りっくんとりっくんママの子育てあれこれ

りっくんとりっくんママの子育てあれこれ

今年の夏休み

2016-10-14 20:05:28 | たび
中学2年生のりっくんはますます忙しくなっております。

しかし、

部活が去年はお盆の時期に休みだったので、そのころを狙って出かける

予定をたてておりました。

そして、夏休みの予定が発表になってすぐにりっくんと計画の最終確認し、

お宿をとりました。

そして実現したのが、「彦根城&姫路城弾丸ツアー」

何度も行けないので一度に行ってしまおうと・・・。



真夏に関西・・・。

とにかく頑張ってきました

1日目

朝早く起きて新幹線に乗り、米原乗り換え、荷物をロッカーに預け

彦根へ。


    彦根城          

ゆるキャラってあまり関心がなかったのですが、ひこにゃんの踊りに癒されちゃいました。

ひこにゃんの踊りを最後まで見てしまったため、お城に入るのに30分くらいかかってしまい行列。

自分のペースで見ることができなかった。

この時期は仕方ないかなぁ~

お城見学後、夏休みの課題のために彦根城博物館へ。


         兜


     抹茶とお菓子で一服



その後、せっかくだからと近江牛を食べに行きました。

ほかにも色々ありましたが、こちらをいただきました。

 
       近江牛ステーキランチ

中学生には贅沢!


そして荷物を取って米原から姫路へ。途中、京都で乗り換えました。

夕方に到着。

温泉施設がついたホテルなので、夕食後のお楽しみにしてライトアップの姫路城へ。

その前に夕食は、姫路駅の下にあったフードコートで・・・

 
        姫路おでん


や、姫路卵焼き他を食べて姫路城へ徒歩で向かいました。


 
        幻想的な姫路城


姫路城の手前にあった広場には、ポxxンGOをやっている人がたくさんいました。

走っている人もいるけれどあの広場は閉門しないのかな?と・・・。

今回の旅行は予習をあまりしなかったので、わからないことだらけ(笑)

の割には新幹線の乗り換えもスムーズにできたかなぁ~。

(犬山の時みたいに間違って反対方向へ行かなかったし)


しばらく散策し、駅まで戻ったらホテルへの最終便のバスが出る寸前。

間一髪セーフ・・・。

到着後、温泉へ入り、就寝。


2日目

まずはりっくん大好き朝食ビュッフェ。

思ったより品数があり、満足満足。

りっくんは朝からおでんに納豆に・・・・普段家では喜んで食べないような

メニューもビュッフェでは食べるのが不思議です。

そしてまた温泉へ。


予定していた時間をかなりオーバーし、チェックアウトをして荷物を駅に預け

やっと姫路城へ。


 
          真っ白です

のんびり出発したので予想通り、途中で行列がストップ。

真夏の炎天下はキツイ。

それでも前のほうでのストップだったので彦根同様30分ほどで入城。

そして中も彦根同様ずーっと行列でした。

見学後、外へ出て母体調悪くなり休憩。

その間にりっくんは自分へのお土産を物色し、割引になっていた

瓦のレプリカを購入。んーーーーそれ、どうするんだ!?


母も復活し、姫路とはお別れして京都へ。


そう、今回はついでに京都へも寄ることにしました。

バスで三十三間堂へ。

降りたときに何やら嫌な音が。遠くで雷。んーーー犬山を思い出させる。


見学後、またバスに乗り清水寺へ。

バスを降りたときにぽつぽつときて、いっきに豪雨。

屋根の下で雨宿りをするはめに。

豪雨のため、水が川のように流れてきて靴はびしょぬれ。

30分くらい経った頃雨も止み、清水寺へ。

チケットを買ったところでもう一雨。

その後


 

もっとゆっくりするはずだったのに、急いで見学し、予定の新幹線の時間がせまって

いたのでバスで京都駅へ。


お土産と駅弁を購入し、新幹線に乗りました。


 
       りっくんこれ系弁当大好き

 
          母はうなぎ弁


りっくん父が最寄り駅まで迎えにきてくれて家に到着。


とーーーーっても疲れたけれど、中2男子と母の二人旅は記憶に残る

楽しい時間になりました。

次回ってあるのかな?

そうそうりっくん、高校生になったら、今度は一人でゆっくり行く予定だそうです。

今回はちょっと欲張りすぎちゃったもんね(笑)
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1年って早い | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL