you are my sunshine

〜40歳で娘を授かったわたしのこんな毎日〜

佐野洋子対談集 人生のきほん

2012-03-10 | 
佐野洋子さん、リリー・フランキーさん、西原理恵子さんは武蔵野美大卒です。

この本は、佐野さんのお宅で、2007年に西原さんと、2009年にリリーさんとそれぞれ対談したもの。


(佐野さんは2004年に乳がんがみつかり、2006年には転移再発し医師から余命2年の宣告をうけます。
 しかし余命は延びて2010年11月に永眠)





●佐野洋子語録●

自分で自分を変えない人、変えられない人、変えようという気がない人、それは結婚に向いている。
それから文句ばっかり言う人も向いている。一生文句言ってる人は向いている。
「あーでもない、こうでもない」と一生、夫の悪口を言いながら絶対別れないというのがいちばん多い気がする。


金と命は惜しむな(←佐野父の名言)

イ・ビョンホンはね、口を少し開いているとき、唇の両端に薄い膜ができるのね。そこに色気を感じるの。


●西原理恵子語録●

私らの間では、娘への共通ワードとして「九州男児と、ひとりっ子で専業主婦に育てられた男とは絶対に結婚しちゃいけません」というのがあるんです。

(好きなタイプを聞かれて)
昔、がたいがよかったり太った人が、年を重ねてちょっと垂れ下がってきて、肩や背中が丸くなってきたころがすごく素敵だと思うんですよ。
(少数派かと思ったらハードゲイの友人に「デブフケ専」はスタンダードノーマルな好みだからあなた正常よ!って言われたらしい)

若い男の子って、何も持ってないでしょう?それなのに、なんでもできるような口きくじゃない。あれはバカがうつるから嫌いなんです。
毎日、息子のこぼしたご飯粒ひろって、テーブルマナー教えているのに、若い男にベッドマナーまで教えなきゃいけないなんてぞっとする。「熟練工呼んでこい!」って感じ。

●リリー・フランキー語録●

女の人って弱々しそうな人ほど根性が悪い。根性が悪いから弱々しそうにしてるんだなって。


                  


リリーさんは卒業して5年働かなかったそうです。
その間毎年思っていたのが
−「来年が今より悪いはずはない」「今より悪いことが見当がつかない」なんか自信ありました−

かたや西原さん
−「今日より明日は絶対に悪い日に違いない」「絶対に悪いことが起こるからお金を貯めとかなきゃ」−

あれだけ売れていても未だに日々楽観したことがないという。

ロマンチストな男と現実を生きる女の違いでしょうか。
ロマンチストなのは女だと子どもの頃は疑いませんでしたが、
夢見がちなのは絶対に男だと大人になって気づきました。

佐野さんが自分は日常生活をするために生きている。
そのためには仕事とお金が必要で、仕事のために生きているというふうに感じたことは一度もない。仕事は好きじゃないの。
って言ったら、
西原さんが「いい猫(100万回生きたねこのこと)がいらっしゃるから」って突っ込むんです。
うちもそういう猫、欲しいわっ!って。
さすが西原さんだと思いました(笑)

西原さん、対談の中で子どもの頃はものすごく貧乏だった、貧民層出身だ
という話をされますが、
貧乏なお家の子が地方から東京の私立のしかも美大になんて絶対に行けませんってわたしなんかは思っちゃいます。
同じ世代なんですが、ものすごく貧乏なお家の子は中卒か定時制を選んでいました。
まわりもそういうもんだって思ってましたね。可哀想とかなかったです。
選択肢に大学進学が入る余地は微塵もなかったと思います。
だから西原さんの語る貧乏の次元はどこか違うだろって思ってしまいますね。

リリーさんは、エッセイを読んだりテレビでの対談なんか聞いてると毎日飲んだくれて、
知的なスケベって感じがしますが、
対談の写真をみると、仕立てのよさそうな白いシャツをピシッと着て、背筋を正してお話しされている居住まいにヤラれます。
わたしこういう男性に非常に弱いんです(汗)

最後にリリーさんから佐野さんへのお手紙も収められているのですが、
そこには「存じます」って言葉がでてきたりするんです。
意外だったな〜、リリーさんが存じますを使うなんて。

こういうのもリリーさんのテクニックだな、用心しなきゃって思うのですよ、わたし。
ってなに用心するんだろ(笑)

あと、リリーさんの本名が中川雅也だと知りました。
(思わず沖雅也が浮かびました)
あ〜雅也ぽいな〜リリー・フランキーって。

佐野洋子さんを中心にした対談集なのに、佐野さんの感想が少ないな(汗)
興味ある方はアマゾンのレヴューなんかをみて参考になさってください!

佐野洋子さんのエッセイもおもしろいです。
ただわたし、あれだけ読まれているらしい絵本「100万回生きたねこ」を読んだことがなかったんです。
手に取ったことはあるんだけど・・・。

                  

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酔っ払いの敬礼 〜最後から二番... | トップ | 18歳の君たちへ 東北の海を ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (loveearthplanet)
2012-03-10 16:24:00
こんにちは。楽しく読ませて頂きました。面白そうな本ですねー。
rimiさんの感想もよく分かります。
西原さんの貧乏キャラへの突っ込みとか、フランキーさんの白シャツ衿の下りとか。
西原さんはもうキャラ立ちしちゃいましたね。
でも、つい読んじゃう面白さ。佐野さんは現実とロマンを捉えてどこか達観した所が好きでした。rimiさんは絵本でお気に入りの作家はいますか?私は「おじいちゃん」等のJバーニンガムや佐々木マキ他多数、です。よかったら、教えて下さいね。ではまたおじゃましますね。♪
この本読みました (こぼ)
2012-03-10 20:45:40
3人ともわりと好きなので、去年読んだんですが、こうして見ると中身はほぼ忘れてます。「佐野さん、死んじゃったんだな〜」って思いながら読んだことだけ覚えてます。

西原さんの本に、進学の前後のことが書かれています。私のような平凡な人間には、かなり悲惨だし、壮絶だと思えました。上京の時、お母さんに、多分自殺した継父の保険金の百万円もらったけど、あとは自分で稼いだのではなかったかしら。

「この世でいちばん大事なカネの話」や、「上京ものがたり」あたりに書いてあったかなぁ。

ちなみにうちの娘も武蔵美の現役学生です。とっても楽しそうです。
loveearthplanetさん♪ (rimi)
2012-03-11 14:35:15
西原さんとリリーさんで対談の雰囲気が違っていておもしろかったです。

感想は独断と偏見で勝手なこと書いてます。
ぜひloveearthplanetさんも読んでみてください♪

loveearthplanetさん、絵本お詳しいんですね。わたしは幼稚園で働いていたくせに、絵本そんなに知らないんですよ。

なにかあげるとするなら「ちいさいおうち」ですね。あと佐野さんの絵本は「100万回いきたねこ」じゃなく「おじさんのかさ」は読みました。最後の奥さんのセリフが効いてます!
書いてらっしゃる絵本わたしも今度図書館で読んでみます!
こぼさん♪ (rimi)
2012-03-11 14:48:49
こぼさんもお読みになったんですね!
そうそう、忘れちゃいますよね。
佐野さんのエッセイを読んだんですが、なるほど〜な言葉があったので書きとめとこうとここに書く予定だったんですが、結局書かず仕舞い。
他の本でもそういうのがたくさんあります。
読書日記つけたいな〜。

「この世でいちばん大事なカネの話」わたしも読みました。
試験の日か前日だったかにお父さん亡くなったんですよね。でお母さんが家にあるお金かき集めて。140万のうちの100万を渡したんですよね。
でも西原さんちは浮き沈みはあるけど、タクシー会社経営の時は私立のお嬢さん学校に通ったりして、友だちからはうらやましがられていたんじゃなかったかな。
わたしは田舎出身なんで、西原さんの友人たちのようなひとたちゴロゴロみてますし、そっちのほうが悲惨でした。
西原さんの家庭環境は劣悪だったかもしれないけど、金銭的には恵まれているような。
わたしの感覚ではかき集めるお金が100万以上もあるってことは貧乏じゃないかな。
ただ大学入ってから現在に至るまでの西原さんの頑張りにはひれ伏すしかないです。

娘さん、ムサビなんですね〜!
将来が楽しみですね。
従兄の子どもも今ムサビの3年生じゃなかったかな。(関係が遠すぎ・・・汗)
夏に会った時、同じく楽しいって言ってました(笑)
でも従兄のお嫁さんが、材料費とか美術館に行ったりするのでお金かかって親は大変なのよって娘に聞こえないようにコソッと嘆いてました。
そうですか (こぼ)
2012-03-11 15:40:04
西原さんのこと、ご存じだったんですね。確かにすごく貧乏、というのではないですよね。私立のお嬢様学校だったし。
大学入ってからの稼ぎ方というか生活は、のんきな私の学生生活とはあまりにもかけ離れていたのでただただびっくりでした。。。(私も東京で大学生活送ったんですけど)

そもそも美大の学費が高いです(TT)
おまけにひとり暮らしなので、本当に親は大変です〜〜。
でも楽しそうなので、まあよしとします。
こぼさん♪ (rimi)
2012-03-11 19:59:28
そうそう大学時代にたしか月収30万だったのですよね。
落ちこぼれみたいに書いてるけど、同期では間違いなく成功者のひとりですよね。

美大とか音大とか芸術系は半端なくお金かかりそうですよね。
わたしなぜか勝手にこぼさんは東京在住の方なんだと思ってました(汗)

以前中学の同窓会の時に、同級生が娘が東京の大学に行くんで仕送りを月30万しないといけない(授業料は別)って言うの聞いて、うちの生活費より高いわ・・・って驚きました(汗)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。