瀧川鯉橋~七転び 八起きの末の ホンダラダ~

落語、ゑびすビール、旨い米・塩味噌醤油・雑草、シナモン。ブログ内の文章写真禁無断転載でお願い致します。

福井公演のお知らせ。

2016年07月25日 | Weblog
 まだちょっと先ですが、9月に福井県福井市での公演、開催を決めていただきました。
 もともと学生時代のバイト仲間が福井出身で、その縁で始まった会。ありがたい事であります。
 皆様のお越しをお待ちしております!

 昨日は、満員の国立演芸場での花形演芸会にて「こんにゃく問答」。言い立てはけっこううまくいったけど、ちょっと固かったかなー。どうも満員の会場というのは慣れてないもので(苦笑)。まだまだ修業が足りないんですなー。がんばるべえ。
 ご来場いただきましたお客様、スタッフの皆様、誠にありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上越公演御礼。

2016年07月23日 | Weblog
 先日18(月・祝)は、真打昇進の年から毎年この時期に開催しております、地元・上越市での公演で今回で五回目でした。
 主催者、関係者の皆様のお声掛けと、ゲストのナイツさんのおかげで、予想以上のお客様にお越しいただき、リージョンプラザのホールは9割以上の入り。大盛会になりました。
 同日夜には「応援する会」による打ち上げも催していただき、こちらも大いにお世話になりました。
 皆様、誠に誠にありがとうございます!!

 翌日夜には幼馴染と呑む事も出来て嬉しかった。
 地元はありがたいものであります。
 


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/18(月・祝)、新潟県上越市にて公演です。

2016年07月15日 | Weblog
 おとついは新宿レフカダでの「鯉橋・小助六二人会」、ご来場いただきましたお客様、誠にありがとうございます。
 あたしゃ久しぶりの「里帰り」と「たがや」。小助六さんは「猫忠」「船徳」でした。
 終演後、小助六さんのお客様にごちそうになってしまった。Kさん、小助六さん、ありがとうございます!

 12(火)には、出演中の広小路亭に、父の幼馴染の方が見に来てくださり、出番後、吉池にてごちそうになりました。
 手元にある父や実家関係の写真を持っていったので、いろいろ地元の事・昔の様子が聞けて楽しかったです。
 Tさん、Uさん、誠にありがとうございます!

 さて、来週の7/18(月・祝)は、そのアタシの地元・新潟県上越市にて、ゲストに漫才のナイツさんを迎えての公演です。
 チケットは、アコーレサービスカウンター、春陽堂書店、柿村書店、マルケー旅行センターエルマール店などでも販売しております。皆様のご来場をお待ちしております!

7/18(月・祝)大和ハウス新潟支店プレゼンツ・NST上越精選落語会
時 間:午後2時~4時ごろ
木戸銭:3000円(全席自由)
出 演:鯉橋(二席)、ゲスト=ナイツ、前座は鯉佐久さん。
会 場:リージョンプラザ上越(新潟県上越市)
お問合せ:025-524-7331(NST上越支社)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喜多八師匠のお別れ会に行ってきました。

2016年07月15日 | Weblog
 11(月)、如水会館での「喜多八師匠のお別れ会」にカミさんと出席してまいりました。
 なにしろすごい人数でした。小三治師匠のご挨拶が始まったころに到着したのですが、もう一杯で中まで入れないほど。800人近かったんじゃないか、と後でどなたかに聞きました。
 喜多八師匠、ありがとうございました。教わりました事、大事にしてまいります。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日、新宿レフカダ(新宿五丁目)にて、「鯉橋・小助六二人会」です。

2016年07月13日 | Weblog
 今日は小助六さんとの二人会。あたしゃ一年ぶりに「里帰り」を掛ける予定。皆様のお越しをお待ちしております!

7/13(水)れふかだ落語会-鯉橋・小助六二人会-
時 間:午後7時半~9時15分ごろ
木戸銭:2000円(前売・予約1800円)
出 演:鯉橋、小助六(二席づつ)
会 場:LEFKADA(レフカダ)新宿(新宿5-12-4。リーレ新宿ビル地下1階<東京医科大通り>)
お問合せ:03-5366-0775(レフカダ新宿)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年4月の日本橋亭。

2016年07月12日 | Weblog
こちらも再掲。
永さんも師匠もまねき猫ねえさんも、そしてお客様も、みなさん楽しそうで、いい会だったと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永さん、ご逝去。

2016年07月12日 | Weblog
 永さんがお亡くなりになりました。
 
 カミさんとの縁で、披露目や落語会にご出演いただいたり、大変お世話になりました。
 去年の春の日本橋亭での会に特別出演していただいた時は、永さん、師匠鯉昇、まねき猫ねえさんとの座談会ができ、永さんも楽しそうで、あたしも嬉しかったなー。
 
 ただただ、ありがとうございます。合掌。

写真は再掲。2012年5月の新宿末広亭にて。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒸し暑いですねー。

2016年07月01日 | Weblog
 七月になりましたが、いやー、蒸しますねー。
 今日は床屋さんに行ってさっぱりして来ようと思います。

 おとついはちょっと変わった体験が重なった日になりました。
 まず、昼に、江戸東京博物館。妹の恩師の建築学の先生と台湾からの研修旅行生約40名の方々の前で、落語の紹介。
 といっても、アタシャ台湾の言葉はわからないし、英語も大して出来ないので、まず「蕎麦を食う」「侍が刀を抜く」「鼻をかむ」など仕草の説明と実演。そして小咄を一つ。仕草・動きで笑ってもらえそうなものを、と思い、「ケチの扇子の使い方」の小咄にしました。
 前日に先生方にお願いして台湾の言葉に翻訳してもらい、それをプリントアウトして、翻訳フリーソフトで発音をなんとか勉強してやりました。結局その紙を見ながらになってしまいましたが、これが一夜漬けのわりにはウケたので嬉しかった。
 サゲの扇子を顔の前に持っていって首を振るところ、「トウチャントンチウハオ(頭のほうを動かすんです)」のセリフ、これだけは間違えないように、としっかり覚えたのが良かったかな(笑)。
 そのあと、先方のご好意で一緒に江戸博を見学させていただく。あすこの日本橋をはじめ、多くのものを設計・製作した先生の生解説付きの見学なので、とても興味深く、贅沢な経験でありました。両国橋のジオラマのところ、解説映像のナレーション、どっかで聞いた声だなあ、と思っていたら、笑三師匠だったのですねー。
 先生方、皆様、誠にありがとうございます。

 夜は、春馬師匠のお誘いで後楽園ホールで大日本プロレスを観戦。売店にグレート小鹿さんがいた。70才にはなってるはずだけど、若く見えましたねー。
 試合は、…いろいろ凄かったです。
 中盤のバラモン兄弟は滅茶苦茶ですなー(笑)。お客の気をそらせない、という点では効果抜群ではありますが。
 その後の有刺鉄線や画鋲、ガラス、蛍光灯のデスマッチも強烈でした。あんなに血だらけになっちゃって大丈夫なのかしら。客席には女性がけっこう多く、すぐ近くの女性はかなり興奮してる様子で、ちょっとコワかった(苦笑)。うーん昔あったという地下プロレスってこんな感じだったんだろうか。ま、何事も勉強。こちらも貴重な体験でありました。
 春馬師匠、ありがとうございます。
 
 さて、今月は月初から、わりと高座機会がありまして、ありがたい事であります。
 明日の「つばなれ」は傳枝兄さんと一席半づつになるかもしれません。
 皆様のお越しをお待ちしております!

◎今後の主な出演予定◎
全てのお問合せは、rik_yoh_taki@taupe.plala.or.jp(鯉橋メールアドレス)
または電話&ファクス:03-3845-1202(鯉橋)でも承ります。

7/2(土)つばなれ特選会
時 間:午後6時開演
木戸銭:2000円(前・予1500円)
出 演:傳枝、鯉橋(一席半づつ?)、前座は希光さんです。
会 場:「美舟(みふね)」(四谷荒木町)

7/3(日)武蔵野寄席。扇遊、鯉昇、あずみ、鯉橋=完売御礼=

7/4(月)~5(火)山形市での公演

7/11(月)~15(金)上野広小路亭・昼席
時 間:正午~午後4時半ごろ ※鯉橋の出番は午後1時ごろ
木戸銭:2000円(シルバー1500円)
主 任:桂文月。ほかに、ぴろき、まねき猫などが出演。
お問合せ:03-3833-1789(上野広小路亭。上野松坂屋向い)

7/13(水)れふかだ落語会-鯉橋・小助六二人会-
時 間:午後7時半~9時15分ごろ
木戸銭:2000円(前売・予約1800円)
出 演:鯉橋、小助六(二席づつ)
会 場:LEFKADA(レフカダ)新宿(新宿5-12-4。リーレ新宿ビル地下1階<東京医科大通り>)
お問合せ:03-5366-0775(レフカダ新宿)

7/18(月・祝)大和ハウス新潟支店プレゼンツ・NST上越精選落語会
時 間:午後2時~4時ごろ
木戸銭:3000円(全席自由)
出 演:鯉橋(二席)、ゲスト=ナイツ、前座は鯉佐久さん。
会 場:リージョンプラザ上越(新潟県上越市)
お問合せ:025-524-7331(NST上越支社)

7/24(日)花形演芸会(国立演芸場)=完売御礼=

7/28(木)しのぶ亭落語会「七人の侍-若手勉強会-」
時 間:午後2時~4時半ごろ
木戸銭:1500円
出 演:円福、枝太郎、鯉橋「青菜」、小助六、鳳志、貞寿
会 場:しのぶ亭(根津駅より徒歩約2分。池之端2丁目)

8/3(水)ヨセゲー=若手真打勉強会=(らくごカフェ・神保町)午後7時開演、2000円
8/4(木)ミスティー寄席=祝・立川吉幸再二ツ目昇進=(上野広小路亭)午後6時ごろ開演
8/21(日)喫茶「ひとやすみポン」さん(板橋区若木2丁目)での落語会。午後5時開演
8/27(土)福岡県福岡市・唐人町での落語会。午後2時開演
9/3(土)~4(日)福井県福井市での公演。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花形演芸会、贈賞式御礼。「つばなれ特選会」、「れふかだ落語会」のお知らせ。

2016年06月21日 | Weblog
 数日前の拙ブログでご案内しました、7/24(日)の国立の花形演芸会ですが、おかげさまでご予約一杯になりました。ありがとうございます。鯉橋出演の花形演芸会は、11月にもありますので又よろしくお願い申し上げます。
 おとついは、その花形の贈賞式でした。共演の方々のエネルギッシュさ、自分の世界にお客様を引き込む話術・雰囲気が凄い。自分の中途半端さを改めて反省。とても良い勉強・経験になりました。精進するべえ。
 ご来場いただきましたお客様、関係者・スタッフの皆様、贈賞式司会の白酒師匠、共演の皆々様、誠にありがとうございます。
 写真は昨日の国立の楽屋入り口近くにある出演者の木札。

 寄席は、昨日で新宿の十日間の出番も済み、一段落。こちらもありがとうございます。
 昨日は寄席で初めて「開眼式」を掛ける。故・南八師匠に「鹿政談」のマクラとして教わった小咄。もうちょっとテンポよくできるようになりたい。
 でもそのおかげで、楽屋で、遊三師匠、寿輔師匠、金遊師匠、遊之介師匠とアタシで、南八師匠の話題になって嬉しかった(没年を間違えてしまって誠に申し訳ございませんでした…)。

 さて、来月は久しぶりに、四谷荒木町の「美舟」での落語会、新宿5丁目のちょっと場所が分かりにくい(?)「ライブスペース・レフカダ」での落語会があります。どちらも二人会なので、二席づつ。皆様のお越しをお待ちしております。

7/2(土)つばなれ特選会
時 間:午後6時開演
木戸銭:2000円(前・予1500円)
出 演:傳枝、鯉橋(二席づつ)
会 場:「美舟(みふね)」(四谷荒木町)
お問合せ:rik_yoh_taki@taupe.plala.or.jp(鯉橋メールアドレス)
または電話&ファクス:03-3845-1202(鯉橋)まで

7/13(水)れふかだ落語会-鯉橋・小助六二人会-
時 間:午後7時半~9時15分ごろ
木戸銭:2000円(前売・予約1800円)
出 演:鯉橋、小助六(二席づつ)
会 場:LEFKADA(レフカダ)新宿(新宿5-12-4 リーレ新宿ビル地下1階<東京医科大通り>)
お問合せ:03-5366-0775(レフカダ新宿)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近所の工事現場で。その2

2016年06月18日 | Weblog
 キャタピラが少し荷台に掛かったところで、ショベルアームをゆっくりと後ろに回し、今度はショベルを地面に押し当てて、キャタピラを荷台の高さで水平にして、荷台に全体を載せていく(タクシーが来ちゃって、ちょっと分かりづらいですが)。
 この間、約5分くらいだったかな。
 それが仕事なのだから、当たり前なんでしょうけど、いやー実に見事な作業でありました。素晴らしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加