you are my sunshine

~40歳で娘を授かったわたしのこんな毎日~

カルテットを観て、夫婦について考える

2017-02-22 | 日々のこと
昨日の巻夫婦の関係がじわじわと破綻してゆく様が描かれているのをみて、
いろいろ考えちゃいました。

みきお(夫)はこだわりがありますよね。
本、映画とか。
好きな本とか映画でどれだけでも語りあえる、見かけがぶっ飛んだ元カノと結婚はしない。
バイオニストで優しそうで品があって美人でどこかミステリスと1億点満点なまきの、
ある意味見かけに魅かれて結婚したわけですよね。

でも生活していると、
自分の好きな映画や本で語り合えない、カフェでふたりでまったりするということもない、
そんな妻にがっかりしていく。

でもさぁ、そんなもんでしょ夫婦は。
「感性が一緒か器が大きいか」って言ってたけど、
それだけじゃないもんね。
「愛しているけど好きじゃない」ってそんなに傷付くことかなって今なら思えるけど、
結婚生活2年だったらそうかもしれないね。

うちは夫婦ともに映画も本も音楽も大好きなんですが、趣味がまったく違うんですよね。

結婚前「タイタニック」をふたりで観に行ったんですが、夫寝てましたから。
夫が好きなのは「U・ボート」
夫はクラシックが大好きですが、わたしはそれほどでもなく語り合える知識はない。
選ぶ本も夫は哲学書、数学、オーディオと、わたしの趣味とは1ミリも重なりません。

そういえば結婚前に夫から本をわたしももらったんです。
なんだと思います。

「星座の絵本」



(これです「星の本(福音館の科学シリーズ)」↑)

文字はなくシートを目に当ててみるやつ。(よく覚えてない・・・)
さすがに鍋敷きにしないけど、本棚の奥に押し込んでるし。

結婚前夫に、わたしが感動した映画は「ショーシャンクの空に」って言ったんですけど、
観たことなかったようで。

結婚して一緒に生活を始めた時、
夫の荷物のなかに「ショーシャンクの空に」のレーザーディスクがありました。
観ようとは思ってくれたんだなってちょっと嬉しく思いました。
でも好きではなかったみたい。

考えてみたらわたしも結婚して子供が生まれるまでは、
お互い趣味もあわないし、一緒にでかけることもたまにしかないし、
「ふたりでいるのに淋しい」って気持ちになったことよくあった気がします。

あの頃は、
江國香織さんの「いくつもの週末」とジュンパ・ラヒリの「停電の夜に」を何度も何度も読んでました。

そういえばまだふたりの時、
喧嘩して2回ほど家を飛び出したことがあります。
でも実家は遠いし、飛行機代もホテル代もかかるしで、
結局街をうろついて夜遅く家に戻ったんですが、
夫は先に寝ていて、ちゃんとわたしの布団も敷いてました。

心配で寝ずに待ってるとかないのかー!って腹立たしくも思ったけど、
そんなことするようなひとではないともわかりました。

うちもこどもがいなかったら、
今頃一緒にいないかもしれないなとは今でも時々思います。

うちの夫はわたしたちの結婚式のビデオを未だに観るのが大好きなんです。
そんなひとなかなかいないと思うんですが。
わたしは1回だけ、もう二度と観たくない代物。
これをふたりで観て楽しむなんてあり得ません。
夫はひとり、休日のビールのつまみにしてるようです。

最近また観たぞと夫が言って、こう続けました。

「泣けるわーーー、お前なんでこんなになっちゃったんだ。もうちょっと女らしくできんのか」

女らしく!?
忘れたな~。

いつまでも夫にドキドキするとか妻に惚れてますとか言えるひとって夫婦で仲良しなんだろうなって思うけど、
わたしもそうなりたいかっていうとちょっと違う。
毎日ドキドキなんてしたくない。

楽なのが一番!


結婚して2年が過ぎた頃だったかな、
東京にいたわたしは、占いで有名な新宿の母から言われたんですよね。

「あなたはなんでもほしがりすぎ!
いま手のうちにあるものを大切にしなさい」と。


今また思い出しました。









ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鹿に対抗して日本大通りのビ... | トップ | みさきまぐろきっぷで鮪を食... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うちの場合 (こぼ)
2017-02-23 09:47:48
うちの夫は今年の夏に定年なんです。ということで、老後の二人の生活考えちゃいますよ。
あんまりしゃべらない人なので、二人で黙っ~~~て食事、なんて日常茶飯事です。気詰まりじゃないから、別にいいんだけどね。結婚前、二人でいったいなにを話していたんだろう?思い出せません。
当時から趣味もぜんぜん合わないのに、なぞだわ。

結婚式のビデオを一人で見る旦那さん!!驚きですが、なんだかかわいいと思っちゃいました。なんだかんだいいつつ、rimiさんのことが大好きなんですね。
先日、息子が私たちの若いころの(自分が生まれる前の)写真を見たいと言い出して、古いアルバムを引っ張り出しました。息子と私があーだこーだ言いながら見てる横で、夫はお菓子食べてました。無関心?
でも、私といっしょに行動したがるし、拒否すると寂しげ(笑)。よくわかりません、夫。

占いをする友人に結婚が決まったとき言われました。
惚れられてると思って、調子に乗りすぎると溜め込むタイプの旦那さんの怒りが爆発するから、気をつけなさい。

ときどき思い出して、やさしくしてる、つもり。

定年とはいえ、まだ少し働くとは思うけど、二人きりの老後生活、穏やかに楽しく過ごしたいものです。
こぼさん♪ (rimi)
2017-02-26 21:29:33
こぼさん、こんばんは!
ご主人様、今年定年なのですね。
うちの夫ももう目の前に迫っております。
うちもしゃべらないですね~。
娘がいないと会話がないから平和なんですよね~。
それと平和と言ってもいいのかって疑問ですが。

ご主人、こぼさんと一緒がいいんですね~。
こぼさんのこと好きなんですね。
うちはほとんど一緒に出歩くことはないです。
家を観に行ったのと、娘の入学式と小学校の運動会くらいかも。

定年後の生活を考えると・・・。
うちもまだ働くといってるし、というか働いてもらわないと困るので、わたしはもっと夫を大事にしないといけませんね。
うちは老後、穏やかに生活していけるか不安です。
わたしがバリバリ稼いで、夫が主夫・・・してくれなさそうだし、わたしも稼げなさそう。

コメントを投稿

日々のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。