you are my sunshine

~40歳で娘を授かったわたしのこんな毎日~

長男教という呪縛

2017-06-10 | 夫単身生活
金曜の夜9時過ぎ、夫から電話がありました。
娘がでてしばらく喋っていましたが、わたしに替わってほしいというのででてみると。

「さっきおふくろに電話して話してたんだけどさ」

夫はわたしと結婚して以来、義母が電話をかけてきてもほとんど出ようとしません。
自分から電話することも全くと言っていいほどありませんでした。

それが単身になった途端、自分から時々電話しているみたいなのです。
多分うちにかけてくるより多いのではないかと思われます。
きっと夫は、わたしに対して変な見栄と遠慮があったんだと思います。

で、夫の電話に戻ります。

「途中でおふくろが親父に替わるっていうからさ、俺そのまま切ったんだけどさ・・・」

夫曰く、
どうにも父親にイラつくらしく、それは小学生くらいの時からだったと。

普段ならわたしも「えーなんでよ、そんな(切ったら)お父さんが可哀想じゃん」と言い、
夫はもうそこで不愉快になり、「もうお前には話さん!」といい電話を切るパターンですが、
珍しく夫が飲まずに(笑)話してきたので、よく聞いてみようと、
こっちの考えや気持ちを言わず、ひたすら聴くことに。

「お前も親父がイラつくだろ、なんか言いよったよな(言ってたよな)」

「わたしはお父さんの言葉に腹立ったことはあったけど、いつもイラつくってことはないよ。
 この前ハルカの誕生日にお金を送ってくれたんだけどちゃんとお父さんが手紙も書いてくれて優しいなと思ったよ」
っていうと、

「そういうところも俺は嫌なんだよな、相手のことを思ってやってるんじゃなくて自己満足なんだよ」
(それ違うでしょって言いたいけど我慢)

だいたい考えが古いんだ。
子どもは親の所有物としか思ってない。
長男が親の面倒をみるのは当然って、俺が小学校の時から言ってたし、今もそう思っている。
俺が小学校の時に船乗りになりたいって言ったら、よそんちで親父は(息子が跡を継がないのを)泣いたらしい(義父は職人)。

大学卒業して最初の就職を1ヶ月半で辞めて実家に戻った時、
俺は跡を継いでもいいかなと思って親に話したら、
親父が「お前は短気だから客相手はできないから無理だ」って言ったんだ。

俺が結婚しないことにはすごく心配していろいろ世話しようとしたくせに、
弟(今も独身で実家に同居)のことはなんの世話もしない。
叔父さんもそれはおかしいと言ってる。
そういうところも俺は親父に腹が立つ。

そういう義父に対する不満をずっと言うわけです。

聴いていて思いましたね。
夫の本心は、
長男なのに実家から遠く離れていて、年老いた親の面倒を全部弟に押し付けてしまっている自分に対して腹が立ってるし、
申し訳ないと思わないといけないことにも腹が立ってる。
申し訳ない気持ちが根底にあって
素直に義父と電話で話すことができないんだと思うし、冷たい態度しか取れないんだと思う。



長男教は、田舎の農家は先祖代々の土地があるから、跡を取るように小さい頃から親は長男に言い聞かせて育てます。
親だけでなくまわりの親戚、近所などあらゆる方向から刷り込まれていくんですよね。

ただ夫の実家は、農家でもないし、義父は次男で、代々継ぐべき土地や財産があるわけでもないし、
夫は転勤族のサラリーマンになったので、年に1~2回実家に帰るくらいしかできないわけです。
それでも義両親は当然夫が退職したら、実家に帰ってきてくれるものと思っていて、
以前義母が「あなたたちが帰ってきたら、(同居している)○○(義弟)はどこかアパートでも借りてもらうから」
つまり義弟は追い出すようなことを言ったんです。
それくらい長男が家を取る意識が強かったんです。

義両親は夫に対して、これは結婚してからずっと感じていたのですが、
絶対に頼みごとをしないし、夫に対して嫌なことを言いません。
というか夫が一番のように扱います。
不思議に思って義母に聞いたことがあるのですが、
こう言ってました。

「怒らせて、こっちに帰ってこなくなったら大変だから」


そんな義両親もだんだん年老いて、病院の送り迎えや買い物など、義弟が休みの時に車で連れて行ってくれるし、
義弟は手先が器用で電気の配線も水道の修理もなんでもできるひとなので、
帰省してもなーんにもしてくれない夫より断然義弟を頼りにしているようにわたしは感じます。



わたしが帰省していつも集まる友人たち5人全員が、義両親と同居の長男に嫁ぎました。
ひとりだけ次男ですが、そこは長男が最初同居していたけど折り合いが悪くなり出て行って、
そのあと友人と結婚し同居してます。

ある時親の話になって、
友人たちから、うちの姉もそうですが
「(夫の方)お父さんたちのことはわたしたちがちゃんと見るから安心して」って義両親に言わないとダメよって言われました。
でもわたし言えないんですよね~。

どう考えてもまだこっちにあと最低5年はいないといけない状況で、
飛行機で行ったり来たりする距離にいて、ちゃんと見るから安心してって言えないんですよね。
逃げているんです。

わたしの実家の親もふた親とも健在ですが、
弟夫婦が同居してくれていて、近くに姉も住んでいるので、ほぼ姉と弟のお嫁さんに丸投げ状態だし、
うちの親も弟夫婦も姉もわたしには全く期待していません。
どちらかといえば夫の両親をあんたはしっかりやりなさいよってスタンスだと思います。

弟のお嫁さんがしっかりしたひとで、うちの親は気の強いとんでもない人間ですが、
よく我慢して同居してくれているなと、有難く思います。
うちの弟も間違いなく、長男教の呪縛にハマったひとりです。

でも田舎では長男が家を継いでるところばかりではなく、
義弟みたいに次男が独身で残り、親の面倒をみてるってところも多いようです。
小さい頃は長男大事で、次男は差をつけられて育ち、
結局親の面倒をみてるのは次男なのに、いつまでも親は長男一番の意識が抜けない、
つくづく損な人生だと、同じ田舎の次男独身仲間と飲んで話すんだそうです。

朝ドラ「ひよっこ」では、三男が村を出て行かなければいけない寂しさを語った時に、
兄の太郎が「生まれた時から村を出て行くことが出来ない運命の人間のことを考えたことがあるか」と返しました。

村を出て行った夫は、
娘には俺らのことは気にせず自由にさせたい、
親の面倒みろなんて絶対に言わないと言います。
わたしなんて、親のことはあまり考えず、自由に生きてきました。
わたしはそういう呪縛はまったくなかったわけだし、元々薄情で冷たい人間なんだと思います。

三姉妹で、長女、次女が嫁に行き、三女がしかたなくお婿さんと同居って話も聞きます。
それでも家を出てしまった長女はずっと後ろめたい思いを抱えているってことも長女のかたから聞いたことがあります。
もしかしたら、同じように家を出た次女よりも後ろめたさ感は強い気がします。

跡を継ぎ親の面倒を見たものは、親の財産も全部受け継ぐわけだから、
いい面もあるような気もします。
でもわたしの友人らの話を聞くと、今は平等に分けないといけないから、全部というわけにもいかないそうです。
兄弟のほうから要らないと言わない限り。

ますます家を継ぐひとはいなくなるし、今の時代はそうなっていくのが自然なのかも。

でも夫の親と同居していた友人が以前は「絶対に息子と同居なんてしない」と言ってましたが、
息子が20歳過ぎたあたりから「もし旦那が先に亡くなったらわたし二世帯同居したい」と言い出しました。
わたし達若い世代でもそう。
ひとの気持ちは変わるものなのですね。

老いた親をほったらかしにはできないわけだけど、
今の我が家の状況だと、
義弟にただただ感謝するしかないし、義両親も元気でいてくれてこれまた有難いと思うしかなく。

自分たちの生活しか考えてない今のわたしは、
将来当然子どもに自分の老後を見てなんて言えないわけだし、
そこはしっかり考えておかねばとは思います。

とはいえ思い通りにならないのが人生なんでね~。

たまには帰らなきゃという思いはあるものの、全然帰ってません。
まわりのひとのおかげでそういう生活ができているわけで、
そこは感謝するしかないのだけど、
長男教の夫とは違い、
後ろめたさは若干抱えつつも割り切って生きてるわたしです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰りたくないなー | トップ | ボクらの時代 いしだあゆみ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶり (ちゃこ)
2017-06-12 09:58:20
お元気そうでなによりです。
もし、義弟さんが結婚されていて、その奥様が義理の親御さんと同居して色々なお世話をして下さっていても、長男夫婦が定年後、帰るとなると、出ていってもらうの?
義弟さんが独身だから、問題は複雑ではないのかもしれませんが。
なんか、長男教?って、こわいですね。

義弟さんは、どうかんがえてるんでしょうね?
はやく、帰って来て、この役目かわってくれないかなー。とか?

でも、ご主人の気持ちが聞けてよかったですね。
ひえ〜〜 (通りすがり)
2017-06-12 15:22:48
長男教もそうですが、今時それに同調する主さんの周囲の環境がこわいですね。地方の50代の夫婦ってそんなものですか?もう家族の形も変化してきていませんか?

義両親に安心してって妻から言うなんて驚愕です。
しかも同居して両親の世話をしている次男は追い出すなんておかしいと周囲も思わないのですかね。
ブログ主さんの薄情とかいう感覚の方が普通だと思いますよ。ご両親も長男さんも共依存関係ですよ。余程の家業があるなら別ですが。
ちなみに私の周りは別居が大半で諸事情でやはり施設か入院が多いです。
しっかりご自身を大事にして余り周りに振り回されない生き方をして下さいね。
ちゃこさん♪ (rimi)
2017-06-12 19:49:22
こんにちは!

義弟が結婚していたらそれはないと思うけど、
多分義弟は結婚したら同居をまずしないと思います。
話し合いになるかもしれませんが。

数年前に夫と義弟が親のことで話していて、
義弟は、わたしたちは離れているしあてにならないのはわかっているので、親のことは気にしなくていいと。
でもたとえ親が亡くなったとしても、お墓だけはちゃんとみてほしいと。(それは自分の仕事ではなく長男の務めだということだと思います)
そして自分は親がいなくなったらこの家は出ていくと。
たしかそんなことを話してました。

ただ今は両親は元気でいるのでそれでいいのでしょうが、認知症とかでてきて、身の回りのことが出来なくなったらまた事情は違ってくると思います。

先の心配をしてもしかたないので、その時考えるしかないのでしょうけどね。

わがやは… (ふたごひめ)
2017-06-12 19:52:36
長男でなく、長男の嫁が残りました。

転勤族な義理親の嫁なんで、私が娘だと思っていた人が多くいました。周りは義理弟の存在さえ知らないです。

私には出ていけ!と姑が言うけど、置いたら姑が暮らせないから、残りました。

義理家族や旦那に私が感謝された事はありません。義理弟嫁に嫌みを言われたし、旦那にはお前と結婚しなきゃ出世出来たと言われたり。
義理弟夫婦は都会に出た時のお金で今は無職ですが、私は土産の一つも貰ってないです。


家は義理弟の部屋はありますが、うちの娘には部屋はありません。いつでも泊まれるようにらしいです。


今、義理弟も旦那も田舎に帰り、私が学校に県外に通ってます。
10年間夢を見た場所の生活でしたが、楽しくないの。だから少しでも理由を付けて帰ります。旦那もそうです。

remiさんの旦那さんも寂しいのかも。

田舎の嫁の私は、町内行事の為に私の学校は留年、今までも試験に行けなかったりしたし、町内役員は無期限です。
旦那は帰って田舎で苦労して暮らしてます。

弟さんを追い出し、長男一家を入れるのは無理ですよ。
近所は皆様が半年で同居に挫折してます。

義理弟さんに気持ちがあるなら、服とか送ったらどうですか?以外に上手くやってないと思いますよ。
通りすがりさん♪ (rimi)
2017-06-12 20:07:04
考えが違いますね。
どっちが正しいとかいうのはないと思いますが、
親と同居してきて、老いたら面倒も見てということが毎日の生活に組み込まれている人と、核家族で好き勝手やっているわたしとは考え方が違います。

弟を追い出すというのは、それは誰が聞いてもおかしいと思います。
ただそれはまだわたしが結婚して間もない頃の話で、
今はそんな気持ちは義母にないとは思います。

もちろん夫も実家をもらうつもりはないと言ってます。
でも弟も俺も要らん・・・だって(汗)

漫画家の西原理恵子さんが「専業主婦のひとりっこと九州男児だけは女の間ではもらってはいけないって鉄則がある」と言ってますからね。

西原理恵子 九州で検索するとでてきます。
対談とかすごいですから。
アラブの男と結婚するくらいヤバいって。
でも男だけじゃなく女もですから。
嫁が仕事に出るの嫌いますからね~。
息子の甲斐性がないように見えるからダメなんだと。
ふたごひめさん♪ (rimi)
2017-06-12 20:29:50
ふたごひめさんのところはとても稀なケースですよね。
旦那さんが単身で、妻と子どもは夫実家に同居って、なかなかお嫁さんはできないですよね。
わたしも自信ないなー。

ふたごひめさんちのお義母さんは義弟さんをとても大事にされますよね。
うちはどうかな、もし義弟が出ていたらそうなるのかもしれません。

娘さんの部屋がなく、別に住まいがある義弟さんの部屋があるっていうのはちょっとひどいな。
ご主人はなにもおっしゃらないのでしょうかね~。

↑でも書いたけど、
追い出すような発言は結婚当初なんですよ。
わたしたちは娘が中学くらいになったらついていかずに帰ってきてほしいという思いとか、義弟もまだ結婚するだろうって気持ちもあったんだと思います。
今はもうそんなことはないと思いますし、できないですよね。

義弟には、結婚してから夏と冬に帰省した時にだいたい服などを贈ってます。
実はお金を包んだこともあったけど、
なんだか失礼かなと思って、服とか新潟にいた時はずっとお酒を用意してましたね。
まぁでもそんなのでチャラになるわけでもないんですけどね~。

コメントを投稿

夫単身生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。