本と古典を読む2つのグループがあり、
毎月、みんなで本を読んでの感想を言いあう前に、全体会があります。

そこでは高校や中学のいろんな教科の先生方の講義を受けたり、
今年は、在校生や卒業生のお母さんで作家の方がいて、
その方達を招いて作家稼業の裏話を聞いて大いに盛り上がったり、
俳句の先生と吟行にでかけたり、文学に関した施設に皆で出かけたりと、
とても楽しい会です。

そして今年度最後の活動となる3月は、
学校にあるプラネタリウムを、地学の先生の講義を受けながら観るという企画。

プラネタリウムのある学校は全国でも10校くらいで、
そのうち神奈川県は、慶応高校と娘の通う公立校だけなのだそうです。

横浜市の財政が豊かだったであろう25年前に設置され、
今のようなデジタル方式のものではなく、光学式投影機ですが、
こちらのほうが味があるので、実は人気なのだとか。
ドームの下の方に浮かび上がる学校からみえる四方の風景は、緻密に描かれた特注の手書きという贅沢さ。



自動投影になっているプラネタリウムも多いようですが、
わたしたちは、先生がマイクを握っての解説付き。
毎日見ている星ですが、見上げるのが一層楽しくなる内容でした。


横浜でも意外と星は見えるんですよとおっしゃり、
明るい部屋から夜空をみたら、星が見えないと思うかもしれないけど、
目が慣れてないだけで、10分くらい見続けていると見えてくるそうです。
あるいは街灯の明かりを手で遮ってみるだけでもずいぶんと見え方が違うんだそう。
月の光が邪魔するので、月のない夜の方が、そして電気が消える12時過ぎがいいそうです。

今頃だと、マイナーなもので、オリオン座の下の方にあるうさぎ座とか
オリオン座の三ツ星の下の方にある「小三ツ星」ここにはオリオン大星雲があるそうで、
ここがまた美しい星々が煌めいていると。
2000円くらいの望遠鏡でもみえるそうです。






神奈川でみるなら、氷取沢や福浦がおすすめスポット。
八景島は明るいからダメで、
福浦は夏ごろに行くと、夜光虫で海も光っているんだそう。


天の川をみるなら、三浦半島の剣崎がいいとか。
京急の三崎口で降りて斜め左に、その辺のスイカ畑から見るのもおすすめ。
長野の蓼科と同じくらい綺麗なんだって。


特におすすめなのは、GWあたりの富士山の5合目の駐車場。
ここから見ると、まるで宝石箱をひっくり返したように美しいのだそうです。



(→こちらのブログからお借りしました)

双眼鏡にデジカメをくっつけて撮ったという、月の写真にはクレーターまで写ってました。


宇宙は無限か有限かという論争は、現在は有限という意見が主流なのだそう。
そして宇宙はひとつではなく、たくさんあるんじゃないかと言われていて、
宇宙の外が存在するらしく、そこは4次元や5次元の異次元の世界。
リサ・ランドールという学者がすでに数学的理論で証明しているそうです。

わたしたちは宇宙では「地球」が一番のように思うけど、
地球そっくりな星はもう10個くらいみつかっていて、
生物が住めそうな星はたくさんあるんだとか。
夜空のどこかに、わたしたちと同じような人間が全く同じような暮らしをしている星があるかも!


「宇宙エレベーター」について質問された方もいました。
NASAやJAXAの予算はすべてもうこっちに回したほうが早いじゃないかっていう意見もあるのだそう。
ロケットを飛ばす時代もいづれ終わりがくるかもしれませんね。


よそのプラネタリウムではやってくれないかもしれないけどといいながら、
流れ星を一瞬止め『さぁ皆さん、今のうちに願い事を3回唱えてください!』

そんなお茶目で宇宙LOVEな先生。
アポロ11号が月面着陸した映像を見て宇宙にハマり、
宇宙飛行士になるか、
なれなければ将来は宇宙に行けるようになるかもしれないからと、
小学2年生だったその時、初めて通帳を作り、毎月宇宙旅行貯金を始めたという方。
(なんと今でも続けているそうです)

「銀河鉄道の夜」が大好きで、何度も何度も何度も花巻に通ったんだそう。
解釈について、宮澤賢治を研究している著名な大学教授のところに押しかけて話を聞いたことも。
今度はそちらのほうで講義をしたいともおっしゃっるくらい、宮澤賢治もお好きなようです。
娘も大好きなので、こういう先生の授業を受けることができる娘たちは幸せだな~と思っていたら、
残念なことに、2年後に定年退職なさるのだそう。
プラネタリウムを引き継いでくれる先生がだれか出てくればいいのだけどとおっしゃってました。
どこの世界も後継者問題に頭が痛いようです。

娘に聞くと、まだ一度も学校のプラネタリウムは観たことがないと言います。
45席。
文化祭の時は、整理券が一瞬でなくなってしまうという人気ぶり。
一度は観てみたかったので、つくづく『読書会に入っててよかった!』と思いました(笑)
1時間たっぷり先生の解説を聞きながらのプラネタリウム。
今年度最期の活動もとても有意義な時間となりました。



この「母親の読書会」は50年もの歴史があります。
60代から70代のオバサマ方が中心となって元気に活動なさっていて、
現役の学生の母親は6名だけ。

そんな読書会のこともまた近いうちに書きたいと思います。







<追記>

昨日、読書会の70代の方から、メールが届きました。

― 昨日地学の先生が「夜空の星を見る時、街灯の明かりを手で遮るとより多くの星が見える」という意味のことを話されましたね。
昨夜試してみました。明るい街灯の光を手で遮ると確かに見えなかった星が見えました。

ところでこの話、生活の中に取り入れてみるとどうなるでしょうか。

私が育った時代に比べると、今は、明るいもの・美味しいもの・楽しいこと・素晴らしい出来事などがたくさん溢れ返ってます。
そういうものに囲まれることはそれはそれで幸せなことですね。
でもここで、明るいもの・より光り輝くもの・楽しいこと等をちょっとだけ手で隠してみると、さてどんな世界になるでしょうね。

見えなかったもの、聞えなかった音、気づかなかった香り・・・そういうものに気づくかもね -



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢の話と偶然について

2017-03-09 | 日々のこと

今朝方、夢をみました。
普段はあまりみることがなく、みてもよく覚えてません。

でも今朝の夢は起きるギリギリまで見ていたので、妙に鮮明に覚えてました。

会社の同僚がでてきたのですが、
わたしは会社の人が出てくる夢をほとんどみたことがないので(記憶にないだけ!?)
出勤してすぐ、その同僚Aさんをつかまえて、
「聞いて聞いて、今朝がたAさんの夢をみたのよ」と言いながら、夢の内容を話しました。

Aさんから靴を買ってきてと頼まれて、わたしは靴屋さんをさがしながら街を歩いてます。
ふと靴のサイズを聞いてないことに気づき、
慌てて携帯を取り出しAさんに電話。

「26センチ」との答え。(普通だったら大きいな~と思うけど、夢だからなにも思いません)

その後携帯が鳴り、Aさんからで「間違えた、26.5センチでお願い」とのこと。

靴売り場に到着。

Aさんの靴なのに、なぜか全部上履き。(でもおかしいとは思いません、夢だから)

そこでまたわたしはハッとします。

並んでいるのはピンクとブルーと白のラインの入ったものが3種類。

「しまった、どれを買ってきたらいいのか聞くの忘れた!」

またAさんに電話しようとしていたら、アラームが鳴り、そこで目が覚めました。


それを聞いたAさん、大笑いしながら

「えっーーー、昨日の夜、息子(この春中学入学)の上履き、ネットで注文したんですよ!」


「えっーーーー!」


もうひとりの同僚Bさんも加わり3人で大笑い。

Bさんから
「○さん(←わたし)は勘が強いと思う」って言われちゃいました。

そのあとBさんが、
「そういえば、○さん(←わたし)がこの前言ってたアムプリン昨日(水曜)テレビでやってたよ」って教えてくれました。

アムプリン(富良野で作られている)のことをブログに書いたのは、2009年だからかなり前。
Bさんは北海道出身なので、なぜかフッと思い出し、知ってるかな~?と話したんだと思います。


これも偶然ですが、わたし、月曜の夜、アムプリン食べたいな~と思いながら、
久し振りにネットで検索してHPをみていたんです。(Bさんに話したのはその少し前)

明日あたりエゾアムプリンが届けば、すごい偶然なんですけどね~(笑)
(ここのプリンは地方発送は、予約で数ヶ月待ちなんで、ちょっと無理なんですけどね)




そういえばつい最近小川洋子さんと河合隼雄さんの対談集『生きるとは自分の物語をつくること』を読んだのですが、
そこにも『偶然』について河合さんがこう語っていました。

『都合のいい偶然が起こりそうな時に、そんなこと絶対に起こらんと先に否定している人には起こらない。道に物なんか落ちていないと思っている人は、前ばっかり見て歩いているから、いい物がいっぱい落ちとっても拾えないわけでしょ。ところが、落ちてるかもわからんと思って歩いてる人は、見つけるわけですね』

『だから僕は言いたいの。そんなんは僕らの身の回りに実はいっぱいあるんだと。ただ気づかないだけじゃないかと。』

2月から通い始めた体操教室もちょっとした偶然が重なったし、
だからと言ってその偶然がなんなの?といえばそうなんだけど、
でもなんだか不思議なことが人生に彩りを添えるわけで・・・・・・。
みたいなこと、村上春樹さんが『偶然の旅人』のなかで言ってたな~なんてそんなことも思い出しました。







エゾアムプリン




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国会中継に林真理子!

2017-03-06 | 日々のこと
お昼ご飯を食べながら、なんとなく国会中継を見ていたら、


あらっ!?


林さん!!



いえいえ、太田房代議員でした。

たしかこの方、以前は眼鏡をかけていたような。
コンタクトにしたのかな?







やっぱり似てる~。
鼻とか口周りとかあと顔の輪郭とかも。


「似てるよね」って言われたらお互いどんな気持ちなんだろ・・・。


三原じゅんこ議員も前列の目立つところに座ってますね。
経験の浅い人から前とか聞きますもんね。
三原さん、やたら質問者の方をキッとみてますが、
あれってもしかしてテレビカメラを意識してるのかな~なんて思っちゃいます。

「わたしちゃんと真剣に仕事やってます!」アピールとかね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生下り坂最高!火野正平さんのことばから

2017-03-05 | 日々のこと


娘が、「火野さんっていいよね~」っていうので、
どうして?と聞いたら、
今朝(3月4日の朝日新聞)の「折々のことば」を読んでそう思ったんだそう。



役者やっていて一番嬉しいことは、
おれと一緒のシーンに出たやつがよく見えること

                  火野正平


「さすが名脇役、いいこと言うよね~」としきりに感心してるので、



わたしが、

スポットライトだね、主役を輝かせる。
よし!お母さんはハルカのスポットライトになるわ!と言ったら


「あんまり熱いと、わたし燃えて消えるかも・・・」と冷めた答えが返ってきました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お寿司と指輪は自分で買おう by西原理恵子

2017-03-05 | 日々のこと
今朝の朝日中高生新聞の1面に載った記事に注目。

3月8日は「国際女性デー」

日本の女の子たちが、性別を理由になにかをあきらめたりつらい目にあったりすることなく、
自分らしく生きていくためには、何が必要なのでしょう。
それに対して、西原さんはこう言います。

「お寿司と指輪は自分で買おう」


しっかり仕事をして自分で稼いでほしいと。
お寿司は男の人からおごってもらうものと思い込んでいる女の人がいるけど、
自腹で食べたほうがうまいでございますわよ。

20歳の頃までは、困れば誰かしら助けてくれるかもしれない。
でも、若さとか顔がきれいとか、そんなの
20年後には資産価値ゼロになる。


相手に頼っているだけでは必ずこけます。

40歳までに、いかに自分の資産価値を高められるか。
経済観念、人に対する優しさ、仕事のスキル。
女磨きって、エステやネイルサロンに通うことじゃないんです。

危機回避についても知っておいてほしい。
シェルターの存在や、生活保護の受け方、
自分はパートナーにひどいことを言われたり暴力を振るわれたりしていい人じゃないんだ、ということも。

結婚する時は、お金を隠し持っておいて。
今愛してる相手でも、変わることがある。
いざという時にはすぐ逃げて。
世知辛い話だけど大切なことです。



ざっくりですが、そんなことが書かれていました。

娘にもしっかり読ませました。

読んで一言。

「隠し財産必要だね」

っておーいそこかい。


わたし、お寿司おごってもらったことも、指輪(結婚・婚約指輪以外)買ってもらったこともないな。
そういう世界で生きてこなかったもんな~。

でも今は夫に経済面はすべて寄りかかっているわけで。
65歳まで働いてもらえるつもりでいるけど、
年齢的にもいつ大きな病気をしてもおかしくないので、今の生活はある意味綱渡り。

自分はできてないくせに、娘にはしっかり稼ぎなさいというのもあれなんだけど、
西原さんの意見はごもっとも!だと思いましたね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加